魚体中骨抜き器販売中

2017年01月30日

グソクムシの一種

gusock01.jpg
国府津沖で獲れた「活アンコウ」の肌に寄生していた謎の虫

gusock02.jpg
普段、「キアンコウ」に寄生しているのは「メナガグソクムシ」だが・・


コイツは明らかに目が繋がっていない。

何者か?なんか?
「オオグソクムシ」のマンカ幼生か?
脚を見れば良いのか・・・6対。

違う気がする。気がしてならない。
大きさは3センチくらいでほぼ同じだが、色あいはピンク色に近い「メナガ〜」よりはオレンジ色に近く、「オオグソクムシ」に近い色合い。

ただ、この手の小型の「グソクムシ」の仲間は世界各地での報告があり、どれがどれとすぐには言えないので、種の同定は現状無理。
とりあえず、餌をやって大きくしてみますね♪
posted by にゃー at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メナガグソクムシ

20160322_mng01.JPG
どうかひとつ長い目で見てやって下さい


この虫を称して多くの人は「天才バカボン」に出てくる「おまわりさん」を引き合いに出すのだが、どうしても私は、現日本喜劇人協会会長「小松政夫氏」のギャグを思わずにはいられないのだ。「TOM★CAT」知ってる人はいるのかなあ。

20160322_mng03.JPG沿岸の刺し網漁で獲れる「キアンコウ」の約2%に付着(寄生)する「グソクムシ」の仲間です。
体長はわずかに3センチ前後ですから、気付かないことも多いのですが、多くが大きめの「アンコウ」の胸びれ周辺に着いていることから、注意していれば見つけることが出来ます。

20160322_mng02.JPG寄生するライフスタイルを基調としていることから、やはり脚には爪があり、一旦宿主から離れると一目散に泳ぎだして、次の宿主を求め、グルグルと泳ぎ回ります。
その俊敏に泳ぐ姿は、グソクムシ界の大御所「オオグソクムシ」とはまるで異なる動きを示しますが、

分類上、等脚目-ウオノエ亜目-と続いて・・・
「オオグソクムシ」は スナホリムシ上科-スナホリムシ科。
「メナガグソクムシ」は ウオノエ上科-グソクムシ科-グソクムシ属。
2017_buto.jpgちなみに「タイノエ」は ウオノエ上科-ウオノエ科-ヒゲブトウオノエ属。

というように、大まかな種類は同じとは言え、異なる科に属するまったくの別種ということになり、その生活様式も寄生であったり、単独生活をするものであったりと、様々なのである。
こちらは活発に遊泳はするが、いくら泳いでも宿主が見つからないと言うときは、あきらめて、砂に潜り、一旦休むこともあるらしい。
posted by にゃー at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイノエ

201612_tainoa1.JPG
ぺろっと出てくる謎の白い物体


アカムツノエ」は以前に紹介いたしましたが、同じ「ウオノエ」の仲間でも「マダイ」などに寄生する種類が、この「たいのえ」 です。

「アカムツノエ」に比べ背中が扁平で、口から摂取した獲物の溜飲を平滑にする工夫が成されています。

201612_tainoa2.JPG「ウオノエ」らしく各脚には鋭いかぎ爪が備わっており、「マダイ」の口内のど真ん中にがっしりとポジションをキープします。まさに「マダイ」の中の「川島永嗣」。

放り込まれるあらゆるシュートを逃しません。
「マダイ」にとって頼もしいのか、厄介者なのか。

ま、歓迎はしていないでしょうけど。

自分の口にこんなのがいたら・・・と思うと、ゾッとしますね。
posted by にゃー at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魚市場の初乗り運賃は青天井

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 400キロ、サバ 120キロ
       ウルメイワシ 50キロ、マルアジ 100キロ
「石橋」定置:サバ 60キロ、カタクチイワシ 270キロ
       マルアジ 60キロ、マイワシ 60キロ
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:イシダイ、カタクチイワシ ほか
「江の安」定:メジナ 45キロ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:イナダ 280キロ ほか
「大磯」定置:カタクチイワシ 60キロ ほか

伊豆方面からは、
「川奈釣船」:釣キンメダイ 100キロ
「宇佐美釣」:釣クロムツ、釣メダイ ほか
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 45キロ ほか
「真鶴釣船」:釣イナダ 200キロ
「福浦釣船」:釣イナダ 150キロ
「伊豆諸島」:メダイ 160キロ、キメジ 50キロ
       ムツ 50キロ、キンメダイ 50キロ
「下田漁港」:キンメダイ 320キロ、メダイ 180キロ
       ナンヨウキンメ 130キロ、イサキ 80キロ
       ワラサ 100キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 140キロ ほか
「茅ヶ崎網」:イセエビ 若干

小田原 ・・・ マナマコ 40キロ

小田原の西方には「イナダ」なども見えていたが、2月を目前にしてそろそろ小型「イワシ」が呼び込むフィッシュイーターの増加を期待し、定置網に初乗りした際には、安値でなく、高値になって欲しいと願うばかり。
一方、今朝の「石橋」や「米神」定置で獲れた「サバ」の約9割は「マサバ」だった。それほど小さいサイズは少なく、意外にも付きの良いところが含まれており、思わず手に取りたくなる魚だった。群れ自体小さく、続きそうにはないが、また獲れたら、是が非でも買い付けたい魚である。

今日のヒラメ ・・・ 141枚
posted by にゃー at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする