2016年09月16日

魚市場でアイフォンを探せ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 3.6トン、マルソウダ 90キロ
      ウルメイワシ 240キロ、サバ 580キロ
      マルソウダ 70キロ、アジ 50キロ
      ヤマトカマス 160キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ヤマトカマス 110キロ、小サバ 6.3トン
      ヘダイ 100キロ、マルソウダ 100キロ
      サバ 350キロ
「原辰」定置:サバ 160キロ、小サバ 440キロ
      マルソウダ 90キロ、アカカマス 90キロ
      ヤマトカマス 140キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:サバ 640キロ、小サバ 920キロ
      マルソウダ 80キロ
「福浦」定置:アジ 50キロ、サバ 230キロ
「大磯」定置:マルソウダ 60キロ、小サバ 1.3トン
      マイワシ 50キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ワラサ 1.4トン、ウルメイワシ 300キロ
「伊豆諸島」:釣カツオ 150キロ、釣ハマダイ 60キロ
「沼津底曳」:ニギス、アオメエソ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 500キロ ほか
「江ノ島網」:アカカマス 80キロ、ヤマトカマス 50キロ
「佐島漁港」:釣キメジ 80キロ ほか
「松輪漁港」:サワラ 70キロ

なんたって小田原は「アジ」。
たとえ電話が出来なくても、本(フォン)当の「マアジ」なら皆が欲しがる「アジフォン」となる。
競り前には黒山の人だかりが出来、競り後には順番待ちの行列が出来る。
あなたも朝早く起きて、その白熱の争奪戦をその目に焼き付けてくれ。

今日のイセエビ・・・100キロ
posted by にゃー at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする