2016年09月09日

赤ヘル一色に染まった魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 500キロ、小サバ 180キロ
       サバ 190キロ、マルソウダ 160キロ
       サクラエビ 70キロ、イナダ 100キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 400キロ、サバ 130キロ
       ムロアジ 40キロ
「 岩 」定置:ムロアジ 200キロ、マルソウダ 100キロ
      ヤマトカマス 500キロ、小サバ 130キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:ヤマトカマス 40キロ ほか
「二宮」定置:小アジ 50キロ、ヤマトカマス 30キロ
「福浦」定置:イナダ 540キロ、ワカシ 150キロ
       カマスサワラ 45キロ、シイラ 90キロ
       サバ 110キロ
「大磯」定置:ヤマトカマス 310キロ、マルアジ 200キロ
       小サバ 200キロ、アジ 50キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:クサヤモロ 110キロ、ムツッ子 80キロ
       ヒラソウダ 75キロ、ショウゴ 65キロ
       メアジ 50キロ、イサキ 50キロ
「下田漁港」:ハチビキ 50キロ
「伊豆諸島」:アオダイ 20キロ
「川奈杉本」:メジナ、トビウオ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:タチウオ 80キロ ほか
「江ノ島網」:アカカマス 60キロ ほか
「佐島漁港」:メジ 420キロ、マルアジ 85キロ
       イナダ・ワカシ 210キロ、メアジ 40キロ

20160609_skrab.jpgいよいよM1にまでなった広島カープの優勝直前ということで、赤いヘルメット(甲殻)をかぶった魚介類、ズバリ「サクラエビ」が近年に無いほどの大獲れを記録。
市場が真っ赤に染まり、周囲の魚屋からは「それ行けカープ」の大合唱も(脳内補完あり)。
「アカカマス」や「アカゼモロ(ムロアジ)」、「アカハタ」に「アカサバ(ハチビキ)」や「アカイサキ」、そして「イセエビ」、赤身の「メジマグロ」なども集まり、もはや魚市場はカープ一色。
極めつけは、通常営業したにもかかわらず、全体に漁獲少なく、相場も低調で、経費倒れ、果ては赤字経営というオチ(経理未確認)も。

今日のイセエビ・・・ 30キロ
posted by にゃー at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする