2018_fespos.jpg

2016年09月24日

おいしい魚市場生活

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 400キロ、小サバ 1.1トン
       ヤマトカマス 40キロ、メジ 30キロ
       サバ 430キロ、バショウカジキ 1本
「石橋」定置:ヘダイ 100キロ、サバ 280キロ
       ヤマトカマス 120キロ、小サバ 120キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 1.1トン、サバ 480キロ
      イナダ 250キロ、シイラ 50キロ
      小サバ 440キロ
「原辰」定置:サバ 180キロ、ヤマトカマス 40キロ
「江の安」定:ヤマトカマス、ウスバハギ ほか
「二宮」定置:サバ 230キロ、小サバ 340キロ
       小イサキ 270キロ
「福浦」定置:小イサキ 70キロ、イナダ 60キロ
       ヘダイ 30キロ、サバ 30キロ
「大磯」定置:ヤマトカマス 50キロ、マルアジ 40キロ
       小サバ 200キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:サバ 210キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ、釣ムツ ほか
「下田漁港」:釣メジ 若干
「伊豆諸島」:釣カツオ 60キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 30キロ
「江ノ島網」:小アジ 20キロ
「佐島漁港」:メジ、小アジ ほか

「ヤマトカマス(ミズカマス)」や「サバ」が増えたり減ったりする中で、「メジ」や「イナダ」が混じってくる。先日、定置網に混獲された「ナガズミヤキ(クロタチカマス)」は、「米神」と「岩」でそれぞれ1本ずつ獲れて以来、姿を見せていない。一方で早川漁港所属の釣り船による「ヤリイカ」が好調を迎えつつあり、小型だが数出ているようである。「メジ」や「小アジ」は周辺に姿あるが、なかなか小田原で増えず、目に付くのは「ウスバハギ(シロウマ)」と「カンパチの子(ショウゴ)」くらいか。いずれも小田原の秋の魚を代表する魚種だけに、今後のボリュームアップに期待が集まる。

今日のイセエビ・・・ 25キロ
posted by にゃー at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする