2017年06月08日

豚は走れ魚市場の鯵は転がれ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 210キロ、マイワシ 630キロ
       ワカシ 100キロ、ウルメイワシ 50キロ
「石橋」定置:アジ 1トン、サバ 160キロ
       マイワシ 270キロ、ワカシ 60キロ
「 岩 」定置:アジ 660キロ、サバ 170キロ
       スルメイカ 550キロ
「原辰」定置:アジ 310キロ、ヒラマサ 600キロ
「江の安」定:カタクチイワシ 50キロ ほか
「二宮」定置:アジ 320キロ、サバ 200キロ
       カタクチイワシ 120キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ 170キロ、ワカシ 300キロ
       サバ 70キロ、アカカマス 60キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:アカカマス 110キロ、メジナ 70キロ
「真鶴定置」:ワラサ 420キロ、サワラ 60キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ 90キロ ほか

東方面からは、
「江ノ島網」:ワラサ 50キロ、アカカマス 30キロ

和歌山船・・釣キハダ 210キロ、釣カツオ 100キロ
湘南方面 ・・・ 生シラス 250キロ

一方で連勝続けば、一歩で連敗が続く。そんな小田原は連日「アジ」が大盛況。良く太った「小田原アジ」はまるでブタのようであり、コロコロと丸まった肉付きは旬の証拠。逃げたブタは捕まらないが、良く肥えた「アジ」は網に入ります。どちらにしても獲れたり獲れなかったりを繰り返しながら、徐々に夏へと向かいます。
posted by にゃー at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする