2017年04月25日

まんまん満足、魚市場満足

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ワラサ 37トン(7546本)、サバ 60キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ワラサ 7トン、アオリイカ 110キロ
       アジ 80キロ、スルメイカ 70キロ
       サバ 70キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 90キロ、ワラサ 50キロ
       アオリイカ 40キロ
「江の安」定:カタクチイワシ 140キロ ほか
「二宮」定置:ワラサ 5.5トン、サバ 60キロ
「福浦」定置:ヒラマサ 50キロ、サバ 40キロ
「大磯」定置:アジ 180キロ、サバ 150キロ
       アカカマス 350キロ

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:イナダ 1.2トン、サワラ 80キロ
「伊東釣船」:釣キンメダイ 100キロ ほか
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 210キロ ほか
「富戸刺網」:イセエビ 80キロ ほか
「沼津底曳」:マダイ 50キロ ほか
「西伊豆釣」:釣マアジ、釣イサキ ほか

和歌山 ・・・ 釣カツオ 530キロ

ハァッ!
ってくらいなもんで、およそ一万本もの「ワラサ」に埋め尽くされた今朝の小田原漁港は、確実に魚市場に出入りする人間、カモメ、野良猫、観光客、メッシの通算ゴールを遙かに超えた、近年まれに見る超絶の水揚げを記録しました。
「ワラサ」を漢字で書くと「稚鰤」、まさに「お稚鰤行列」とでも言うべき微笑ましさ。これでまだ獲りきっていないというのだから空恐ろしい。遅れてきたフィーバーの勢いはどこまで続くのだろうか。興奮して朝も夜も寝られない(昼に寝ている・・)。

今日のヒラメ ・・・ 265枚
posted by にゃー at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする