2018_fespos.jpg

2017年01月28日

特大アカヤガラ

20170128_bigya.jpg
で、でかい。・・が、まるで大きさが伝わらない。


20170128_yanokuti.JPG長さで軽く1.5メートルを超え、太さで大人の二の腕並。口の大きさだけ見てもペットボトルが入りそう。
今まで獲れた「ヤガラ」の中でも、別格の大きさ。おそらく最大レベルでしょう。この手の魚は経験上、大きさに比例して食味も上がると思ってますので、きっと美味しいはず。

201701_masanosuke.jpg寿司にするったって、一体、何人分の握りが出来るのでしょうか?
このままぶつ切りにして丸かぶりすれば、ヤガラ100%の恵方巻きになりそうですが。
(c)まさのすけ
posted by にゃー at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魚市場を吹き抜けた春零番

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 500キロ、ウルメ 120キロ
       マイワシ 80キロ
「石橋」定置:カタクチイワシ 540キロ ほか
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:カタクチイワシ 230キロ、ウルメ 50キロ
       マイワシ 60キロ
「江の安」定:カタクチイワシ 50キロ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アカカマス、スズキ ほか

伊豆方面からは、
「真鶴釣船」:クロシビカマス 30キロ ほか
「西伊豆釣」:アマダイ、サザエ ほか
「式根漁港」:メジ 120キロ
「伊豆諸島」:メジ、キメジ ほか
「波浮漁港」:アブラボウズ 40キロ、キンメ 70キロ
「下田漁港」:キンメダイ 440キロ、メダイ 50キロ
       ナンヨウキンメ 130キロ、ブリ 50キロ

東方面からは、
「平塚定置」:ヤリイカ ほか
「松輪漁港」:アジ 30キロ、メダイ 25キロ

昨日吹き荒れた大風、未明には止んではいたものの、定置網も含めた翌朝の水揚げは全体に低迷。
陽気は暖かくなっていたが、魚たちを動き出させるには力が足りなかったようだった。
旧正月のスタートということで、一部で爆買いも期待される中、魚を求める傾向は強く、しかしその期待に添えられなかったかも知れないが、週明け以降には、月明けも含んで、季節的にも漁獲内容的にも新たな展開を迎えることとなるだろう。

今日のヒラメ ・・・ 61枚
posted by にゃー at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

魚市場に立ち塞がる休漁の壁

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 200キロ、ウルメ 80キロ
「石橋」定置:カタクチイワシ 80キロ ほか
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:カタクチイワシ 40キロ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:カタクチイワシ 40キロ、ウルメ 40キロ
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「真鶴釣船」:イナダ 170キロ
「下田漁港」:キンメダイ 130キロ
「式根島港」:メジ 120キロ ほか
「伊豆諸島」:キメジ 70キロ
「波浮漁港」:アブラボウズ 85キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 100キロ ほか
「茅ヶ崎網」:イセエビ 15キロ
「松輪漁港」:アブラボウズ 85キロ ほか
「江ノ島網」:タチウオ 100キロ ほか
「三崎釣船」:釣クロムツ 80キロ ほか

平塚から「マアジ」が来てますよ。意外に大きくて、肉付きも良い様ですよ。
「アブラボウズ(オシツケ)」もしっかり存在感を示していましたよ。
今朝は久々「カタボシイワシ」が見えましたよ。・・・いやな予感ですよ。
風がビュンビュン吹いてますし、明日も魚は少なそうな雰囲気ですよ。
でもって、今晩はNHKで小田原漁港が出るようですよ。みんな観てね、と。

今日のヒラメ ・・・ 289枚
ラベル:テレビ
posted by にゃー at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

理想はハイスペック魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 750キロ、イシダイ 30キロ
       カタクチイワシ 540キロ、ウルメ 210キロ
「石橋」定置:カタクチイワシ 200キロ、ウルメ 90キロ
       マイワシ 200キロ、イシダイ 30キロ
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:カタクチイワシ、ウルメイワシ ほか
「江の安」定:クロダイ、カタクチイワシ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:イナダ 200キロ、カワハギ 30キロ
「大磯」定置:サバ 70キロ、アジ 50キロ

伊豆方面からは、
「宇佐美釣」:釣キンメダイ、釣クロムツ ほか
「福浦釣船」:釣イナダ 70キロ
「下田漁港」:キンメダイ 50キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 170キロ ほか
「茅ヶ崎網」:イセエビ 若干

定置網の貧漁期に加えて、相次ぐ休漁。
獲れる魚は小さめ「イワシ」。
何お願いしたの?の問いに対して、答えるは一言。
「健康第一」

今日のヒラメ ・・・ 227枚
posted by にゃー at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

お祭り野郎魚市場の兄弟分

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 150キロ、ウルメ 50キロ
「石橋」定置:カタクチイワシ 50キロ、マイワシ 40キロ
「 岩 」定置:カタクチイワシ、ウルメイワシ ほか
「原辰」定置:カタクチイワシ 50キロ、ウルメ 60キロ
「江の安」定:アオリイカ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:カタクチイワシ、ウルメイワシ ほか
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「宇佐美釣」:釣キンメダイ 40キロ、釣メダイ 30キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 100キロ ほか
「茅ヶ崎網」:イセエビ 若干
「松輪漁協」:サワラ 70キロ ほか
「江ノ島網」:タチウオ 100キロ

小田原 ・・・ マナマコ(素潜) 150キロ

おやっさん。言うとったるがのう。
あんたぁ、はじめからワシらが担いどる神輿じゃないの。
国がここまでになんのに誰が汗ぇ流しとるんの。
神輿が勝手に歩ける言うんなら、歩いてみいや。おう!
ワシらの云うとおりにTwitterしとってくりゃあ、ワシらも黙って担ぐが。
のう、おやっさん。喧嘩はなんぼ銭があっても勝てんのでぇ!

今日のヒラメ ・・・ 319枚
posted by にゃー at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

魚市場のセンターは刺し腹

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イシダイ 120キロ、ウルメイワシ 320キロ
       マイワシ 180キロ、マルアジ 100キロ
       マルソウダ 240キロ、カタクチ 650キロ
「石橋」定置:カタクチイワシ 240キロ、マイワシ 100キロ
       マルアジ 50キロ、マルソウダ 120キロ
       ウルメイワシ 150キロ
「 岩 」定置:ウルメイワシ 1トン、マイワシ 70キロ
       カタクチ 50キロ、マルソウダ 100キロ
「原辰」定置:ウルメイワシ 60キロ、ヒラメ 30キロ
「江の安」定:マルアジ、マンボウ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:イボダイ、タチウオ ほか

伊豆方面からは、
「網代釣船」:釣アマダイ、釣マダイ ほか
「下田漁港」:キンメダイ 250キロ ほか
「真鶴釣船」:釣イナダ 100キロ ほか
「福浦釣船」:釣イナダ 50キロ ほか
「波浮漁港」:アブラボウズ 60キロ(2本)

東方面からは、
「平塚定置」:タチウオ 40キロ ほか

小田原 ・・・ マトウダイ(刺網) 100キロ

この季節、どうしても定置網に魚が少なくなる(冬枯れ)ため、近海魚の水揚げが少なくなるのですが、私は某大統領じゃございませんので、集荷した鮮魚の数量を水増しすることはございません。
しかし例外的にこの時期、漁獲が増える魚がございます。それが刺し網で漁獲された魚です。
この寒い季節には多くの回遊魚の動きが鈍くなり、相模湾周辺定置網の漁獲が激減するのですが、「ヒラメ」や「マトウダイ」、「アンコウ」といった底棲魚は産卵を控え、動きを活発化させます。そこで、それらの魚を狙って水深20〜100mのポイントに狙いを定めて刺し網を沈め、それらの魚の腹や首を引っかけて獲るのですが、定置網の魚が少ないこの季節にあって、貴重な白身だったり、貴重な鍋商材だったり、あまり定置網と漁獲がかぶらない大変重宝される魚が並びます。
その中にあって「マコガレイ」三営業日連続水揚げ(0.3〜0.7)あり。本日「タカアシガニ」今期初水揚げ。いよいよ「ムシガレイ」漁獲微増。など、さらにバラエティに富んだ顔ぶれでお客様の買付けを待っておりますので、市場に来られた際は、是非とも刺し網の魚売り場へお立ち寄り下さい。

今日のヒラメ ・・・ 401枚
posted by にゃー at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする