2018_fespos.jpg

2016年08月23日

魚市場の山ちゃんは不滅です

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:マイワシ 440キロ、マルソウダ 420キロ
       サバ 300キロ、ヤマトカマス 70キロ
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 310キロ、メイチダイ 60キロ
       サバ 140キロ、小サバ 600キロ
       ショウゴ 70キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:イサキ 180キロ、アジ 200キロ
       ヤマトカマス 130キロ、サバ 280キロ
       カワハギ 70キロ、マルソウダ 200キロ
       マダイ 40キロ、ムツッ子 50キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 140キロ、ワカシ 40キロ

といえば、伊豆からやって来る「山下丸」。はるばる運ばれてくる地魚の豊富さは、みんなを魅了する。
加えて「魚市場の石ちゃん」といえば「石橋」定置。魚市場に最も近い定置網として、抜群の鮮度と地魚の種類と品質は最高級で思わず口に出る「マイウ〜」。ただし今朝の中心は「マイワシ〜」。
さらに「魚市場のニノさん」といえば「二宮」定置。「アジ」や「サバ」を中心として、豊富な地魚を揃えた屈指のバラエティで、常に高レベルの人気を維持している。
そして「魚市場のへーちゃん」といえば「平塚」の定置網。「石坂浩二」ばりの徹底的な知識力と鑑定眼で裏打ちされた自信の「マアジ」を中心としたラインナップは、「アジ」好きの小田原民から絶大な支持を得る。まさにホームドラマ「ありがとう魚屋篇」を思い出させる人気なのだ。

今日のイセエビ・・・ 15キロ
posted by にゃー at 12:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする