2017年01月13日

風をいたみ岩打つ波の魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イシダイ 50キロ、アオリイカ 50キロ
       サバ 80キロ
「石橋」定置:サバ、マルソウダ ほか
「 岩 」定置:スルメイカ、アオリイカ ほか
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アオリイカ 20キロ ほか

伊豆方面からは、
「網代定置」:イナダ 370キロ

東方面からは、
「平塚定置」:クロダイ 30キロ、スズキ 25キロ

寒波と一緒に押し寄せるは、強い北風。荒ぶる相模湾。沸き立つ荒波。出られぬ漁船に、所在なさげのカモメたち。「アオリイカ」の接近が唯一無二の救いとなるか。
そこで獲れない魚を取り合う魚屋。追い打ちを掛ける観光客。閉め出されるメディアに、迎合する経済界。
魚食を取り巻く状況は、いたずらに結論を急ぐ業界の必要悪。鋼の根比べが金言となり、あらゆる沈黙が争いを仲裁する。

今日のヒラメ ・・・ 196枚
posted by にゃー at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする