2016年05月12日

魚市場のシェイクスピア

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 2.6トン、ワラサ 180キロ
       サバ 310キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:アジ 680キロ、ワラサ 1トン
       マルソウダ 560キロ、サバ 100キロ
「原辰」定置:サバ 290キロ、カタクチイワシ 280キロ
       ワラサ 60キロ
「江の安」定:アジ 290キロ、マルソウダ 90キロ
「二宮」定置:サバ 100キロ ほか
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:サバ 900キロ、サバ 170キロ
       カタクチイワシ 70キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:サバ 440キロ ほか
「川奈杉本」:アカカマス 160キロ ほか
「真鶴定置」:アジ 260キロ、ワラサ 560キロ
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 200キロ

大島釣船 ・・・ 釣キハダ 800キロ

「小田原アジ」は安定の大型化で、今年はとにかくデカイ。肉厚、存在感が違う。
「ワラサ」や「キハダ」等の重鎮も大挙し、「サバ」「カマス」のレギュラーと共に芝居を盛り上げる。
そこへ花を添える伊豆からの「キンメダイ」。色彩が加わると、一層市場が華やかになる。
明日は「カツオ」がやって来て、「アジ」の主役を奪うだろうか?いずれにしても、激しい演出によって市場と言う名の劇場は四角いリングと化すであろう。

今日のヒラメ ・・・ 73枚
posted by にゃー at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする