2016年06月17日

いつも魚市場は四季市間

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 280キロ、サバ 440キロ
       カタクチイワシ 110キロ
「石橋」定置:アジ 1.4トン、サバ 100キロ
「 岩 」定置:イナダ 3.8トン ほか
「原辰」定置:カタクチイワシ 230キロ、シイラ 60キロ
       マイワシ 70キロ
「江の安」定:カタクチ 120キロ、マイワシ 50キロ
「二宮」定置:アジ 550キロ、サバ 270キロ
       ワカシ 880キロ
「福浦」定置:ワラサ 250キロ ほか
「大磯」定置:アジ 180キロ、ワカシ 560キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:キハダ 570キロ(120本)

「山下丸網」:ワラサ 800キロ ほか
「網代定置」:アカカマス 100キロ
「下田釣船」:タカベ 80キロ、ハチビキ 70キロ

ここは冬は「イシダイ」、春は「タカノハダイ」、夏は「カゴカキダイ」、秋は「イサキ」と年中、縞々の魚が獲れるところ。という意味ではなく、四季を通してバラエティに富んだ地魚に恵まれる市場という事。
posted by にゃー at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする