2018_fespos.jpg

2016年08月27日

魚市場に起るリバイバル現象

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 760キロ、ウルメ 610キロ
       小サバ 840キロ、マルソウダ 330キロ
       ワカシ 130キロ、サバ 420キロ
       ヤマトカマス 100キロ、小イサキ 50キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ヤマトカマス 260キロ、ワカシ 230キロ
      マルソウダ 660キロ、サバ 160キロ
      小イサキ 700キロ 
「原辰」定置:マルソウダ 120キロ、小サバ 210キロ
       ウルメイワシ 60キロ
「江の安」定:小イサキ 200キロ、ヤマトカマス 150キロ
「二宮」定置:サバ 120キロ、マイワシ 110キロ
       ウルメイワシ 130キロ、アジ 60キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:ワカシ 90キロ、マルソウダ 90キロ
       ウルメイワシ 200キロ、サバ 100キロ
       アジ 60キロ

 伊豆方面からは、
「西伊豆釣」:釣イサキ、釣アカムツ ほか

 東方面からは、
「江ノ島網」:小アジ 1.7トン、アカカマス 100キロ
「佐島定置」:アカカマス 50キロ、ワカシ 40キロ

またも台風接近中。
このままだと再びの「魚だけがいない魚市場」になってしまう。

今日のイセエビ・・・ 100キロ
posted by にゃー at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする