2017年05月30日

魚市場の年度末はアジ待つわ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 240キロ、カタクチイワシ 220キロ
「石橋」定置:アジ 170キロ、カタクチイワシ 170キロ
「 岩 」定置:アジ 90キロ、カタクチイワシ 60キロ
「原辰」定置:ヒラマサ 160キロ、カタクチ 100キロ
「江の安」定:マイワシ 120キロ、カタクチ 100キロ
「二宮」定置:アジ 270キロ、アカカマス 50キロ
「福浦」定置:アジ 140キロ、ワラサ 65キロ
       トビウオ 90キロ、アオリイカ 40キロ
「大磯」定置:アカカマス 100キロ、ワラサ 170キロ

伊豆方面からは、
「山下丸網」:イサキ 300キロ、ワラサ 170キロ
       サバ 70キロ
「伊東釣船」:釣キンメダイ 60キロ
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 260キロ ほか
「西伊豆釣」:釣イサキ 160キロ ほか
「下田漁港」:キンメダイ 280キロ ほか

東方面からは、
「江ノ島網」:アカカマス 550キロ

「キンメ」はコンセントレーティング・イン・マーケット。「カマス」はみんなと一緒にギャザリング。「イサキ」と一緒にトゥギャザーしようぜ。そして「トビウオ」の競りは、まるでフライング・ボディ・アタック。気になる「アジ」はボリューム・ダウン。今年は出現が遅れた「小田原アジ」、獲れる期間も後へ伸びると良いのだが、6月の獲れ高が来期の実績のスタートダッシュを左右する。

今日のヒラメ ・・・ 61枚
posted by にゃー at 23:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

魚市場の高安はまちまち

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 1.3トン、カタクチイワシ 1トン
「石橋」定置:アジ 710キロ、カタクチイワシ 500キロ
       スルメイカ 80キロ、サバ 50キロ
「 岩 」定置:アジ 360キロ、カタクチイワシ 800キロ
       ボラ 250キロ、イシダイ 80キロ
       トビウオ 40キロ、メジナ 40キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 1.9トン、アジ 50キロ
       マイワシ 70キロ
「江の安」定:アジ 350キロ、マイワシ 160キロ
       カタクチイワシ 110キロ
「二宮」定置:アジ 1.2トン、カタクチイワシ 1.4トン
       ワラサ 50キロ
「福浦」定置:イナダ 200キロ、ワラサ 1.2トン
「大磯」定置:アジ 80キロ、カタクチイワシ 500キロ
       マイワシ 140キロ、アカカマス 60キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:メジナ 50キロ ほか
「山下丸網」:ワラサ 660キロ、アジ 140キロ
       イナダ 340キロ、サバ 120キロ
       イサキ 60キロ

東方面からは、
「江ノ島網」:アジ 190キロ、アカカマス 1.7トン

地元定置は「小田原アジ」が100グラム前後の人気サイズ中心で良く獲れ、全体に相場を牽引。ただし大型サイズを中心に市場のダブつきが影響して反落も。「カタクチイワシ」に混じって獲れた影響もあり、全体的に上場が遅れ、市場のプライムタイムを逸した魚に関しては安値更新もあるが、人気サイズは総じて高値を維持。
その他魚種は、「イナダ」など基本的に量が少なく値幅の少ない相場を形成していたが、「ワラサ」や「イワシ類」については量も多くて安値圏。
しかし漁の傾向は増量傾向とまでいかず、今後も逓減推移と思われる。

今日のヒラメ ・・・ 53枚
posted by にゃー at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

出会い系魚市場(BAR)

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 510キ、ウルメイワシ 220キロ
「石橋」定置:アジ 800キロ ほか
「 岩 」定置:アジ 820キロ、スルメイカ 40キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 500キロ ほか
「江の安」定:アジ 120キロ、カタクチイワシ 200キロ
「二宮」定置:アジ 750キロ、サバ 90キロ
       ワラサ 50キロ
「福浦」定置:ワラサ 430キロ、サワラ 150キロ
       トビウオ 310キロ、サバ 70キロ
「大磯」定置:アジ 80キロ、ワカシ 40キロ

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:アジ 530キロ ほか
「川奈杉本」:メジナ 80キロ、トビウオ 40キロ
       イシダイ 30キロ、イナダ 30キロ
「山下丸網」:イサキ 360キロ、サバ 70キロ
       ワラサ 140キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ ほか
「下田漁港」:キンメダイ 600キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 120キロ
「江ノ島網」:アジ 100キロ、アカカマス 210キロ
       スルメイカ 80キロ

今年は出遅れが懸念されたが、なんとか5月に入って無事「小田原アジ」に出会うことができた。そのお陰もあって「アジ・地魚まつり」は無事終了。今月はなんとか「アジ」が締めてくれそうで、今や各定置網の漁獲も「アジ」が中心となって「アジs・イン・サガミ・ワンダーランド」といった様相。
ただ、ここへ来て「アジ」の大きさが全体に増し増しなっているのは気になるが、今年は「アジ」の群れ自体が小さく、群れが一過性なこともあり、来週獲れる「アジ」が同じくらい大きいサイズかというと微妙だ。一週間前に獲れていた「アジ」は100/120サイズが多かったこともあり、来週以降に獲れるサイズも日々変化することが予想される。
市場としては「アジ」が獲れるに越したことはなく、また売れるサイズ、売りやすいサイズの「アジ」が獲れるに越したこともないが、何より「アジ」が獲れてくれることが一番なので、大きなことは言わないので、程よく小さい「アジ」が獲れますようにと謙虚に祈りたいこの頃である。

今日のヒラメ ・・・ 52枚
posted by にゃー at 21:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

だけんど魚市場で売ってるら

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 170キロ、マルソウダ 50キロ
       スルメイカ 35キロ、ヒラマサ 40キロ
「石橋」定置:アジ 930キロ、スルメイカ 50キロ
「 岩 」定置:アジ 790キロ、マルソウダ 70キロ
       イシダイ 120キロ、スルメイカ 100キロ
       メジナ 40キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 60キロ、スルメ 90キロ
       メジナ 40キロ
「江の安」定:アジ 230キロ、カタクチイワシ 60キロ
「二宮」定置:アジ 700キロ ほか
「福浦」定置:ワラサ 480キロ、イナダ 700キロ
「大磯」定置:アジ 150キロ、ワカシ 220キロ
       マルアジ 60キロ、アカカマス 50キロ

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:イナダ 200キロ、サワラ 180キロ
「山下丸網」:アジ 230キロ、イサキ 370キロ
       サバ 150キロ
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 250キロ ほか
「川奈釣船」:釣クロムツ 40キロ ほか
「西伊豆釣」:釣イサキ 45キロ ほか
「沼津底曳」:マダイ 60キロ ほか
「下田漁港」:キンメダイ 200キロ、イサキ 40キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 150キロ ほか
「江ノ島網」:アジ、アカカマス ほか

和歌山 ・・・ 釣キンメダイ 220キロ

今朝は「岩」定置に「イシダイ」が活魚で100キロ余り。ここのところも各地の定置網に数十キロくらいずつ顔を見せており、フト気が付けば、ほぼ半年にわたって「イシダイ」は獲れ続けている。この時期、水温の上昇、餌の変化を受けて身肉に磯臭さを纏うと言われるが、人によってはそれを風味と呼び、更にはコクと呼び尊ぶ向きもあるという。最早「イシダイ」を見ない日はなく、「小田原アジ」に次ぐ小田原の「プライド・フィッシュ」として、さらに市民の魚として、県の魚としても、その座を確固たるものにしております。
まだ間に合います。小田原の「イシダイ」を味わいに是非。

今日のヒラメ ・・・ 37枚
posted by にゃー at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

魚市場兵士読本「満腹時計」

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 780キロ、カタクチイワシ 60キロ
「石橋」定置:アジ 2.4トン、スルメイカ 90キロ
「 岩 」定置:アジ 1.2トン、スルメイカ 70キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 470キロ、アジ 180キロ
「江の安」定:アジ 230キロ、カタクチイワシ 180キロ
「二宮」定置:アジ 1.1トン、ワラサ 70キロ
       サバ 80キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ 160キロ、カタクチイワシ 250キロ
       マルアジ 60キロ、アカカマス 60キロ

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:サワラ・サゴシ 160キロ ほか
「川奈杉本」:メジナ、カタクチイワシ ほか
「西伊豆釣」:釣イサキ 150キロ ほか
「山下丸網」:ワラサ 560キロ、イナダ 360キロ
       イサキ 100キロ、アジ 110キロ
       小ムツ 40キロ、サバ 60キロ
「下田漁港」:キンメダイ 200キロ ほか

東方面からは、
「江ノ島網」:アカカマス 30キロ

小田原周辺、各地の定置網で「小田原アジ」が顔を出しています。一時の東方面の隆盛は過去のものとなり、今や完全に「アジ」の棲息中心は小田原沖。このまま安定して、来月いっぱいくらいまで獲れてくれれば良いのですが、そうはウマく行かないのが世の常。そこをウマくやる能力を市場では馬力という。英語表記でHP=ハタラケ・パープーの略。

今日のヒラメ ・・・ 83枚
posted by にゃー at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

流星魚市場、応答せよ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 150キロ、シイラ 210キロ
       スルメイカ 60キロ
「石橋」定置:アジ 700キロ、ウルメイワシ 50キロ
       スルメイカ 50キロ
「 岩 」定置:ヒラマサ 720キロ、アジ 140キロ
       シイラ 140キロ、スルメイカ 70キロ
       メジナ 60キロ、イシダイ 40キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 110キロ ほか
「江の安」定:アジ 90キロ ほか
「二宮」定置:アジ 1トン、ワラサ 80キロ
「福浦」定置:スルメイカ 100キロ、トビウオ 60キロ
       シイラ 60キロ、サバ 60キロ
       ヒラマサ 40キロ
「大磯」定置:カタクチイワシ 50キロ ほか

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:サワラ 170キロ、アンコウ 60キロ
「山下丸網」:イナダ 280キロ、ワラサ 130キロ
       サバ 50キロ
「熱海丸網」:カマス 80キロ、カタクチイワシ 80キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ、アカカマス ほか
「腰越釣船」:釣アカアマダイ 若干
「江ノ島網」:アカカマス 120キロ、サザエ 50キロ

20170523_akmutts.JPG「アカムツ」泳ぐイケスの輝きはルビーかガーネットか、赤珊瑚。
まさに泳ぐ宝石、暁暗に一閃、紅の流れ星。今朝も安定の五桁。

今日のヒラメ ・・・ 50枚
posted by にゃー at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする