2016年11月25日

茶番一切無しの魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小アジ 330キロ、ヤマトカマス 70キロ
「石橋」定置:マルアジ 200キロ、アジ 50キロ
「 岩 」定置:マルアジ 260キロ、ヤマトカマス 50キロ
      アジ 50キロ、ヒラソウダ 50キロ
「原辰」定置:カワハギ 130キロ ほか
「江の安」定:マルアジ 130キロ、カワハギ 40キロ
「二宮」定置:ウルメイワシ 200キロ ほか
「福浦」定置:イナダ 280キロ、カワハギ 220キロ
       ショウゴ 80キロ
「大磯」定置:シイラ、カワハギ ほか

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:メジナ 370キロ ほか

 東方面からは、
「大磯刺網」:活ヒラメ 32枚、活イセエビ 60キロ
「大磯素潜」:サザエ 30キロ
「江ノ島網」:カワハギ、小アジ

ブラックフライデーに向けて「カワハギ」と「メジナ」の集荷を強力に推進したはずが、水揚げは「マルアジ(アオアジ)」が多くなり市場はブルーフライデー。あまりの冷え込みに市場全体の水揚げも減少傾向で、漂う雰囲気もブルー一色。週末にかけて水揚げを減らす、まるで稀勢の里かと思うくらいの腰砕け具合だが、これも季節の変わり目と前向きに捉えたい。
posted by にゃー at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする