2016年11月18日

黒く愛して長く愛した魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アカカマス 430キロ、ヒラソウダ 170キロ
       サバ 300キロ、マルソウダ 100キロ
       サバフグ 210キロ、小サバ 130キロ
       ウルメイワシ 70キロ、カツオ 75キロ
       ヤマトカマス 70キロ、小アジ 40キロ
「石橋」定置:アカカマス 2.2トン、サバ 950キロ
       ヤマトカマス 70キロ、小サバ 120キロ
       マルソウダ 160キロ、ヒラソウダ 130キロ
       サバフグ 75キロ、メアジ 40キロ
       ウルメイワシ 80キロ、シイラ 50キロ
       小アジ 80キロ
「 岩 」定置:サバ 350キロ、シイラ 100キロ
「原辰」定置:アオリイカ、マルソウダ ほか
「江の安」定:カワハギ、マルアジ ほか
「二宮」定置:ウルメイワシ 80キロ、ショウゴ 65キロ
       アカカマス 50キロ、カワハギ 40キロ
「福浦」定置:ショウゴ 550キロ、イナダ 50キロ
「大磯」定置:ウルメイワシ、小サバ ほか

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:メジナ、ワラサ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 50キロ ほか
「佐島漁港」:メアジ 35キロ ほか
「江ノ島網」:小アジ 130キロ

小田原 ・・ 釣クロタチカマス 40キロ

「ナガスミヤキ(クロタチカマス)」は定置網にも数本入っていますが、魚を見ればその差は歴然。
定置網で獲れた魚は、魚同士が小擦れ合い、魚の表皮がはがれ、「ナガスミヤキ(クロタチカマス)」の本来の黒光りした表皮が見られません。しかし、一本釣りで釣り上げられた「ナガスミヤキ(クロタチカマス)」は、その体に傷一つ無く、鈍く光った黒い魚体はまるで歴戦の名刀を思わせる圧倒的な存在感を放ちます。
小田原沖で夜釣りにて釣られる、正真正銘、秋の地魚。お名残惜しくも、この魚が食べられるのもあと数週間あるかないか。店先に並ぶうちに是非とも手に入れて、塩焼きでも煮付けでも、その味を確かめていただきたいと思います。
posted by にゃー at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする