2016年11月04日

健全な魚市場にヤツはいる

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 850キロ、ヤマトカマス 2トン
       ヒラソウダ 1トン、ショウゴ 200キロ
       マルソウダ 4.7トン
「石橋」定置:ヤマトカマス 2トン、ショウゴ 460キロ
       アカカマス 270キロ、マルソウダ 3トン
       イナダ 60キロ、小イサキ 100キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 700キロ、キハダ 190キロ
      マルソウダ 1.7トン、アカカマス 140キロ
      ヒラソウダ 1.8トン、ショウゴ 570キロ
「原辰」定置:マルソウダ 980キロ、ショウゴ 150キロ
       ヒラソウダ 1.1トン
「江の安」定:ヤマトカマス 320キロ、ショウゴ 80キロ
       マルソウダ 150キロ
「二宮」定置:ウルメイワシ 380キロ、ショウゴ 70キロ
       ヤマトカマス 280キロ、ソウダ 450キロ
「福浦」定置:イナダ 300キロ、ショウゴ 350キロ
「大磯」定置:ウルメイワシ、サバ ほか

 伊豆方面からは、
「網代釣船」:釣アカムツ ほか
「川奈杉本」:ボラ 110キロ ほか

 東方面からは、
「江ノ島網」:ショウゴ 90キロ
「片瀬沖曳」:生シラス 340キロ

え〜ちなみに、「2016年11月5日(土)、6日(日)マリンメッセ福岡にて予定しておりました『SHOGO HAMADA ON THE ROAD 2016“Journey of a Songwriter” since 1976 』は、浜田省吾本人の急性声帯炎、急性咽頭喉頭炎の為、公演を延期させていただくこととなりました。」ということです。
しかし、今なら魚市場に行けば沢山のライヴの「ショウゴ」と出会えます。木枯しの季節に獲れる「ショウゴ」は、健康で旬と言う名の全盛期を迎えた最高の状態を保っておりますので、五感を最大限活用して楽しむべき魚であります。値段的にもお得感あり、食べても買っても良いこと尽くめ。
明日も魚市場は水揚げが行われます。文字通りの「Show Must Go On」であり、まさに君に捧げるLove「ショウゴ」である。
posted by にゃー at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする