2017年03月28日

春の魚市場世話物狂言

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 2.4トン、イシダイ 100キロ
       カタクチイワシ 1.9トン、サバ 100キロ
       スズキ 40キロ
「石橋」定置:マイワシ 350キロ、サバ 260キロ
       小サバ 350キロ、イシダイ 90キロ
       カタクチイワシ 180キロ、スズキ 40キロ
「 岩 」定置:イシダイ 200キロ、クロダイ 80キロ
      カタクチイワシ 160キロ、サバ 60キロ
      マイワシ 150キロ、ボラ 90キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 860キロ ほか
「江の安」定:カタクチイワシ 210キロ、メジナ 50キロ
「二宮」定置:カタクチイワシ 100キロ、ヒラメ 30キロ
       イシダイ 120キロ
「福浦」定置:カタクチイワシ 100キロ、サバ 50キロ
       ヒラマサ 50キロ
「大磯」定置:アカカマス 220キロ、マイワシ 50キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:クロダイ 250キロ、ボラ 240キロ
「真鶴定置」:サワラ 180キロ
「山下丸網」:アジ 130キロ、ボラ 320キロ
       イシダイ 40キロ、サバ 50キロ

伊豆先から主役の「アジ」は近付いているし、「ヒラマサ」は数本ずつ顔を出す。「サワラ」のまとまりが獲れた話も聞こえてくるし、「マダイ」に続いて「クロダイ」や「メジナ」の乗っ込みも急増。「スズキ」や「カマス」など種類の増加と共に春の魚が固まってきた。
そこへ割り込む「カタクチイワシ」が気になるが、魚が増えるよ増えるよと言いながら、気がつけばいつの間にやらもう4月。。例年なら今頃から冬の終わりの「ワラサ」祭りが始まる頃だが、桜の開花が足踏みをしている様に月明けのタイミングを見計らっているのだろう。
みんなの顔が揃ったら、入学式と歓迎会だ。

今日のヒラメ ・・・ 241枚
posted by にゃー at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする