2018_fespos.jpg

2016年04月05日

一万円が乱れ飛ぶ魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチ 120キロ、イシダイ 50キロ
「石橋」定置:イシダイ、ワラサ ほか
「 岩 」定置:イナダ 90キロ、ボラ 90キロ
       スルメイカ 80キロ、ワラサ 60キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 660キロ、メジナ 50キロ
「江の安」定:イシダイ、イナダ ほか
「二宮」定置:カタクチイワシ 220キロ ほか
「福浦」定置:サバ 940キロ、カタクチイワシ 370キロ
「大磯」定置:アカカマス 380キロ、カタクチ 850キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:アジ 50キロ、ブリ・ワラサ 180キロ
       サバ 90キロ
「真鶴定置」:サワラ 1トン、イナダ 1.2トン
「網代定置」:ブリ・ワラサ 550キロ、スルメ 1.1トン
「熱海丸網」:アカカマス 620キロ
「福浦沖曳」:生シラス 60キロ

 東方面からは、
「二宮沖曳」:生シラス 40キロ

時季になると一本一万円もの値が付く「ブリ」も、春先ともなれば「ワラサ」になり二本買ってお釣りが来るまでに価値が下がる。
しかし、その価値とは冬の「ブリ」に対しての価値のことであって、魚としての価値を見れば尚高いものである。値が半分になったのなら、その倍獲れば良いだけの話なのだから。
至極単純である。

今日のヒラメ ・・・ 158枚
posted by にゃー at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする