2016年07月30日

「う」の付く魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 570キロ、サバ 260キロ
       ウルメイワシ 30キロ、スルメ 35キロ
「石橋」定置:サバ、小イサキ ほか
「 岩 」定置:小サバ 320キロ、マイワシ 70キロ
       ヤマトカマス 60キロ、シイラ 50キロ
「原辰」定置:小サバ 60キロ ほか
「江の安」定:カタクチイワシ 50キロ ほか
「二宮」定置:サバ 250キロ、マイワシ 1.1トン
       ウルメイワシ 120キロ、小サバ 200キロ
       アジ 45キロ
「福浦」定置:ウルメイワシ 120キロ、マイワシ 100キロ
       シイラ 50キロ、サバ 60キロ
「大磯」定置:ワカシ 160キロ、小イサキ 170キロ
       アジ 70キロ、サバ 60キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:サバ 480キロ、マルソウダ 70キロ
       ウルメイワシ 280キロ、イサキ 70キロ
       メアジ 30キロ
「下田釣船」:ハチビキ 60キロ、タカベ 40キロ
「西伊豆釣」:釣アカムツ、釣イサキ ほか
「川奈釣船」:釣キンメダイ 100キロ
「川奈杉本」:ヤマトカマス 70キロ ほか
「福浦沖曳」:生シラス 20キロ

 東方面からは、
「茅ヶ崎刺」:サザエ 40キロ
「江ノ島網」:マルアジ 40キロ ほか

土用の丑の日は「うなぎ」じゃなく、そうだ「う」の付くものを食べよう。
ということで「ウルメイワシ」に「ウズワ(マルソウダ)」、そして「うまいサバ」、「嬉しいアカムツ」、「雨後の筍のようなヤマトカマス」、「うんめえキンメダイ」に「生まれたての生シラス」、「奪い合いの地アジ」、「ウルトラレアのハチビキ&タカベ」。おまけで「内弁慶なクロシビカマス(スミヤキ)」と「うどの大木、アブラボウズ(オシツケ)」の小田原名物。最後に「ウガンダの名言、カレーライスは飲み物」。
んも〜、もうお腹いっぱい。
posted by にゃー at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

熱中症対策は魚市場で

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 320キロ、小サバ 4.2トン
       マイワシ 460キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:小サバ 2.4トン、マイワシ 300キロ
       サバ 70キロ、ヤマトカマス 70キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 140キロ、マイワシ 250キロ
「江の安」定:サバ 60キロ ほか
「二宮」定置:アジ 130キロ、サバ 130キロ
       マイワシ 780キロ、ウルメ 70キロ
「福浦」定置:ワカシ 100キロ、ワラサ 60キロ
       サバ 80キロ
「大磯」定置:ワカシ 560キロ、アジ 250キロ
       サバ 150キロ、マイワシ 170キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:アジ 90キロ、マルソウダ 50キロ
       イサキ 50キロ
「福浦沖曳」:生シラス 30キロ
「網代釣船」:釣メダイ 50キロ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 300キロ、サバ 60キロ
「江ノ島網」:アジ 80キロ、マルアジ 50キロ
「江ノ島釣」:釣カツオ 190キロ

無料更新は今日まで。都知事選はあと1日。イチローはあと2本。築地移転はあと3ヶ月。
この力一杯暑い日がいつまで続くのかと考えると、思わず気が遠のく。しばし海水飲んで塩分補給。ヴェレダの歯磨きかくやあらん。
では、魚の夏枯れが終わるのはいつ?
posted by にゃー at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

若者の魚市場離れ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 620キロ、ヤマトカマス 200キロ
       小サバ 1.4トン
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ヤマトカマス 330キロ、マイワシ 200キロ
       サバ 170キロ、小サバ 250キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 170キロ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:マイワシ 1.6トン、サバ 320キロ
       アジ 300キロ、小サバ 200キロ
「福浦」定置:ウルメイワシ 150キロ、サバ 250キロ
       シイラ 40キロ
「大磯」定置:アジ 270キロ、マイワシ 70キロ
       ワカシ 120キロ、サバ 200キロ

 伊豆方面からは、
「福浦沖曳」:生シラス 50キロ
「山下丸網」:サバ 280キロ、アジ 150キロ
       イサキ 110キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 60キロ
「川奈杉本」:ヤマトカマス 60キロ ほか
「西伊豆釣」:釣アカムツ、釣アカハタ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 190キロ
「江ノ島網」:サワラ、アジ ほか

それよりも心配は、この夏の地魚の魚市場離れって・・。
そして、梅雨明けが魚の増えるきっかけにならぬ事を経験的に知っている我々は、今やせっせとどぶさらい。
posted by にゃー at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

魚市場、夏の水軍祭り

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 130キロ、サバ 70キロ
       マイワシ 270キロ、小サバ 280キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ヤマトカマス 100キロ、ウルメ 70キロ
       小サバ 280キロ
「原辰」定置:マイワシ 70キロ ほか
「江の安」定:ウルメイワシ 70キロ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:ウルメイワシ 480キロ、サバ 110キロ
「大磯」定置:アジ 320キロ、アカカマス 80キロ
       サバ 100キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:アジ 100キロ、サバ 150キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 100キロ
「伊東釣船」:釣スルメイカ 110キロ

 東方面からは、
「片瀬沖曳」:生シラス 120キロ
「平塚定置」:アジ 210キロ ほか

今年は少ない。何しろ獲れない。魚が獲れなきゃ、量が獲れない。値段の取れる魚が獲れない。ないない尽くしの、後ろ向き。このままじゃ秋の年貢が納められない。今さら開墾、治水したところで、間に合わない。せっせと兵糧売って、兵力増やして、城下町でも開発するか。あ、野望の話ね。
posted by にゃー at 12:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

大涌谷復活で魚市場も湧くダニ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウルメイワシ 490キロ、小サバ 350キロ
       サバ 80キロ、スルメイカ 40キロ
       マイワシ 40キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ヤマトカマス 370キロ、小サバ 680キロ
       サバ 90キロ、アジ 40キロ
       ウルメイワシ 40キロ、スルメ 40キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス  140キロ、ウルメ 40キロ
「江の安」定:ヤマトカマス、ウルメイワシ ほか
「二宮」定置:アジ 180キロ、サバ 280キロ
       ウルメイワシ 60キロ、マイワシ 50キロ
「福浦」定置:ウルメイワシ 240キロ、サバ 170キロ
       ワカシ 100キロ、シイラ 70キロ
「大磯」定置:アカカマス 560キロ、アジ 160キロ
       サバ 400キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:イサキ 130キロ、ワラサ 80キロ
       ムツッ子 40キロ
「川奈杉本」:ヤマトカマス、マルソウダ ほか
「川奈釣船」:釣キンメダイ 160キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 460キロ ほか

何が湧く?魚が湧く。あくまで予定。
その筆頭と言われる魚が「ミズカマス(ヤマトカマス)」というオチ。
先日、呉市によって国の交付金を使って鹿児島沖に沈んだ「戦艦大和」のデジタル撮影が敢行され、この度その映像が観光目的に公開されたそうだ。
そこで明らかになったのは、菊の紋章が15年前のアナログ撮影時よりも劣化損傷が激しく、深海の底で過ごした恐ろしい程の沈黙と閉塞の70年という時間の経過があまりにも惨めで、暗いものであるという感傷であった。
しかし、脳裏に蘇らせられた記憶はそれだけではない。沈みゆく「大和」と運命を共にする兵士の山また山。
嫌と言うほどに水揚げされる「ヤマトカマス」の山また山。夏から秋にかけて、獲れ続ける贈り物。今ではすっかり小田原名物「カマス棒」。
戦争という負の遺産から、新たな水産業の財産へ。これぞ小田原流サルベージ。
posted by にゃー at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

東奔西走、魚市場は動かない

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 1.4トン、サバ 60キロ
       ウルメイワシ 310キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:マイワシ 3.8トン、シイラ 70キロ
       ヤマトカマス 70キロ、サバ 60キロ
「原辰」定置:マイワシ 340キロ、ウルメイワシ 300キロ
       ヤマトカマス 50キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 240キロ、ウルメイワシ 120キロ
       マイワシ 110キロ
「福浦」定置:ウルメイワシ 160キロ、サバ 140キロ
       シイラ 100キロ、サワラ 40キロ
「大磯」定置:アジ 130キロ、アカカマス 240キロ
       サバ 1.1トン、ワカシ 60キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:ワラサ 50キロ、サバ 80キロ
       ムツッ子 50キロ
「川奈杉本」:シイラ、ヤマトカマス ほか
「下田釣船」:活アカハタ、活マゴチ ほか
「西伊豆釣」:釣イサキ、釣アカハタ、バイガイ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 300キロ

和歌山 ・・・ 釣キンメダイ 340キロ、釣キハダ 380キロ

「小田原」方面、全体的な「イワシ」の襲来。小さい「マイワシ」と「ウルメイワシ」がゴッチャで、ガッチャで、ムッチャ困る。
対して東方面で好漁続き。「二宮」定置に「アジ」あれば、「大磯」定置に「カマス」あり。そして「平塚」から来た「マアジ」300キロ、これが今朝の目玉という有様。
「平塚」の漁場は「川長三晃丸」と「日海丸」という2箇統の定置網があり、それをこちらでは「平塚定置」とまとめさせていただいております。今朝はそれぞれで「アジ」の漁獲があり、上場されました。お陰で量もまとまり、ありがたや。
両者は同じ平塚の海で漁を行うライバルでもあり、盟友。いつかは決着を付けなければならない日が来るのでしょうか?
準決勝でぶつかるかも知れない「平塚学園高校」と「平塚江南高校」の様に。どっちもがんばれ。
posted by にゃー at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

魚市場は常に10手先まで読む

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 350キロ、ヤマトカマス 120キロ
       小サバ 800キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ヤマトカマス 130キロ、小サバ 110キロ
       ウルメ 60キロ、マイワシ 60キロ
「原辰」定置:ウルメイワシ 50キロ、小サバ 150キロ
       ヤマトカマス 70キロ、マイワシ 40キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 240キロ、サバ 200キロ
       マイワシ 90キロ、小サバ 170キロ
「福浦」定置:ブリ・ワラサ 240キロ ほか
「大磯」定置:サバ 980キロ、アジ 85キロ
       ワカシ 450キロ、アカカマス 220キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:マルソウダ 50キロ、小ムツ 60キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ 95キロ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ、サワラ ほか

大島釣船 ・・・ 釣キンメダイ 450キロ

地元の定置網が8箇統、伊豆方面、東方面から最低各1箇統、それぞれ水揚げ、入荷があると想定して毎朝商売を考える。10手先というより10箇統と言うべきか。
昨日の水揚げや昨年の水揚げを元に予想を行い量と相場を仮定する、そこに好漁不漁のトレンドとハプニングというスパイスを効かせ、最後に「勘」という奇跡を掛け合わせる。しかしそれだけではない、更にそれらに地元や各地の釣り漁師やら刺網の水揚げが加わり、時に「生シラス」や地曵網などの想定外も重なる。
当然、それらをすべて読むのは不可能だが、ある程度の心の準備は可能である。そこに余裕が生まれ、そこに自信が生まれる。「自負と確信、略して自信」とは都知事候補武井直子氏の言葉であるが、それが無くては務まらない。なぜなら扱う魚はすべてお金だからである。
お金とは、生活であり、生活とは命である。忘れるな、魚にとっての命は海水であることを。
posted by にゃー at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

メッケモンGOは魚市場で

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 5.6トン、ウルメイワシ 160キロ
       サバ 280キロ、アジ 40キロ
       マイワシ 110キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:マイワシ 610キロ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:サバ 310キロ、シイラ 60キロ
       ワカシ 70キロ
「大磯」定置:アカカマス 750キロ、アジ 75キロ
       サバ 380キロ、マイワシ 60キロ

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:シイラ、メジナ ほか
「川奈釣船」:釣キンメダイ 30キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 60キロ、サバ 50キロ

小田原 ・・・ サザエ 170キロ

イギリスはEU離脱を選び、日本は改憲へと舵を切り、フランスは徹底的テロ撲滅を決断。
アメリカはトランプ氏の影の巨大化に戸惑いながらも現実化を帯びつつあり、トルコは非常事態宣言をした。
ロシアは平和の祭典から排除され、中国は今さら言うまでもなく独善的政治体制を貫く。暗号放送は再開され、そしてロード・オブ・ウォーがほくそ笑む。
今、魚市場は何をすべきか、魚を売ること。だけである。
posted by にゃー at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

魚市場は定置網ダービー

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:マイワシ 560キロ、小サバ 2.1トン
       キメジ 40キロ、カツオ 30キロ
「 岩 」定置:マイワシ 250キロ、サバ 70キロ
「原辰」定置:マイワシ 1.4トン ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 50キロ、サバ 60キロ
「福浦」定置:サワラ 250キロ、シイラ 190キロ
       サバ 620キロ
「大磯」定置:アジ 140キロ、アカカマス 380キロ
       サバ 400キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:イサキ 120キロ、マルソウダ 160キロ
       サバ 130キロ、ワラサ 70キロ
       ジンダ 50キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:タチウオ 40キロ

明日は「石橋」「岩」「江の安」と休漁予定が相次いでおり、少頭数の中、1番人気は今朝お休みの「米神」定置でオッズは2倍。続く2番人気は「アジ」「カマス」で好漁が続く「大磯」4倍。あと「サワラ」と「ワラサ」、「シイラ」が得意の3択の女王こと「福浦」が6倍と続きます。果たして大穴は「川奈杉本」が18倍となっております。最終レースはオッズがさらに倍となりますが、明日は通常オッズで参りますので、あしからず。
posted by にゃー at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

ウマイ魚を魚市場で食う出た

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウルメイワシ 380キロ、アジ 160キロ
       サバ 270キロ、小サバ 14トン
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:小サバ 500キロ、アジ 50キロ
       スルメイカ 60キロ
「原辰」定置:マイワシ 2.4トン ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 250キロ、サバ 500キロ
       アカカマス 160キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ 550キロ、アカカマス 1.2トン
       サバ 740キロ、ワカシ 180キロ
       小サバ 320キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:イサキ 420キロ、アジ 80キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ 330キロ ほか
「川奈杉本」:ワカシ 140キロ ほか
「川奈釣船」:釣キンメダイ 50キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 480キロ

和歌山 ・・・ 釣カツオ 370キロ、釣キメジ 70キロ
    ・・・ 釣キンメダイ 530キロ

人生幸朗師匠の様に市場へ来る皆が「魚が無い・・」とぼやく中、よくよく見ればこれだけ獲れている不思議。市場に魚が無いじゃ市場じゃあるかいと叱責されるかの如く、明日も明後日もそのまた次の日も魚集めに苦労します。
「カマス」だ「アジ」だと気を吐く「湘南定置(大磯)」を筆頭にしながら、伊豆半島に掛けての広域に目を配り、気を配り、魚が有ると聞けば東へ行って、西へ行き、落ちてる魚も拾う勢いで魚を集めたいですね。
posted by にゃー at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

魚市場のホームランダービー

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 54トン ほか
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:小サバ 1.8トン、マイワシ 40キロ
「原辰」定置:マイワシ 700キロ、イナダ 100キロ
       ヤマトカマス 50キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 390キロ、サバ 700キロ
       クロシビカマス 80キロ
「福浦」定置:サワラ 500キロ、サバ 150キロ
       ワカシ 130キロ、キメジ 60キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:サバ 290キロ、ワラサ 80キロ
「川奈杉本」:メジナ 40キロ ほか
「西伊豆釣」:釣イサキ 80キロ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 510キロ、クロダイ 50キロ

「小サバ」が獲れちゃって獲れちゃって。ニャンともナウい「小サバ」のボリューム。
今朝あたり「岩」定置は、「米神」定置の1/3の丈のミニスカートかと思ったら実に30年前の丈、いや1/30の量でしたが、久々の大漁に定置網の二度締めも行われて、魚はオールスターとはなりませんでしたが、お祭り前の良い前夜祭となりました。
posted by にゃー at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

魚市場に魚をもっとクレイル

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 350キロ、ウルメイワシ 60キロ
       キメジ 80キロ、アジ 100キロ
       マイワシ 100キロ
「石橋」定置:サバ 120キロ ほか
「 岩 」定置:マイワシ 320キロ、カタクチイワシ 50キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス、カタクチイワシ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 65キロ、ウルメイワシ 110キロ
       サバ 470キロ
「福浦」定置:ワラサ 240キロ ほか
「大磯」定置:アジ 380キロ、ワカシ 620キロ
       マイワシ 300キロ、アカカマス 75キロ
       サバ 60キロ

 伊豆方面からは、
「西伊豆釣」:釣イサキ 140キロ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 240キロ ほか

和歌山船 ・・・ 釣キンメダイ 400キロ
大島釣船 ・・・ 釣キンメダイ 300キロ

明日から運行を開始するJR東日本の観光列車「伊豆クレイル」。伊豆・箱根・湯河原の玄関口として小田原は、始発駅としての大使命を抱えております。まさにこれから旅立とうというお客様を迎える豪華な海産物、お食事。小田原が隠れた魚介の宝庫であることをアピールする絶好のチャンス。
これからリゾート列車で美味しいご飯を食べる人が小田原で・・食べないね。
であれば、奥村チヨ的発想で小田原へ帰ってきた人を狙い撃つ。旅から帰って、お疲れの体を癒やす新鮮な魚介類。満腹、満足で帰ってきた人が・・食べないね。
こうなりゃ最後の手段、もう来ないで下さいと全国で迷惑がられる「撮り鉄」狙いしかないか。
posted by にゃー at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

魚市場の貧困解消基金妄想

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 100キロ、サバ 240キロ
       イサキ 110キロ、小サバ 150キロ
       シイラ 60キロ、マイワシ 50キロ
「石橋」定置:サバ 120キロ、ウルメイワシ 30キロ
「 岩 」定置:アジ 60キロ、スルメイカ 30キロ
       小サバ 300キロ
「原辰」定置:マイワシ 160キロ、シイラ 80キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 200キロ、マイワシ 240キロ
       サバ 220キロ、ウルメイワシ 70キロ
「福浦」定置:サワラ 1トン、キハダ 50キロ
       サバ 210キロ、ワカシ 150キロ
       シイラ 120キロ
「大磯」定置:マイワシ 620キロ、アジ 290キロ
       ワカシ 330キロ、サバ 50キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:ワラサ 240キロ、サバ 190キロ
       アジ 70キロ、イサキ 80キロ
「網代定置」:クロマグロ 1本、ムツッ子 50キロ
「川奈杉本」:メジナ 30キロ、シイラ 30キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 40キロ
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 145キロ
「下田釣船」:釣タカベ 90キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ 300キロ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 130キロ
「江ノ島網」:アジ 80キロ、アカカマス 110キロ

和歌山 ・・・ 釣カツオ 1.2トン、釣キメジ 350キロ

途中で辞める知事いれば、自ら退くと言って認められない立場の人もいる社会の妙。魚の世界を覗いてみれば一度は消えかけた「アジ」がまた増えてきたりと、今ひとつ安定しない日々。さらに夏の「サワラ」が今年も獲れそうな気配で、伊豆方面のバラエティ豊かな夏役者が揃ってオールスター戦最高潮。
こりゃ夏休みが来ても、正常営業で荒廃知らず。
posted by にゃー at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月12日

ファンタ魚市場味の可能性

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 500キロ、ウルメイワシ 130キロ
       シイラ 100キロ
「石橋」定置:サバ 170キロ、マイワシ 200キロ
「 岩 」定置:ウルメイワシ 190キロ、アジ 60キロ
「原辰」定置:マイワシ 310キロ、シイラ 80キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:サバ 240キロ、ワカシ 330キロ
       アジ 70キロ
「福浦」定置:キハダ 740キロ、ワカシ 160キロ
       サバ 130キロ、シイラ 430キロ
「大磯」定置:アジ 220キロ、ワカシ 240キロ
       サバ 100キロ、マイワシ 120キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:アジ 120キロ、ワラサ 170キロ
       サバ 70キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ 280キロ ほか
「川奈釣船」:釣キンメダイ 30キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 80キロ

この季節。例え朝であっても、インサイダーにはならずアウトサイダーであろうと思っていたが“内なる声”にうながされて「三ツ矢サイダー」を口にした瞬間、生き返った気がした。
posted by にゃー at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

咳、声、のどに魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 400キロ、ウルメイワシ 90キロ
「石橋」定置:サバ 300キロ、スルメイカ 100キロ
「 岩 」定置:スルメイカ 130キロ、サバ 140キロ
       シイラ 80キロ、ワカシ 60キロ
「原辰」定置:マイワシ 470キロ、シイラ 90キロ
       ウルメイワシ 80キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 130キロ、ワカシ 130キロ
       サバ 650キロ
「福浦」定置:キハダ 1.2トン、シイラ 650キロ
       サバ 700キロ
「大磯」定置:アジ 300キロ、ワカシ 420キロ
       サバ 240キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:ワラサ 2.1トン、アジ 90キロ
       イサキ 80キロ、サバ 110キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ 130キロ ほか
「川奈杉本」:アオリイカ、シイラ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 290キロ
「江ノ島網」:サワラ 80キロ、タチウオ 50キロ

和歌山 ・・・ 釣カツオ 1.6トン、釣キハダ 160キロ
大島船 ・・・ 釣キンメダイ 400キロ

競り人にとって声と喉は生命線。日本中の競り人、どこを見渡しても大声ばかり。
しかし、声が出なくとも競りが成り立つ時がある。目と目で通じ合う、そういう仲になりたいわ♪以上。
posted by にゃー at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

魚市場でバリバリ働きたい

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:キハダ・キメジ 1.3トン ほか
「石橋」定置:ウルメイワシ 650キロ、サバ 420キロ
       ワカシ 70キロ
「 岩 」定置:ウルメイワシ 110キロ、サバ 60キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 140キロ、サバ 440キロ
       ワカシ 130キロ
「福浦」定置:ワラサ 2.1トン ほか
「大磯」定置:アジ 200キロ、ワカシ 430キロ
       サバ 250キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:ワラサ 750キロ、サバ 150キロ
「真鶴定置」:キハダ 370キロ
「川奈杉本」:ワラサ 40キロ ほか
「川奈釣船」:釣キンメダイ 85キロ
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 55キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ 220キロ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 50キロ

大島船 ・・・ 釣カツオ 650キロ

そう思ったらお近くのハローワークへ。
posted by にゃー at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

魚市場は素足に長靴は認めぬ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 660キロ ほか
「石橋」定置:サバ 190キロ ほか
「 岩 」定置:カタクチイワシ 70キロ ほか
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:ワカシ 80キロ、サバ 70キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:ワカシ 230キロ、アカカマス 90キロ
       アジ 80キロ、サバ 80キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:ワラサ 160キロ、サバ 100キロ
       イサキ 80キロ
「真鶴定置」:イナダ 480キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 80キロ
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 250キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 160キロ

見よ。このしょぼんな水揚げを。
posted by にゃー at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

七夕でバタバタの魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 320キロ、スルメイカ 220キロ
       ウルメイワシ 70キロ
「石橋」定置:サバ 280キロ、スルメイカ 40キロ
「 岩 」定置:シイラ 150キロ、マイワシ 150キロ
       カタクチイワシ 100キロ、スルメ 60キロ
「原辰」定置:マイワシ 240キロ、カタクチイワシ 190キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:サバ 120キロ ほか
「福浦」定置:シイラ 200キロ、ワカシ 250キロ
       カタクチ 100キロ、ヤマトカマス 90キロ
「大磯」定置:ワカシ 470キロ、アカカマス 160キロ
       サバ 60キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:イナダ 110キロ、ワラサ 600キロ
       イサキ 80キロ、サバ 70キロ
「川奈杉本」:シイラ 30キロ、
「川奈釣船」:釣キンメダイ 210キロ
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 230キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ 140キロ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 80キロ
「江ノ島網」:アジ、クロウシノシタ ほか

和歌山船・・・ 釣カツオ 1.4トン、釣キメジ 350キロ
高知釣船・・・ 釣メダイ 590キロ、釣ハマダイ 70キロ
大島釣船・・・ 釣キンメダイ 460キロ

混沌とした宇宙の営みを反映するかのように、今朝の魚市場は玉石混淆。
赤や青、黄色や緑、黒に白、様々の魚が綺羅星の如く並んでました。
ご希望の魚が買えた人も買えなかった人も、魚が獲れた人も獲れなかった人も、明日に向かってまずは寝る。
posted by にゃー at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月06日

魚市場に来て

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 6.4トン、シイラ 100キロ
       サバ 100キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:シイラ 490キロ ほか
「原辰」定置:マイワシ 300キロ、カタクチ 70キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:サバ 70キロ、アジ 40キロ
「福浦」定置:シイラ 340キロ、カタクチイワシ 120キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:サバ 170キロ、ワラサ 600キロ
       イサキ 80キロ
「沼津底曳」:マダイ 30キロ ほか

水曜日は空いてて駐車場も余裕があります。
ただし、昼前頃は一般の観光客で一杯になってます。
夜中は鮮魚を運ぶ大型トラックが出入りします。
船で来るなら漁船で、プレジャーボートは留められません。
posted by にゃー at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

魚市場は今や戦場と化した

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:シイラ 340キロ、サバ 160キロ
       ワカシ 160キロ
「石橋」定置:シイラ 100キロ、ワカシ 60キロ
「 岩 」定置:シイラ 290キロ、カタクチイワシ 90キロ
「原辰」定置:シイラ 260キロ、マイワシ 240キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:ワカシ 90キロ、サバ 70キロ
       アジ 50キロ
「福浦」定置:シイラ 130キロ、マイワシ 250キロ
       サバ 70キロ
「大磯」定置:アカカマス 520キロ、ワカシ 80キロ
       アジ 50キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:イサキ 80キロ、サバ 160キロ
「沼津底曳」:マダイ 30キロ ほか
「川奈釣船」:釣キンメダイ 190キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 140キロ

和歌山・・・釣カツオ 1トン、釣キハダ 700キロ

天正18年(西暦1590年)7月5日、北条氏直は豊臣秀吉に降伏し小田原城を開城とした。それから426年が経ち、再び北条氏現る・・かに思えたが、圧倒的な「シイラ」軍勢の前に為す術は無かった。
一方で東方面は「ワカシ」と「カマス」が豊漁で、「アジ」も獲れている。中でも大磯「湘南定置」の好調ぶりが目立っている。獲れる「アカカマス」は300gを超える大型がメインで、「マアジ」も丸々と良く太り、脂乗りも抜群、漁師たちも元気が良いわけだ。
脂乗りが抜群と言えば、今朝は国府津の刺網から大振りの「ダイナンアナゴ」が5本も活魚で水揚げされていた。どれも1メートル近い巨大な丸太のような魚体で、「アナゴ」のようでもあり「ウナギ」にも似ており、しかし身が厚く皮も食べ応えのある独特な身質を誇り、食べた人は必ずやもう一回味わいたいと言うという。皮目の脂と、ふわりとした身、絶妙に絡んだ「ツメ」で味わうのも良いが、干物にしても実に魅力的である。
今月は後半に「土用の丑の日」が控えており、何かと「ウナギ」が注目されるが、思い出すと今日は「アナゴ」の日であったりもするのだ。
ちなみに「サザエさん」に登場する「アナゴ」は名字である。さらに昨年の7月5日には「穴子さん最後の晩さん」なるエピソードが放送されているが、現在も存命である。
posted by にゃー at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

計画的運用は魚市場の不得手

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:キハダ 420キロ(22本)、サバ 120キロ
       マイワシ 500キロ、シイラ 960キロ
       スルメイカ 70キロ、アジ 50キロ
       ウルメイワシ 70キロ
「石橋」定置:スルメイカ 120キロ、マイワシ 100キロ
       ワカシ 100キロ、シイラ 160キロ
       サバ 60キロ
「 岩 」定置:マイワシ 750キロ、シイラ 210キロ
「原辰」定置:マイワシ 220キロ、カタクチ 60キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 280キロ、サバ 170キロ
       ワカシ 210キロ
「福浦」定置:シイラ 330キロ、サバ 120キロ
「大磯」定置:アジ 100キロ、アカカマス 480キロ
       サバ 370キロ、マイワシ 180キロ
       ワカシ 600キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:ワラサ 330キロ、サバ 90キロ
       アジ 40キロ、イサキ 50キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ 140キロ ほか
「川奈杉本」:メジナ、シイラ ほか
「伊東釣船」:釣アカムツ、釣クロムツ 若干

 東方面からは、
「江ノ島網」:アジ 380キロ、アカカマス 140キロ

マネタリーベースは順調に増えているようだが、魚市場に揚がる魚は漸減している気がしてならない。
今朝は休み明けと言うこともあり、結構な魚が並んではいたが、それも一部の魚に限られている。量的に多い魚は小型の「マイワシ」、いわゆる「ヒラゴイワシ」が主であるし、それに「ワカシ」や「シイラ」、「小サバ」が混じっていると言う状況。それこそ今朝は「キハダ」が20本強獲れたので、ボリューム的にはあったような気になるが、流通の面から言うと販路の裾野が広がりにくい大型マグロよりも、もっと手軽で割安感のある白身の魚がまとまった方が、より多くの人が喜び、価値がある。
今週も暑い日が続くよう(明日だけ涼しい?)だし、魚も派手な動きを自重するのではないか。私も体力温存と参ろうか。
posted by にゃー at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

多少機転が利いてる魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ワカシ 110キロ、ウルメイワシ 100キロ
       シイラ 100キロ、スルメイカ 45キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:スルメ 120キロ、ヤマトカマス 90キロ
       ワカシ 50キロ、カタクチイワシ 50キロ
       マイワシ 50キロ
「原辰」定置:マイワシ 430キロ ほか       
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 140キロ、ワカシ 40キロ
       サバ 80キロ
「福浦」定置:シイラ 550キロ、サバ 200キロ
       サワラ 60キロ、キメジ 60キロ
「大磯」定置:アジ 140キロ、ワカシ 360キロ
       サバ 80キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:ワラサ 450キロ、サバ 60キロ
       アジ 50キロ、イサキ 50キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ 160キロ ほか
「川奈杉本」:メジナ、シイラ ほか
「下田釣船」:タカベ 120キロ ほか

 東方面からは、
「江ノ島網」:イナダ 140キロ、アジ 40キロ

和歌山 ・・・ 釣カツオ 1.4トン、釣キハダ 1.3トン
      釣キメジ 130キロ、釣キンメダイ 400キロ

頭の回転はともかく、ポンプの回転がどうにもならないのはいただけない。
ほんでもって「米神」を中心とする小田原側の沿岸定置網の調子が下がってくると、元気が出てくる「福浦」定置の法則発動のように、まさに徐々に「福浦」定置に魚が集まりつつあるようだ。
今月は夏の「サワラ」の本格化を含め、「福浦」から伊豆先の角漁場の底力に期待したいと願うこととする。
posted by にゃー at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

得する魚市場の隠しコマンド

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:シイラ 230キロ、サバ 70キロ
       マイワシ 80キロ、ワカシ 50キロ
「石橋」定置:アジ 140キロ、ワカシ 90キロ
「 岩 」定置:シイラ 140キロ、スルメイカ 130キロ
       マイワシ 80キロ、ワカシ 60キロ
「原辰」定置:シイラ 70キロ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 130キロ、サバ 120キロ
       ワカシ 50キロ
「福浦」定置:ワラサ 2.6トン ほか
「大磯」定置:アジ 80キロ、ワカシ 90キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:サバ 100キロ、ワラサ 360キロ
       アジ 60キロ、イサキ 60キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ 170キロ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 270キロ
「江ノ島網」:ワラサ 180キロ、イナダ 190キロ
「茅ヶ崎船」:生シラス 40キロ

和歌山 ・・・ 釣カツオ 260キロ、釣キハダ 920キロ
       釣キメジ 300キロ
小田原 ・・・ メカジキ 1本

「カツオ」は釣れ続けております。「キメジ」、「キハダ」も同じく。
夏から秋にかけての相模湾への進入も大いに期待するところ。今からルアーのフックを磨く日々。
さらに「マグロ」釣りに行って船に寄ってきた「メカジキ」を突いてきたってんだから、恐れイルカのなごり雪。
夏間近、近海定置網が低迷し始めた7月。夢と希望は沖にある。
posted by にゃー at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする