2017_fespos.jpg

2017年07月24日

魚市場はワカシの城下町

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 100キロ、サバ 670キロ
       小サバ 800キロ
「石橋」定置:ワカシ 950キロ、サバ 340キロ
「 岩 」定置:ウルメイワシ 150キロ、サバ 200キロ
       小サバ 300キロ
「原辰」定置:サバ 180キロ ほか
「江の安」定:マイワシ 140キロ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:サバ 900キロ、ワカシ 300キロ
「大磯」定置:アジ 600キロ、ワカシ 1.3トン
       サバ 110キロ、小サバ 1.2トン

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:キハダ 220キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 190キロ、マイワシ 100キロ
       サバ 90キロ

その昔「欲しい!は何でも知っている」と唄った流行歌があったような、なかったような。
「地魚が欲しい」と期待して仕入れに来た週明けの小田原は、すっかり夏の暑さで地魚が姿を消し、まさに「おだわら・なつがれ」そのまま。辛うじて「ぼくのイワシはフィーバー」してるが、欲しい気持ちは空回り。それでも仕入れは止まらない。止まらない時は「ストッパ下痢止め」。
うんちは「体からの手紙」と教えられた人も多かろうが、黄色いジャージを纏ったかのような「ワカシ」はすぐに漏らすから嫌われ者。だから、みんなで「グッド・バイ・マイ・ラブリ」。
ところで、海の「平尾昌晃」こと「ヒラマサ」は、春の魚といわれますが、夏の今でも出ることはあります。
各地で養殖モノも出回っていますし、便利に使える魚として定着しつつあるようです。
posted by にゃー at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

魚市場に蔓延するジャナイ感

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 1.5トン、ウルメイワシ 270キロ
       サバ 200キロ、アジ 70キロ
       ヤマトカマス 40キロ
「石橋」定置:ウルメイワシ 140キロ、マイワシ 600キロ
       ワカシ 880キロ、サバ 90キロ
「 岩 」定置:マイワシ 5.5トン、小サバ 2.3トン
       サバ 140キロ
「原辰」定置:マイワシ 2.4トン、カタクチ 80キロ
「江の安」定:マイワシ 160キロ、ウルメイワシ 70キロ
「二宮」定置:アジ 520キロ、小サバ 460キロ
「福浦」定置:マイワシ 6トン、サバ 130キロ
       サワラ 90キロ
「大磯」定置:アジ 570キロ、ワカシ 390キロ
       小サバ 400キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 200キロ
「茅ヶ崎船」:釣カツオ 240キロ
「江ノ島網」:釣カツオ 670キロ、サワラ 50キロ
「片瀬沖曳」:生シラス 140キロ
「佐島釣船」:釣カツオ 500キロ、釣キハダ 70キロ

和歌山船・・・釣キハダ 190キロ、釣キンメ 70キロ

黒潮の流向が相模湾向きになり魚の量が増えて嬉しいけれど、釣れる「カツオ」は小さめ主体で、獲れる「マイワシ」はさらに小さく、売れる「サワラ」に、人気の「アジ」は増えてこない。コレジャナイ感。
「日本橋」は「はりまや橋」とならぶ、橋のガッカリスポット。行ってみて知る日陰の道路元標。コレジャナイ感。
首都高が地下化されれば「日本橋魚市場」の繁栄が帰ってくるか。再び日の目を見る事になるだろう。
昭和時代の「君の名は」、平成時代の「君の縄」に次ぐ、新時代の「大君の名」とそこで出会う事になるだろう。
そして、小田原のガッカリスポット「御幸の浜」。昔の賑わいと海岸の広さの話を聞かされた者として、失われた風景への憧憬は色褪せない。西湘BPをくぐり抜け目の前に現れる猫の額ほどの砂浜。コレジャナイ感。
思い切って西湘BPの地下化を推し進め、昔の砂浜を取り戻そう。もちろんその際には飯泉取水堰は開放の運びで。
posted by にゃー at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

魚市場の大漁も邯鄲の夢

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 2.7トン、サバ 160キロ
       ヒラソウダ 50キロ、イサキ 40キロ
「石橋」定置:マイワシ 1.9トン、ワカシ 260キロ
「 岩 」定置:マイワシ 6.9トン、小サバ 320キロ
       アジ 40キロ、サバ 80キロ
「原辰」定置:マイワシ 2.5トン ほか
「江の安」定:マイワシ 270キロ、ウルメイワシ 160キロ
       カタクチイワシ 60キロ
「二宮」定置:マイワシ 280キロ、アジ 150キロ
       小サバ 170キロ、ワカシ 160キロ
       アカカマス 100キロ、サバ 60キロ
       ショウゴ 50キロ
「福浦」定置:マイワシ 7トン、サバ 40キロ
「大磯」定置:アジ 300キロ、ワカシ 390キロ
       マイワシ 200キロ、小サバ 190キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:ヒラマサ 350キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 45キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 40キロ
「江ノ島網」:釣カツオ 810キロ、アジ 180キロ

あちこちから挙がる歓声、阿鼻叫喚。
「まあ!イワシ」「あら!イワシ」「おや!イワシ」「また!イワシ」
でもって、やっぱり「まあ!イワシ」
と言う訳で今朝も「マイワシ」が安定の漁獲。
いつまで続く「マイワシ」の山。
終わったときに欲しがっても知らないよ。
posted by にゃー at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

二重国籍の黄肌が彩る魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 840キロ、ウルメイワシ 200キロ
       ワカシ 140キロ、小サバ 200キロ
       アジ 50キロ、スルメイカ 40キロ
「石橋」定置:マイワシ 360キロ、小サバ 100キロ
「 岩 」定置:マイワシ 1.9トン、小サバ 270キロ
       ウルメイワシ 150キロ
「原辰」定置:マイワシ 1.2トン、マンボウ 60キロ
       カタクチイワシ 140キロ、ワカシ 50キロ
「江の安」定:マイワシ 120キロ、ウルメイワシ 50キロ
       カタクチイワシ 80キロ
「二宮」定置:アジ 1トン、サバ 1トン
       ワカシ 50キロ
「福浦」定置:サワラ 790キロ、ワカシ 130キロ
       トビウオ 60キロ
「大磯」定置:ワカシ 560キロ、アジ 210キロ
       マイワシ 180キロ、小サバ 160キロ
       アカカマス 40キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 50キロ
「江ノ島網」:釣カツオ 440キロ、アジ 60キロ
「片瀬沖曳」:生シラス 120キロ

和歌山船 ・・・ 釣キハダ 980キロ

スミス島」と言って「ああ、あの島ね」とピンと来る人は世間にどのくらいいるのでしょうか。
漢字で書くと「須美寿島」。立派な東京都なのですが。
と言う事は、その近海で獲れた「キハダ(マグロ)」は「東京都、魚」?いや小田原漁港で水揚げしたのだから「神奈川(小田原)産」になる?
あらま、魚の国籍は一体どうなるの?とお思いでしょうか。
答えは「生鮮魚介類の生産水域名の表示のガイドライン」にありました。
一番簡単なのは「小田原」の港に揚がったのだから「小田原産」と言いたいところですが、沖で釣られた「マグロ類」は、実際の海域は小田原からはかなりの距離があり、やはり「小田原産」と言うには無理がある。
まずは漁獲された海域を記載。つまり「相模湾沖」、「東京都沖」、「日本太平洋中部」、「伊豆諸島沖」、「八丈島沖」あたりになるか。この場合どれでも良さそうだが、「相模湾沖」、「東京都(沖)産」だと地名の通りは良いが、チョット距離的に難がある。となると「太平洋」か「八丈島」ぐらいが妥当な表現なのか。
ま、「マグロ類」などの場合、魚を追いかけて広い海域を釣り渡ることもあるので、その意味で水揚げ漁港を併記(この場合「小田原港(神奈川県)水揚げ」)も可能ということなので、分かり易くなるのではないか。
それにしても「八丈島」の先から相模湾の最奥、「小田原」の港まで帰ってくるだけでも大変というのに、道もない海原、よくまあ無事に辿り着くものである。ま、今の時代、GPSやら自動運転やらあるのは承知ですが。
冒頭の「須美寿島」ですが、漁師ならともかく、一般の人が近寄る事は「」の付くぐらいの釣り好きでもなければ、まずできないでしょう。ただし豪華客船「飛鳥U」のグアム・サイパンクルーズなどの中には、周辺の伊豆諸島の奇岩や小島に接近するルートを取る事があるらしいので、興味があってお金もあるという人は是非乗ってみて欲しい。
posted by にゃー at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

小物なる魚市場のほとり

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 2トン、ワカシ 260キロ
       小サバ 300キロ、ウルメイワシ 230キロ
       サバ 100キロ
「石橋」定置:ワカシ 1.1トン、マイワシ 950キロ
       サバ 60キロ、ウルメイワシ 60キロ
「 岩 」定置:マイワシ 820キロ、ワカシ 270キロ
       アジ 120キロ、ウルメイワシ 110キロ
       小サバ 170キロ、カタクチイワシ 90キロ
「原辰」定置:マイワシ 560キロ、小サバ 180キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:ワカシ 620キロ、サワラ 270キロ
       サバ 150キロ、カツオ 100キロ
「大磯」定置:ワカシ 1.8トン、小サバ 200キロ
       アジ 220キロ、ショウゴ 40キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:ワラサ 2.5トン
「沼津底曳」:マダイ 40キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 260キロ
「江ノ島網」:釣カツオ 820キロ ほか

「ショウゴ(カンパチの子)」がチラチラ見えているけど、秋に出てくる「ショウゴ」の前段階なので、サイズ的にもまだまだ子ども。やっと「ショウイチ」もしくは「ネンチョウ」くらいがいいところ。
そのせいもあってなかなか商流に乗りにくい。今年は「イワシ」や「ワカシ」も含め、小さすぎる魚が多すぎる。量獲れるのは良いとしても、値段も小さく悩ましい。で、記事としての扱いも極小となる。
posted by にゃー at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

生き方上手の魚市場になれ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 4.1トン、小サバ 2.5トン
       アジ 380キロ、スルメイカ 90キロ
       ワカシ 70キロ
「石橋」定置:ワカシ 3.1トン、マイワシ 2.3トン
       小サバ 1.4トン、アジ 300キロ
       サバ 350キロ
「 岩 」定置:マイワシ 3.5トン、小サバ 1トン
       ワカシ 520キロ、アジ 120キロ
「原辰」定置:マイワシ 590キロ、ワカシ 390キロ
「江の安」定:マイワシ 1トン ほか
「二宮」定置:アジ 940キロ、小サバ 2.2トン
       サバ 430キロ、ワカシ 100キロ
       アカカマス 110キロ、ショウゴ 60キロ
「福浦」定置:ワカシ 240キロ、サバ 160キロ
       チダイ 40キロ
「大磯」定置:ワカシ 3.1トン、アジ 480キロ
       アカカマス 120キロ、小サバ 400キロ
       ショウゴ 200キロ、サバ 70キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:カツオ、トビウオ ほか
「山下丸網」:イサキ 170キロ、イナダ 70キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 970キロ
「江ノ島網」:アジ 220キロ ほか

連休明けて「アジ」もあり、「サバ」もあり、そして「イワシ」と「ワカシ」がありまくり。
最近、伊豆から小田原にかけて定置網に良型の「キハダ」や「カツオ」などが入り込んでおりますが、今朝は「スマ」も一本見えました。今年は沿岸の釣りも盛り上がるでしょうか。
その他、白身の魚たちはすっかり影薄く、貴重品となりつつあるも、夏のこの時期、致し方なし。
しかし赤身の魚にはDHAやEPAが多く含まれておりますから、積極的に摂取することで生活習慣病の予防に効果を発揮します。もちろん、あの日野原先生もご推奨くださることでしょう。さらにヘモグロビンや鉄分も多く、貧血予防にも最適。どんどん「アジ」、「サバ」食べて、夏バテ知らず。
posted by にゃー at 14:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

成功する魚市場は粘り強い

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 5.1トン、ワカシ 370キロ
       アジ 70キロ、サバ 360キロ
「石橋」定置:アジ 210キロ、ウルメイワシ 510キロ
       小サバ 200キロ、サバ 80キロ
       マイワシ 1.8トン、ワカシ 470キロ
「 岩 」定置:マイワシ 4トン、ウルメイワシ 130キロ
       アジ 80キロ、トビウオ 30キロ
「原辰」定置:マイワシ 2.3トン ほか
「江の安」定:マイワシ 500キロ、ウルメイワシ 110キロ
「二宮」定置:アジ 470キロ、小サバ 540キロ
       サバ 90キロ
「福浦」定置:サワラ 2.7トン、ワカシ 250キロ
       サバ 80キロ、カツオ 70キロ
       アジ 75キロ、トビウオ 40キロ
「大磯」定置:アジ 330キロ、ワカシ 640キロ
       サバ 130キロ、ショウゴ 50キロ

伊豆方面からは、
「山下丸網」:アジ 100キロ、イナダ 40キロ
       小ムツ 40キロ、イサキ 40キロ
「川奈杉本」:メジナ 60キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 600キロ、サバ 50キロ
「江ノ島網」:アカカマス、小ムツ ほか
「佐島釣船」:釣カツオ 300キロ

軽トラの荷台に載せていた「ブリ」が一本、弾みで高速道路に落ち、そのまま拾った人がいるとかいないとか。
「サワラ」を片手に持ち、バイクに乗って帰り、そのまま銃刀法違反で検挙された人がいるとかいないとか。
「マグロ」の頭を車に結びつけられ、知らぬまま市場から家へ帰っていった人がいるとかいないとか。
トラックの荷台から大量の活きた「ヌタウナギ」が散乱し、粘液で次々車がスリップするという事故があったとか・・あった
posted by にゃー at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

今が魚市場のセーブポイント

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ・ウルメイワシ 17トン
       小サバ 1トン
「石橋」定置:マイワシ・ウルメイワシ 2トン
       小サバ 150キロ、アジ 70キロ
       小イサキ 80キロ、ウルメイワシ 50キロ
       ワカシ 100キロ
「 岩 」定置:ウルメイワシ 1.4トン、小サバ 120キロ
       カタクチイワシ 100キロ、アジ 40キロ
「原辰」定置:カタクチ 250キロ、マイワシ 950キロ
「江の安」定:マイワシ 120キロ、カタクチ 30キロ
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:ワカシ 1.5トン、サバ 630キロ
       カツオ 50キロ、トビウオ 50キロ
「大磯」定置:アジ 250キロ、アカカマス 350キロ
       ワカシ 310キロ、小サバ 140キロ
       サバ 60キロ、ショウゴ 40キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:ヒラマサ 150キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 500キロ
「片瀬沖曳」:生シラス 190キロ

神津島船 ・・・ 釣キンメダイ 1トン
和歌山船・・・釣キハダ 740キロ、釣カツオ 80キロ

一体誰が「こんな魚たちに負けるわけにはいかない」なんて宣ったのか。
「イワシ」の怒りの大逆襲が始まってしまった。「ヒラゴイワシ」を筆頭に「ウルメイワシ」と「カタクチイワシ」、そして「シラス」までも引き連れた「イワシ」の大連合が市場を青一色に染めてしまっている。
弱者の武器は団結である。市場前の「鰯デモ」は列を成し、押し寄せる波の如く次から次へとやってくる。その時、暴動鎮圧の為に我々が取るべき行動は何か。催涙弾の如く氷を投入するか、高圧放水の如く冷海水を噴射するか、刺叉の如くたも網で動きを封じるか。答えはすべて否である。
ダンベと言う名の収容施設にぶち込み、希望者に値入をさせる。そしてその日の魚をその日に売り切る。それは目の前の魚を目の前から無くす事であり、民衆蜂起を芽の内から摘み取ることである。つまりそれが最も効率的で効果的な方策である。
気がつけば今日は「バスティーユ襲撃(フランス革命)」から228年目の夏だった。
posted by にゃー at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

レインボー旗は魚市場の精神

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:キハダ 460キロ、アカカマス 350キロ
       マイワシ 800キロ、サバ 190キロ
       ワカシ 70キロ
「石橋」定置:マイワシ 500キロ、アカカマス 190キロ
       サバ 170キロ、アジ 50キロ
       ワカシ 40キロ
「 岩 」定置:アカカマス 330キロ、アジ 50キロ
       ウルメイワシ 250キロ
「原辰」定置:マイワシ 1トン、マルソウダ 120キロ
       ショウゴ 80キロ
「江の安」定:マイワシ 1.4トン、チダイ 30キロ
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ 160キロ、ワカシ 310キロ
       サバ 270キロ、アカカマス 45キロ
       ショウゴ 45キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:メジナ 60キロ ほか
「網代定置」:ワラサ 1.4トン
「網代釣船」:釣アカイサキ 30キロ ほか
「沼津底曳」:マダイ 100キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 200キロ
「片瀬沖曳」:生シラス 110キロ

和歌山船 ・・・ 釣キンメダイ 530キロ

赤の「キンメダイ」、橙は「キハダ」、黄色い「アカカマス」、碧の「ワラサ」、青い「アジ」、紫で「ソウダガツオ」の6色が揃うことで、一種ずつから見れば少数派だが、小田原の地魚という大きなまとまりを作ることができる。
その多様性と魅力がブランド力であり、それが人を呼び、商いを生じる。
20151211_rainbow.JPG夏の暑い日、突然の雨が降っても恨めしいと思わないで欲しい。その雨が止んだとき、見上げた空に掛かる虹の橋こそ、輝ける魚市場の未来への架け橋を象徴しているのだから。
※写真は2015年12月
posted by にゃー at 17:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

この夏、魚市場の貯めに

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 2.8トン、ワカシ 90キロ
       アカカマス 75キロ
「石橋」定置:アジ 680キロ、マイワシ 600キロ
       ワカシ 540キロ、小サバ 900キロ
       サバ 200キロ、マルアジ 80キロ
       スルメイカ 60キロ
「 岩 」定置:マイワシ 600キロ、アカカマス 160キロ
       アジ 90キロ、カタクチイワシ 100キロ
       サバ 80キロ、ワカシ 80キロ
「原辰」定置:マイワシ 1.2トン ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:ワカシ 190キロ、アジ 80キロ
       サバ 60キロ
「福浦」定置:サワラ・サゴシ 450キロ、サバ 390キロ
       ワカシ 380キロ
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「沼津底曳」:マダイ 45キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 420キロ ほか
「江ノ島網」:サワラ 50キロ ほか

久々の水曜日営業。ジッとしていてもジワッと汗が出てくる。サウナにでもいるようだ。
こんな日はエラの「Too Darn Hot」を聞きながら明日の「キンメダイ」の夢を見るのが一番健康的。
posted by にゃー at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

ワイは猿や魚市場の猿や

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 18トン、小サバ 2.8トン
       アジ 260キロ、ワカシ 440キロ
       サバ 300キロ、カタクチイワシ 50キロ
       ウルメイワシ 50キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:アジ 240キロ、小サバ 1トン
       サバ 160キロ、ワカシ 280キロ
       ウルメイワシ 1トン、マルアジ 60キロ
「原辰」定置:マイワシ 660キロ ほか
「江の安」定:マイワシ 250キロ、ウルメイワシ 60キロ
       ワカシ 70キロ
「二宮」定置:アジ 230キロ、小サバ 380キロ
       サバ 110キロ、ワカシ 200キロ
「福浦」定置:キメジ 110キロ、サワラ 560キロ
       サバ 500キロ、トビウオ 40キロ
       ワカシ 130キロ
「大磯」定置:アジ 280キロ、ワカシ 5.6トン
       小サバ 170キロ、ショウゴ 70キロ

伊豆方面からは、
「川奈釣船」:釣キンメダイ 40キロ
「山下丸網」:サバ 400キロ、ヒラソウダ 40キロ
       イサキ 50キロ、アジ 80キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 310キロ
「江ノ島網」:サバ 60キロ、クロウシノシタ 55キロ
       アカカマス 50キロ、サワラ 40キロ

「マイワシ」や!魚市場のシャリや。
「海の米」である「イワシ」が沸いたという事は、今、目の前の海はまさに富栄養。
獲れる「カタクチイワシ」は全長20センチ前後の特大サイズだし、「福浦」名物、夏の「サワラ」は出てくるし、「キハダ」もいたりして結構賑やか。見た目にも海の変化は感じにくいが、果たして良い方に変わったのか、悪い方に変わったのか、実際、何も変わっていないのか、判断は未来の人に任せるとしよう。
posted by にゃー at 14:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

魚市場は毎朝セレクトセール

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 6.7トン、サバ 400キロ
       ウルメイワシ 3.4トン、アジ 510キロ
       ワカシ 70キロ、マルアジ 60キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:アジ 270キロ、小サバ 3.8トン
       ワラサ 250キロ、サバ 70キロ
「原辰」定置:マイワシ 1.2トン、ワカシ 140キロ
       小サバ 160キロ、カタクチイワシ 180キロ
「江の安」定:マイワシ 160キロ、小サバ 140キロ
       アジ 50キロ、カタクチイワシ 50キロ
「二宮」定置:アジ 350キロ、マイワシ 500キロ
       サバ 120キロ、ショウゴ 50キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ 380キロ、ワカシ 400キロ
       マルアジ 260キロ、サバ 50キロ
       小サバ 240キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:トビウオ 40キロ、メジナ 40キロ
「網代定置」:ワラサ 160キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 200キロ
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 250キロ
「沼津底曳」:マダイ 70キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 170キロ
「江ノ島網」:アジ 140キロ、アカカマス 170キロ
       クロウシノシタ 50キロ

神津釣船 ・・・ 釣キンメダイ 1トン

アタックチャンス!
(問題)プランクトンの異常増殖によって、海や川が変色する現象を何という?20170710_brown.JPG
ピンポン!
「赤」
「赤潮!」
「そのとおり!」
「土曜日黄色だった港のパネルは、赤一色に変わる。」
の結果がこれ。
posted by にゃー at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

魚市場は見るより聞くより…

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 700キロ、スルメイカ 140キロ
       ウルメイワシ 400キロ、サバ 200キロ
       ワカシ 430キロ、小サバ 400キロ
「石橋」定置:ワカシ 1.2トン、マイワシ 400キロ
       サバ 100キロ、マルアジ 150キロ
       アジ 60キロ、スルメイカ 50キロ
「 岩 」定置:ワカシ 280キロ、マルアジ 220キロ
       アジ 110キロ、サバ 120キロ
       ワラサ 130キロ、ワカシ 280キロ
「原辰」定置:マイワシ 1.9トン、カタクチ 260キロ
「江の安」定:マイワシ 470キロ ほか
「二宮」定置:サバ 340キロ、マイワシ 200キロ
       アジ 90キロ、ワラサ 120キロ
       ウルメイワシ 80キロ
「福浦」定置:ワラサ 80キロ ほか
「大磯」定置:ワカシ 1.6トン、アジ 220キロ
       サバ 60キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:トビウオ、メジナ ほか
「川奈釣船」:釣キンメダイ 110キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 400キロ
「江ノ島網」:アカカマス 40キロ ほか
「佐島釣船」:釣カツオ 620キロ、釣キメジ 50キロ

和歌山 ・・・ 釣カツオ 1.1トン

20170708_yellow.jpg♪きょどるもの〜・・
船が着いたり、魚が来たり。セリをやったり、魚を運んだり。
次から次へと右から左。市場の岸壁、端から端まで行ったり来たり。
魚が多くても少なくてもやることは毎日沢山。踊らされているのか、踊っているのか。
こんな事では長くは続かない。
それを世に言う「踊る平家は久しからず」featuring 初代三平。
posted by にゃー at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

魚市場で探すアジエッティ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 380キロ、マイワシ 1トン
       マルアジ 200キロ、ワカシ 330キロ
       小サバ 110キロ、サバ 220キロ
「石橋」定置:アジ 530キロ、サバ 320キロ
       マイワシ 350キロ、ワカシ 210キロ
「 岩 」定置:アジ 530キロ、スルメイカ 90キロ
       マルアジ 120キロ、サバ 40キロ
「原辰」定置:マイワシ 2.5トン、アジ 70キロ
       カタクチイワシ 200キロ
「江の安」定:マイワシ 380キロ ほか
「二宮」定置:アジ 260キロ、ワカシ 340キロ
       サバ 170キロ、小サバ 700キロ
       マルアジ 80キロ
「福浦」定置:ワカシ 390キロ、サバ 150キロ
「大磯」定置:アジ 250キロ、小サバ 640キロ
       サバ 150キロ、ワカシ 1.4トン
       マルアジ 100キロ、ショウゴ 50キロ

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ワラサ 3.7トン
「川奈釣船」:釣キンメダイ 40キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 390キロ

小田原の漁港とも成れば文字通りの看板地魚「小田原アジ」を探すのが鉄板であり、まさに今、毎朝繰り広げられているのは「アジ」と「非アジ」の全面戦争だ。
20170707_wawawa.jpg近年の「アジ」の漁獲量低下により「非アジ」の存在感は増しつつあり、今やその脅威は間近にまで迫っている。とはいえ「非アジ」の危険度は「ヒアリ」のそれとは異なり、むしろ「小田原アジ」のマンネリに飽きた消費者にとっては新しい小田原の魅力として写り、「アジ」以外の魚も沢山獲れる地魚の宝庫として小田原、相模湾の価値を何倍にも高めてくれているのだ。
今朝も多くの地魚が市場を彩ってくれた、明日も七夕の短冊のように色とりどりに飾ってくれることだろう。
posted by にゃー at 13:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

からだすこやか魚市場ダブル

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 450キロ、サバ 460キロ
       マイワシ 1トン、小サバ 120キロ
       マルアジ 80キロ、ワカシ 160キロ
「石橋」定置:アジ 510キロ、マイワシ 350キロ
       ワカシ 540キロ、サバ 170キロ
「 岩 」定置:マイワシ 860キロ、アジ 440キロ
       サバ 100キロ、スルメイカ 140キロ
「原辰」定置:マイワシ 1.5トン、サバ 250キロ
       アジ 250キロ、マルアジ 70キロ
「江の安」定:マイワシ 280キロ、アジ 70キロ
       カタクチイワシ 80キロ
「二宮」定置:アジ 1トン、小サバ 1.8トン
       サバ 270キロ
「福浦」定置:ワカシ 320キロ、サバ 300キロ
       ショウゴ 80キロ、トビウオ 40キロ
       アジ 120キロ
「大磯」定置:ワカシ 600キロ、小サバ 980キロ
       アジ 700キロ、サバ 260キロ
       ショウゴ 60キロ、マルアジ 50キロ

伊豆方面からは、
「山下丸網」:ワラサ 120キロ、イサキ 90キロ
       マルアジ 80キロ
「川奈杉本」:トビウオ 50キロ、メジナ 90キロ
「沼津底曳」:マダイ 70キロ、チダイ 30キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 1.1トン
「江ノ島網」:アジ 140キロ ほか

いや「アジ」「サバ」「イワシ」でトリプルだ
posted by にゃー at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

俺ら魚市場さ行ぐだ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 1.5トン、サバ 250キロ
       マイワシ 600キロ、ワカシ 50キロ
       小サバ 100キロ
「石橋」定置:アジ 890キロ、サバ 160キロ
       ワカシ 110キロ、マイワシ 200キロ
「 岩 」定置:アジ 430キロ、小サバ 240キロ
       スルメイカ 60キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:アジ 150キロ、マイワシ 120キロ
       ウルメ 60キロ、カタクチイワシ 65キロ
「二宮」定置:アジ 870キロ、サバ 340キロ
       小サバ 640キロ
「福浦」定置:サバ 80キロ、ワカシ 80キロ
       ワラサ 50キロ、イサキ 50キロ
「大磯」定置:ワカシ 1.1トン、サバ 180キロ
       アジ 180キロ、小サバ 400キロ

伊豆方面からは、
「沼津底曳」:マダイ 150キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 300キロ
「佐島釣船」:釣カツオ 300キロ ほか
「江ノ島網」:アカカマス 150キロ ほか

そうだ「小田原アジ」を買いに行こう。
といっても魚市場では・・まあ、買えません。一般のお客様は市内の魚屋さんやスーパーへ行く必要があります。ご家庭で料理するのがご面倒というなら、海鮮料理を提供する食事処へ行けば、今ならもれなく「地アジ」の刺身が食べられることでしょう。
posted by にゃー at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

魚市場の大漁は追風参考記録

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 1.4トン、マイワシ 900キロ
       小サバ 950キロ、サバ 460キロ
       ワカシ 330キロ、アカカマス 70キロ
       スルメイカ 40キロ
「石橋」定置:アジ 1.5トン、サバ 520キロ
       マイワシ 300キロ、ワカシ 470キロ
       小サバ 100キロ
「 岩 」定置:小サバ 1.2トン、アジ 450キロ
       スルメイカ 60キロ、サバ 50キロ
       マイワシ 330キロ
「原辰」定置:マイワシ 1.7トン、サバ 100キロ
       カタクチイワシ 230キロ
「江の安」定:小サバ 1.5トン、マイワシ 140キロ
       アジ 80キロ
「二宮」定置:アジ 2.4トン、サバ 1.2トン
       ワカシ 260キロ
「福浦」定置:サバ 500キロ、シイラ 140キロ
       アジ 110キロ、ショウゴ 130キロ
       イサキ 50キロ、ケンサキイカ 40キロ
「大磯」定置:アジ 650キロ、小サバ 720キロ
       ワカシ 1.9トン、サバ 540キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:メジナ 40キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 500キロ
「江ノ島網」:アジ 620キロ

今朝は一気に「アジ」の一党独裁状態。これは遠州のはるか沖を東へ上りながら八丈島をなめるように回り込み、北上の後、三宅島から再び東へと曲折する現在の黒潮の流れから生じた黒潮分岐が大島沖から一直線に相模湾へ流入している影響による水温上昇と魚群召喚が原因として考えられる。
都議選の風とは違い、中身のある潮流は時として市場という社会に大きな変革をもたらし、追い風となって今月の実績を左右することになるだろう。
「アジ」の独裁は小田原にとってプラスにはなっても、マイナスになることはないはず。今後の潮模様、漁模様次第で魚市場の未来予想図は大きく書き換えられることになるだろう。
posted by にゃー at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

海開きの魚市場は多幸の季節

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 260キロ、マイワシ 500キロ
       小サバ 3.3トン、ワカシ 560キロ
       スルメイカ 40キロ、ウルメ 60キロ
「石橋」定置:サバ 300キロ、小サバ 300キロ
       ワカシ 160キロ、マイワシ 200キロ
       ウルメイワシ 50キロ
「 岩 」定置:小サバ 4.2トン、カタクチイワシ 480キロ
「原辰」定置:マイワシ 680キロ、小サバ 110キロ
       カタクチイワシ 200キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 430キロ、サバ 100キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:ワカシ 780キロ、カタクチイワシ 80キロ
       アジ 90キロ、サバ 40キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:ショウゴ 40キロ ほか
「山下丸網」:サバ 200キロ、ワラサ 170キロ

東方面からは、
「片瀬沖曳」:生シラス 100キロ
「平塚定置」:アジ 300キロ ほか

和歌山・・・釣カツオ 80キロ、釣キハダ 200キロ

7月、明日は日曜だが「半夏生」という雑節。「タコ」を食べる習慣があるとも言われるが、実際、関東でどれくらい浸透しているかは疑問である。ハリウッド女優、グウィネス・パルトロウは「タコは賢いから食べない」と言ったそうだが、正直個人の好みなのでどちらでも良い。
しかし、地物の「マダコ」と海外産の「マダコ」のどちらを食べるべきかと問われたならば、躊躇無く私は「地物」と答えるだろう。地物の「マアジ」と廻り物の「マアジ」の違いも明らかだが、やはり食材の滋味、旨味、歯応え、ゆであがりの色、艶、仕上がりに至るまで、あらゆる点に於いて地物が優っていることは明らかである。難を言えば値段が高いことや手に入れる事が多少難しい程度で、機会があれば是非食べ比べてみて、自らその答えを確認して欲しいと願うばかりである。
posted by にゃー at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする