2016年06月03日

山ではぐれたら魚市場へ来い

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルソウダ 720キロ、ワラサ 1トン
       カタクチイワシ 170キロ、アジ 70キロ
       ウルメイワシ 140キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:イナダ 1.3トン、マルソウダ 6.7トン
       カタクチイワシ 900キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 600キロ、ソウダ 110キロ
「江の安」定:カタクチイワシ 130キロ、ソウダ 60キロ
       マイワシ 80キロ、ウルメイワシ 40キロ
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:イサキ 930キロ、サバ 140キロ
       シイラ 50キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:ワラサ 580キロ、マイワシ 400キロ
「網代定置」:アカカマス 240キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 100キロ
「宇佐美船」:生シラス 200キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:アジ 2トン、ニベ 60キロ

CWニコル氏は「森ハ、アタタカイ。」と言うが、発泡スチロールは間違い無く暖かいよ。
魚市場に来れば、ごまんとあるからお使いなさい。新聞紙があれば最強、疑いなし。
猫も居るから、暖め合うと相乗効果で尚よろし。
posted by にゃー at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする