2016年12月06日

今年の一皿魚市場に来たる

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバフグ 320キロ、サバ 110キロ
       アジ 150キロ、アカカマス 70キロ
       アカヤガラ 50キロ、イボダイ 50キロ
「石橋」定置:イボダイ 110キロ、サバフグ 350キロ
       アカカマス 230キロ、アジ 100キロ
       アカヤガラ 40キロ、ウスバハギ 60キロ
「 岩 」定置:サバフグ 130キロ、イボダイ 60キロ
      サバ 70キロ
「原辰」定置:ウスバハギ 100キロ、カワハギ 50キロ
「江の安」定:サバ 50キロ ほか
「二宮」定置:サバフグ 120キロ、ウスバハギ 80キロ
       アカカマス 80キロ
「福浦」定置:サバ 220キロ、ウルメイワシ 60キロ
「大磯」定置:アジ、サバ ほか

 伊豆方面からは、
「富戸刺網」:活イセエビ 50キロ

 東方面からは、
「松輪漁港」:アブラボウズ 280キロ(5本)

「ウスバハギ」いわゆる「シロウマ」、またの名を「ハクバ」。中国読み「パクチー」。
今年は爆獲れが無いな〜と思っていたら、ようやっと。寒いこの季節、鍋にしてもとても良く出汁が出て、肝も美味しく頂ける一石二鳥の買得魚。
「カワハギ」が今年は高いので、ボーナスが出る前ならこちらの「ウスバハギ」で賢く節約いたしましょ。

今日のヒラメ ・・・ 156枚
posted by にゃー at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする