2016年09月30日

汚染水は魚市場にいらない

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 300キロ、サバ 90キロ
       ヒラソウダ 440キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 700キロ、サバ 180キロ
       ヒラソウダ 1.5トン、小イサキ 250キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 7.7トン、小サバ 80キロ
      アカカマス 70キロ、ヒラソウダ 400キロ
「原辰」定置:ヒラソウダ 250キロ ほか
「江の安」定:ウスバハギ、小イサキ ほか
「二宮」定置:ウルメイワシ 230キロ、小サバ 200キロ
       小イサキ 90キロ、マイワシ 100キロ
「福浦」定置:クロマグロ 340キロ、キハダ 220キロ
       サバ 100キロ、マイワシ 200キロ
       ヤマトカマス 200キロ、シイラ 100キロ
「大磯」定置:小サバ 6.8トン、ヤマトカマス 120キロ
       マルアジ 100キロ、アジ 60キロ

 伊豆方面からは、
「伊豆諸島」:タカベ 50キロ ほか
「真鶴定置」:カマスサワラ 120キロ、シロカジキ 120キロ

 東方面からは、
「横須賀港」:タチウオ 110キロ ほか
「佐島漁港」:アカカマス、アジ ほか
「平塚定置」:アジ 600キロ ほか
「松輪漁港」:アブラボウズ 86キロ
「江ノ島網」:アカカマス 140キロ ほか

小田原・秋の名物「ミズカマス(ヤマトカマス)」は汚染どころか、純潔極まりない、まさに「新鮮水」。
誤って地面に落とした「汚染ミズカマス」は、5秒ルールに従って適切に処置。
よって、小田原の「カマス」は鮮度はもちろん、清潔さにおいても、全く問題なし。ご心配なく、ご利用下さい。

今日のイセエビ・・・ 50キロ
posted by にゃー at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

魚市場の魚はトクホ確実

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルソウダ 1.1トン、小サバ 160キロ
「石橋」定置:マルソウダ 2.3トン、ヤマトカマス 1.3トン
       メジ 245キロ、サバ 290キロ
       イナダ 350キロ、小イサキ 320キロ
       小サバ 150キロ、アカカマス 110キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 5.1トン、イナダ 170キロ
      マルソウダ 1.6トン、小サバ 60キロ
      シイラ 40キロ、アカカマス 410キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 150キロ、ショウゴ 50キロ
       マルソウダ 790キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 210キロ、マルソウダ 60キロ
「二宮」定置:マルソウダ 700キロ、小イサキ 230キロ
       サバ 160キロ、ヤマトカマス 90キロ
       カワハギ 40キロ、アジ 70キロ
「福浦」定置:アジ 60キロ、小イサキ 120キロ
「大磯」定置:マイワシ 200キロ、小サバ 5.4トン
       ヤマトカマス 150キロ、マルアジ 110キロ

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:ヘダイ、トビウオ ほか
「西伊豆釣」:トビウオ 75キロ、釣イサキ 30キロ
「伊豆諸島」:釣メダイ 170キロ、カマスサワラ 70キロ
「下田漁港」:釣アブラボウズ 160キロ
「大島漁港」:イサキ 50キロ ほか
「大島釣船」:釣メダイ 310キロ、釣クロムツ 60キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 300キロ ほか
「江ノ島網」:アカカマス 460キロ ほか
「横須賀港」:イボダイ 70キロ、タチウオ 70キロ
「茅ヶ崎釣」:釣カツオ 40キロ

小田原 ・・・ 釣クロタチカマス 10キロ

豊饒の恵みに溢れる相模湾で獲れる魚たちは、どれも新鮮、旬の味。食べれば元気、これ常識。
変なサプリや薬に頼るより、新鮮な地元の食材と旬の特性を活かした料理を食べれば、嫌でも健康疑いなし。
その証拠に、魚市場に出入りする人間の何と長命なことか。彼が、にくまれっ子かどうかは知らないが、美人で無いことは確実か。

今日のイセエビ・・・ 80キロ
posted by にゃー at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

元気元気、元気な魚市場は

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 200キロ、小イサキ 910キロ
       小サバ 770キロ、マルソウダ 850キロ
       サバ 230キロ、カマスサワラ 140キロ
「石橋」定置:マルソウダ 220キロ、小サバ 320キロ
       サバ 150キロ、ヤマトカマス 3.2トン
       アジ 60キロ、イナダ 50キロ
「 岩 」定置:イナダ 1.5トン、ワラサ 430キロ
      メジ 300キロ、マルソウダ 1.5トン
      ヤマトカマス 500キロ、サバ 180キロ
      小イサキ 50キロ
「原辰」定置:マルソウダ 850キロ、マイワシ 180キロ
       ヤマトカマス 70キロ
「江の安」定:マイワシ 150キロ、ヤマトカマス 40キロ
       小イサキ 60キロ
「二宮」定置:サバ 180キロ、小イサキ 120キロ
「福浦」定置:シイラ 80キロ、メジ 60キロ
「大磯」定置:サバ 510キロ、マルソウダ 200キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:イナダ 450キロ、サバ 230キロ
       ギンガメアジ 40キロ
「富戸刺網」:活イセエビ 120キロ
「富戸釣船」:釣チカメキントキ 20キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ、釣マダイ ほか
「大島漁港」:アブラボウズ 45キロ、イサキ 40キロ
「伊豆諸島」:釣カツオ 160キロ、アカハタ 50キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 80キロ、タチウオ 40キロ
「大磯釣船」:アカアマダイ ほか
「江ノ島網」:アカカマス 195キロ、メジ 400キロ
「横須賀港」:タチウオ 150キロ
「佐島漁港」:キメジ 30キロ、釣カツオ 35キロ
「茅ヶ崎港」:釣カツオ 670キロ

三重県 ・・・ 釣カツオ 300キロ

魚が沢山。今朝もわんさと獲れました、よと。
魚増えてる、のか?沸いてる、のか?売れてる、のか?

今日のイセエビ・・・ 140キロ
posted by にゃー at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

生のたらればは魚市場で禁止

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 2.7トン、サバ 840キロ
       マルソウダ 200キロ、小イサキ 150キロ
       小サバ 2.4トン、ウスバハギ 70キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:メジ 140キロ、ヤマトカマス 2.4トン
      マルソウダ 85キロ、小イサキ 140キロ
      サバ 160キロ、小サバ 290キロ
「原辰」定置:メジ 1.2トン、ヤマトカマス 410キロ
       マルソウダ 350キロ、サバ 100キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 100キロ、サバ 60キロ
「二宮」定置:アジ 830キロ、小イサキ 180キロ
       サバ 350キロ、小サバ 850キロ
       メジ 50キロ、ヤマトカマス 50キロ
「福浦」定置:ワカシ 150キロ、サバ 1.1トン
       シイラ 300キロ、メジ 90キロ
「大磯」定置:小サバ 4.3トン、マルアジ 100キロ
       イナダ 70キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:イナダ 220キロ、ムロアジ 60キロ
       カマスサワラ 50キロ、ムツッ子 40キロ
「川奈杉本」:ヤマトカマス 150キロ、ヘダイ 30キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 45キロ
「大島漁港」:釣アブラボウズ 60キロ(4本)
「伊豆諸島」:釣カツオ 90キロ、キンメダイ 40キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ、釣イナダ ほか
「真鶴定置」:ワカシ 320キロ
「富戸刺網」:活イセエビ 85キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 350キロ、タチウオ 60キロ
「大磯釣船」:釣アカアマダイ ほか
「横須賀港」:タチウオ 170キロ、スズキ 30キロ
「佐島漁港」:アジ、ヒラソウダ ほか
「江ノ島網」:小アジ 50キロ、アカカマス 30キロ

和歌山 ・・・ 釣カツオ 750キロ、釣キメジ 260キロ
小田原 ・・・ 釣クロシビカマス、クロタチカマス ほか

長い秋雨が続いたり、どんよりした日が続いたりと、この9月はジメジメした日が多い気がするが、今朝の定置網には「メジ」が沢山。
20160926_nagapo.JPG「クロマグロ」の子である、いわゆる「マメジ」が獲れることを、いかがなものかと疑問に思う方もおられようが、これも立派な鮮魚として価値を認められて売れるのだから、堂々人気の魚として扱っていいと思っている。
それに季節らしく「アマダイ」や待望の「ナガズミヤキ(クロタチカマス)」、「戻りカツオ」なども釣れ始めて、売り場は久々の超満員。
これから暑さを戻しながら、ぼちぼち秋深くなれば、ますます地魚が増加することは、もう間違いないだろう。

今日のイセエビ・・・ 90キロ
posted by にゃー at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

おいしい魚市場生活

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 400キロ、小サバ 1.1トン
       ヤマトカマス 40キロ、メジ 30キロ
       サバ 430キロ、バショウカジキ 1本
「石橋」定置:ヘダイ 100キロ、サバ 280キロ
       ヤマトカマス 120キロ、小サバ 120キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 1.1トン、サバ 480キロ
      イナダ 250キロ、シイラ 50キロ
      小サバ 440キロ
「原辰」定置:サバ 180キロ、ヤマトカマス 40キロ
「江の安」定:ヤマトカマス、ウスバハギ ほか
「二宮」定置:サバ 230キロ、小サバ 340キロ
       小イサキ 270キロ
「福浦」定置:小イサキ 70キロ、イナダ 60キロ
       ヘダイ 30キロ、サバ 30キロ
「大磯」定置:ヤマトカマス 50キロ、マルアジ 40キロ
       小サバ 200キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:サバ 210キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ、釣ムツ ほか
「下田漁港」:釣メジ 若干
「伊豆諸島」:釣カツオ 60キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 30キロ
「江ノ島網」:小アジ 20キロ
「佐島漁港」:メジ、小アジ ほか

「ヤマトカマス(ミズカマス)」や「サバ」が増えたり減ったりする中で、「メジ」や「イナダ」が混じってくる。先日、定置網に混獲された「ナガズミヤキ(クロタチカマス)」は、「米神」と「岩」でそれぞれ1本ずつ獲れて以来、姿を見せていない。一方で早川漁港所属の釣り船による「ヤリイカ」が好調を迎えつつあり、小型だが数出ているようである。「メジ」や「小アジ」は周辺に姿あるが、なかなか小田原で増えず、目に付くのは「ウスバハギ(シロウマ)」と「カンパチの子(ショウゴ)」くらいか。いずれも小田原の秋の魚を代表する魚種だけに、今後のボリュームアップに期待が集まる。

今日のイセエビ・・・ 25キロ
posted by にゃー at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

飛び出すBリーグに魚市場も

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:バショウカジキ 80キロ、サバ 670キロ
      ヤマトカマス 380キロ、小サバ 540キロ
      マイワシ 400キロ、マルソウダ 50キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 1.1トン、ヘダイ 40キロ
      ウルメイワシ 70キロ、イサキ 60キロ
      サバ 180キロ、マイワシ 960キロ
      ショウゴ 40キロ、小サバ 370キロ
      マルソウダ 50キロ
「 岩 」定置:サバ 340キロ、小サバ 180キロ
      シイラ 140キロ、ヤマトカマス 770キロ
      アカカマス 50キロ、メジ 60キロ
「原辰」定置:サバ 170キロ、ヤマトカマス 100キロ
      小サバ 90キロ
「江の安」定:サバ 50キロ、マイワシ 40キロ
      ヤマトカマス 40キロ、イサキ 40キロ
      ウルメイワシ 40キロ
「二宮」定置:アジ 200キロ、サバ 300キロ
      ヤマトカマス 40キロ、イサキ 60キロ
      小サバ 260キロ
「福浦」定置:ウルメイワシ 130キロ、シイラ 420キロ
      小アジ 55キロ、マイワシ 120キロ
      メジ 50キロ、サバ 90キロ
「大磯」定置:アジ 140キロ、マルアジ 110キロ
      ヤマトカマス 200キロ、小サバ 400キロ

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:ヘダイ、ヤマトカマス ほか
「伊豆諸島」:釣ハマダイ 60キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 200キロ
「江ノ島網」:小アジ 310キロ、アカカマス 40キロ

昨日開幕のBリーグに乗っかる意味で「バショウカジキ」を主役に祭り上げての大盛りあげ。
海面へ飛び出し決めるダンクシュートのキレは魚界も随一。
と、それにしたって「バショウカジキ」の今年初お目見えが、9月の後半とはあまりに遅すぎる出現。
今朝あたり「シイラ」や「メジ」、「カツオ」が各定置網に出没した所を見ると、どうやら黒潮に動きがあった模様。
明日以降も回遊系の青物が期待できるかも知れません。

今日のイセエビ・・・ 20キロ
posted by にゃー at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする