2016年11月08日

嫌われ魚市場同士の闘い

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 560キロ、マルソウダ 410キロ
       アジ 330キロ、ヤマトカマス 320キロ
       サバ 960キロ、ヒラソウダ 70キロ
       イサキ 80キロ、ショウゴ 60キロ
「石橋」定置:アジ 500キロ、イナダ 410キロ
       ヤマトカマス 410キロ、イサキ 50キロ
       ヒラソウダ 160キロ、ショウゴ 60キロ
       マルソウダ 930キロ
「 岩 」定置:マルソウダ 1.8トン、サバ 570キロ
      小アジ 170キロ、小サバ 440キロ
      ヤマトカマス 380キロ、シイラ 90キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 130キロ、ソウダ 280キロ
「江の安」定:サバ 150キロ、マルソウダ 50キロ
「二宮」定置:ヒラソウダ 400キロ、イボダイ 60キロ
       ヤマトカマス 130キロ、サバ 70キロ
       マルソウダ 40キロ
「福浦」定置:イナダ 400キロ、メアジ 100キロ
       ウルメイワシ 430キロ
「大磯」定置:小サバ 350キロ、マルソウダ 270キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:小アジ 300キロ、キメジ 50キロ
       メアジ 50キロ
「川奈杉本」:メジナ 80キロ
「伊豆諸島」:ハマダイ 20キロ
「下田漁港」:キメジ 110キロ
「西伊豆釣」:釣ヤリイカ、活マアジ ほか

 東方面からは、
「茅ヶ崎網」:活イセエビ 10キロ
「片瀬沖曳」:生シラス 140キロ
「江ノ島網」:アカカマス 35キロ

それでも逆転狙う猛攻を「ひらりマント」で交わし去ってしまうのだろう。
posted by にゃー at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする