2016年12月30日

さらば愛しき魚市場よ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:カワハギ、サバフグ ほか
「江の安」定:カワハギ、アジ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:カワハギ、イナダ ほか

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:メジナ 240キロ ほか
「川奈釣船」:釣キンメダイ 30キロ
「下田漁港」:キンメダイ 80キロ
「西伊豆釣」:ヒラスズキ ほか

東方面からは、
「茅ヶ崎網」:イセエビ 若干

天気が良くて、空気が冷えて、水が澄んでて、魚が少ない。
まるで、賢者が魚市場にやってきたかのような瞬間だ。
こんな年末年始、人は動いても魚は動かないのだろうか。
んなこたあない。魚は必ずどこかにいる。今日もエサを求めて泳いでいる。
そのヒントと答えを求めて漁師は、今日も考え、悩み、反省し、漁に出て、釣り糸を垂れるのである。
今年は特に魚が少なかった印象の残る年であり、後半は特に低迷した記憶しか無い。
こんな年は早々におさらばで、とっとと新たな年を迎えて、心機一転蒔き直しと参りたい。

今日のヒラメ ・・・ 212枚
posted by にゃー at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする