2016年11月01日

吹き曝しの魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:ヤマトカマス 9.2トン、サバ 70キロ
       アカカマス 200キロ、イナダ 610キロ
       小イサキ 390キロ、ショウゴ 530キロ
       マルソウダ 310キロ、イサキ 80キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 770キロ、ショウゴ 130キロ
      マルソウダ 130キロ、カマスサワラ 80キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 500キロ、ソウダ 70キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 220キロ、ショウゴ 70キロ
「二宮」定置:ヤマトカマス 1.3トン、シイラ 50キロ
       小イサキ 60キロ、ウルメイワシ 40キロ
「福浦」定置:ウルメイワシ 170キロ、イナダ 230キロ
       小アジ 40キロ
「大磯」定置:小サバ 220キロ、ヤマトカマス 90キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:イシガキダイ 30キロ、サバ 60キロ
「西伊豆釣」:釣スルメイカ 60キロ ほか
「網代釣船」:釣アカムツ、釣マダイ ほか
「沼津釣船」:釣クロシビカマス、釣ムツ ほか

寒くなってきた。明日は12月の寒さという。こう寒くなると、鍋が恋しくなるのは日本人だからか。
「カワハギ」や「サバフグ」、「ドンコ(エゾイソアイナメ)」等、鍋に合う地魚も増えてきております。
鍋の本命地魚と言えば、多くの人が「アンコウ」を思い浮かべるだろうが、「アンコウ」が獲れるまではもうちょっと寒くならなければならないだろう。多くの場合、「ヒラメ」網に掛かるからだ。
寒いのは嫌だが、「アンコウ」は食べたい。寒ければ寒いほど美味しくなる「アンコウ」の季節まで、気がつけばあと少しなのだった。
posted by にゃー at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする