2016年11月12日

安心して魚市場に来て欲しい

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウルメイワシ 330キロ、サバ 100キロ
       アカカマス 180キロ、マルソウダ 200キロ
       ヤマトカマス 100キロ、サバフグ 180キロ
       イサキ 70キロ
「石橋」定置:ショウゴ 260キロ、アカカマス 160キロ
       ヤマトカマス 100キロ、イサキ 100キロ
「 岩 」定置:アカカマス 500キロ、ショウゴ 60キロ
      マルソウダ 130キロ
「原辰」定置:サバ 100キロ、マルソウダ 80キロ
       ショウゴ 50キロ、カワハギ 40キロ
「江の安」定:ショウゴ 60キロ、ヤマトカマス 50キロ
「二宮」定置:ヒラソウダ 200キロ、マルソウダ 70キロ
「福浦」定置:メアジ 60キロ ほか
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:サバ 300キロ ほか
「川奈杉本」:メジナ 70キロ ほか

 東方面からは、
「江ノ島網」:アカカマス 30キロ
「片瀬沖曳」:生シラス 70キロ

雨上がりと言うこともあり、全体的に漁模様は停滞傾向。休漁もはさみながらの操業が続きます。
「ショウゴ(カンパチ)」や「カマス(アカカマス・ヤマトカマス)」の増減を繰り返しながら冬に向かって行く感じ。
休み明けの月曜日は何が増えてくるか。誰にも分らないが、だいたい分かる。それが地魚の良いところ。
posted by にゃー at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする