2017年05月29日

魚市場の高安はまちまち

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 1.3トン、カタクチイワシ 1トン
「石橋」定置:アジ 710キロ、カタクチイワシ 500キロ
       スルメイカ 80キロ、サバ 50キロ
「 岩 」定置:アジ 360キロ、カタクチイワシ 800キロ
       ボラ 250キロ、イシダイ 80キロ
       トビウオ 40キロ、メジナ 40キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 1.9トン、アジ 50キロ
       マイワシ 70キロ
「江の安」定:アジ 350キロ、マイワシ 160キロ
       カタクチイワシ 110キロ
「二宮」定置:アジ 1.2トン、カタクチイワシ 1.4トン
       ワラサ 50キロ
「福浦」定置:イナダ 200キロ、ワラサ 1.2トン
「大磯」定置:アジ 80キロ、カタクチイワシ 500キロ
       マイワシ 140キロ、アカカマス 60キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:メジナ 50キロ ほか
「山下丸網」:ワラサ 660キロ、アジ 140キロ
       イナダ 340キロ、サバ 120キロ
       イサキ 60キロ

東方面からは、
「江ノ島網」:アジ 190キロ、アカカマス 1.7トン

地元定置は「小田原アジ」が100グラム前後の人気サイズ中心で良く獲れ、全体に相場を牽引。ただし大型サイズを中心に市場のダブつきが影響して反落も。「カタクチイワシ」に混じって獲れた影響もあり、全体的に上場が遅れ、市場のプライムタイムを逸した魚に関しては安値更新もあるが、人気サイズは総じて高値を維持。
その他魚種は、「イナダ」など基本的に量が少なく値幅の少ない相場を形成していたが、「ワラサ」や「イワシ類」については量も多くて安値圏。
しかし漁の傾向は増量傾向とまでいかず、今後も逓減推移と思われる。

今日のヒラメ ・・・ 53枚
posted by にゃー at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする