魚体中骨抜き器販売中

2016年06月14日

魚市場は魚好きホイホイ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 280キロ、アジ 160キロ
       シイラ 300キロ
「石橋」定置:アジ 1.5トン、小サバ 500キロ
「 岩 」定置:シイラ 1.2トン、アジ 130キロ
「原辰」定置:アジ 110キロ、シイラ 70キロ
       マイワシ 300キロ
「江の安」定:アジ、スルメイカ ほか
「二宮」定置:アジ 620キロ、サバ 210キロ
       マルアジ 150キロ、アカカマス 70キロ
「福浦」定置:シイラ 800キロ、サバ 150キロ
       ヒラマサ 80キロ、カタクチ 130キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:マルアジ 110キロ、サバ 60キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:アジ 1.3トン、ニベ 140キロ

毎日、毎日、大量の魚たちがお出迎え。毎度、多くの魚好きに支持されてここまで参りました。
今の季節、「青物天国」と化した小田原の海は、まさに刺身好きに絶大の信頼と人気を獲得し、今さら不信任も有り得ません。
「青物」が嫌だからと言って、「カマス」やら「イサキ」が増える9月まで猶予を下さいと言ったところで、まるで無意味。
もしこれで不信任などと言うことにでもなれば、お魚天国・小田原の看板は下ろさざるをえないでしょう。
君は今晩、何の刺身を食べる?
posted by にゃー at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

呼べば出て来る魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 910キロ、シイラ 680キロ
       サバ 470キロ、カタクチイワシ 240キロ
       マルアジ 290キロ、小サバ 4トン
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:マルアジ 400キロ、シイラ 1.1トン
       アジ 330キロ、ワラサ 100キロ
       イナダ 100キロ
「原辰」定置:アジ 110キロ、シイラ 200キロ
       マルアジ 140キロ
「江の安」定:シイラ 180キロ、カタクチイワシ 210キロ
       アジ 60キロ、マイワシ 60キロ
「二宮」定置:アジ 710キロ、サバ 560キロ
「福浦」定置:ワラサ 2.7トン ほか
「大磯」定置:アジ 1.3トン、サバ 1.6トン
       マルアジ 250キロ、小サバ 450キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:ワラサ 100キロ ほか
「川奈杉本」:シイラ 100キロ、メジナ 70キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ 110キロ ほか
「川奈釣船」:釣キンメダイ 130キロ
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 60キロ
「真鶴定置」:アジ 180キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 360キロ
「江ノ島網」:アジ 1トン、サバ 60キロ
       カタボシイワシ 230キロ

和歌山 ・・・ 釣カツオ 90キロ、釣キハダ 1トン

こんな事滅多にないんだからねっ。とばかりに「アジ」大漁のお知らせ。
今年は出遅れたのか、ズレているのか、突発なのか、その日の気分なのか。
とにかく出てきて、獲れてくれればラッキーだが、何かと理由付けしたくなるのは人間として悪い癖だ。
理由などない、そこに海があり、潮が流れ、魚が泳いでいれば、獲れるモノは獲れるし、獲れないモノは獲れない。それだけのことだ。
posted by にゃー at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

アジ待ちっく魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルソウダ 530キロ、サバ 270キロ
       アジ 130キロ、カタクチイワシ 40キロ
「石橋」定置:アジ 800キロ、マルアジ 200キロ
       カタクチイワシ 170キロ
「 岩 」定置:ワラサ 170キロ、マルアジ 130キロ
       カタクチイワシ 100キロ、小サバ 700キロ
「原辰」定置:シイラ 100キロ、カタクチイワシ 150キロ
「江の安」定:カタクチイワシ 90キロ、シイラ 70キロ
「二宮」定置:アジ 200キロ、サバ 1.4トン
       ウルメイワシ 60キロ、小サバ 170キロ
「福浦」定置:シイラ 1.2トン、カタクチイワシ 70キロ
       サバ 140キロ、ワラサ 120キロ
「大磯」定置:アジ 260キロ、サバ 450キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:ワラサ 1.5トン ほか
「西伊豆釣」:釣イサキ 100キロ ほか
「川奈杉本」:マルアジ 70キロ ほか
「川奈釣船」:釣キンメダイ 50キロ
「下田釣船」:ハチビキ 50キロ、タカベ 80キロ
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 60キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 140キロ
「湘南地曵」:アジ 180キロ
「江ノ島網」:アジ 120キロ、サバ 60キロ

「アジ」が日々増えるこの頃。300/400gの大型から100/200gの中型までなら選り取り見取り。
相場は量の増加に反比例中。サイズも徐々に小型化してきて、いよいよ使い頃到来か。
この6月は「アジ強化月間」と位置付けましょう。
posted by にゃー at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

魚市場の片隅に何を置くか

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:マルソウダ 3.4トン、サバ 260キロ
       アジ 530キロ、カタクチイワシ 300キロ
「 岩 」定置:シイラ 130キロ、マルソウダ 170キロ
       カタクチイワシ 200キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 270キロ、シイラ 100キロ
「江の安」定:アジ 40キロ、カタクチイワシ 30キロ
「二宮」定置:サバ 1.6トン、マルアジ 140キロ
       アジ 160キロ、カタクチイワシ 60キロ
「福浦」定置:シイラ 900キロ、サバ 470キロ
       カタクチイワシ 130キロ
「大磯」定置:アジ 70キロ、サバ 200キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:サバ 50キロ、ワラサ 50キロ
       小ムツ 60キロ、小サバ 400キロ
「網代定置」:ワラサ 180キロ、アカカマス 140キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 40キロ
「下田釣船」:釣キンメダイ 120キロ ほか

 東方面からは、
「江ノ島網」:アジ 120キロ、サバ 50キロ

和歌山 ・・・ 釣カツオ 100キロ、釣キハダ 300キロ
大島釣船 ・・・ 釣キンメダイ 360キロ

とか言ってる間に待ってましたの「小田原アジ」が来たっ。
姿を消しつつある「カツオ」と極上「キハダ」も来たっ。
待ち焦がれるビカビカ「地キンメダイ」来てるっ。
そして太り始めるこれからが旬、地の「ゴマサバ」祭り来るよっ。
posted by にゃー at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

今朝の魚市場はニホニウム

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルソウダ 18.9トン、アジ 150キロ
       サバ 500キロ、シイラ 100キロ
       スルメイカ 70キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:クロマグロ 100キロ(2本)、サバ 90キロ
       カタクチイワシ 120キロ、シイラ 260キロ
       ボラ 90キロ、メジナ 80キロ
「原辰」定置:サバ 170キロ、マルソウダ 70キロ
       マイワシ 40キロ
「江の安」定:シイラ 30キロ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:ワラサ 700キロ ほか
「大磯」定置:サバ 980キロ、アジ 200キロ
       マルソウダ 100キロ、マルアジ 120キロ
       マイワシ 50キロ

 伊豆方面からは、
「網代定置」:ワラサ 180キロ
「山下丸網」:イサキ 60キロ、ワラサ 40キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ 150キロ ほか
「川奈杉本」:メジナ 90キロ、マルソウダ 50キロ
       マルアジ 40キロ、アカカマス 40キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 70キロ
「宇佐美船」:生シラス 40キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:アジ 360キロ、サバ 70キロ

「岩」定置で「クロマグロ」が2本ニウム。かと思ったら、網にはもう一本いたとかで、網閉め終了後、再びの水揚げ。
見事、残りの一本も獲れました。結果、「岩」定置では「クロマグロ」3本で140キロと言うことになりました。
そして、明日は再びの釣り「キハダ」が入船、水揚げありで盛り上がり確定。
posted by にゃー at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

魚市場は毎日金目曜日

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:マルソウダ 18.4トン、アジ 250キロ
       マルアジ 70キロ、サバ 300キロ
       カタクチイワシ 70キロ
「 岩 」定置:マルソウダ 5トン、シイラ 290キロ
       サバ 70キロ、小サバ 300キロ
「原辰」定置:カタクチ 50キロ、マイワシ 60キロ
       マルソウダ 50キロ
「江の安」定:マルソウダ 200キロ、アジ 40キロ
       シイラ 65キロ、カタクチイワシ 180キロ
「二宮」定置:サバ 1.2トン、マルアジ 110キロ
       アジ 90キロ
「福浦」定置:ワラサ 3.1トン、ヒラマサ 40キロ
「大磯」定置:マルソウダ 250キロ、マルアジ 60キロ
       カタクチイワシ 160キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:マルソウダ 1.7トン、小サバ 800キロ
「沼津底曳」:マダイ、コショウダイ ほか
「川奈釣船」:釣キンメ 470キロ、釣アコウダイ 40キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ、トコブシ ほか
「宇佐美船」:生シラス 160キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:アジ 1.7トン、サバ 190キロ
       アカカマス 50キロ

「丸走」が暴れております。地魚まつりは終わったはずなのに。今朝も一杯獲れました。
「ワラサ」やら「サバ」やら、そして大型「マアジ」も獲れ続けております。「シイラ」や「トビウオ」もその存在感を増しつつあり、梅雨を飛び越して、すでに夏。
そして魚が多く、埋もれているが伊豆は川奈から極上釣りの「地キンメダイ」がわんさか祭りやっております。これは注目。
posted by にゃー at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする