魚体中骨抜き器販売中

2016年06月30日

魚市場は鮮魚界の欧州連合

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウルメイワシ 110キロ、サバ 110キロ
       アジ 80キロ、ヤマトカマス 100キロ
       ワカシ 100キロ、カタクチイワシ 70キロ
「石橋」定置:ワカシ 130キロ、アジ 40キロ
「 岩 」定置:シイラ 320キロ、スルメイカ 70キロ
       ヤマトカマス 60キロ
「原辰」定置:シイラ 80キロ、マイワシ 300キロ
「江の安」定:スルメイカ、ワカシ ほか
「二宮」定置:サバ 290キロ、ワカシ 190キロ
       アジ 90キロ
「福浦」定置:ワラサ 1.2トン、シイラ 450キロ
       サワラ 60キロ、サバ 80キロ
「大磯」定置:アジ 330キロ、ワカシ 150キロ
       サバ 60キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:ワラサ 980キロ、イサキ 60キロ
       サバ 70キロ
「川奈杉本」:メジナ 60キロ ほか
「網代定置」:ムツッ子 60キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 50キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 630キロ
「江ノ島網」:タチウオ 40キロ

和歌山 ・・・ 釣カツオ 350キロ、釣キハダ 460キロ

EU=E(いい)U(うおいちば)って事。
やって来ました、今年も蝉の初啼きを観測。そして今年も、ちまた(県内もしくは東静岡方面)の丸亀製麺では、魚市場と共同冷蔵のコラボ企画?相模湾産(主に小田原)「ヤマトカマス」の天ぷらのトッピング(今年は天ぷらのみ?)の季節がやって参りました。相変わらずのサクサク、フワフワ、冷めても美味しいテクニックで、しかも去年より10円安い。
そしてなんたって、明日(一日)は「釜揚げうどんの日」で、半額になるって言うからアツイじゃないの。皆様、お誘い合わせの上、飢えた体をお労り下さい。
posted by にゃー at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする