2016年09月15日

魚に選択してもらう魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 140キロ、サバ 620キロ
      ヒラソウダ 250キロ、小サバ 980キロ
      マルソウダ 60キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 120キロ、サバ 290キロ
      マルソウダ 80キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 170キロ、サバ 170キロ
      ヘダイ 80キロ、ウルメイワシ 70キロ
      アカカマス 60キロ、小サバ 130キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 80キロ、サバ 190キロ
       アジ 30キロ、ヒラソウダ 30キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:サバ 500キロ、小サバ 1.3トン
      アジ 110キロ、マルソウダ 40キロ
「福浦」定置:サバ 100キロ、イナダ 90キロ
「大磯」定置:ヤマトカマス 200キロ、小サバ 2トン
      マルアジ 200キロ、アジ 60キロ
      サバ 40キロ

 伊豆方面からは、
「網代定置」:アジ 150キロ
「川奈杉本」:ニザダイ、トビウオ ほか
「沼津底曳」:アオメエソ 180キロ、ニギス 40キロ
「伊豆諸島」:釣ハマダイ 50キロ、釣カツオ 35キロ
       釣メダイ 50キロ
「網代釣船」:釣マダイ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ、タチウオ ほか
「佐島漁港」:小アジ、タチウオ ほか
「江ノ島網」:アカカマス、小アジ ほか

秋らしく定置網に魚種の多さは目立つようだが、全体にボリューム感が不足中。
魚が獲れていないと言えばそれまでだが、相次ぐ台風の接近に続く長雨、相模湾外角ギリギリを攻めゆく黒潮の流れは徐々に相模湾を外れ始める始末。今日からの伊豆(静岡県)での「伊勢海老」漁解禁を受けて、小田原でも入荷と相場の動向に注目が集まるが、果たして海は期待に応えてくれるのだろうか。

今日のイセエビ・・・ 40キロ
posted by にゃー at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする