2017_fespos.jpg

2017年07月11日

ワイは猿や魚市場の猿や

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 18トン、小サバ 2.8トン
       アジ 260キロ、ワカシ 440キロ
       サバ 300キロ、カタクチイワシ 50キロ
       ウルメイワシ 50キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:アジ 240キロ、小サバ 1トン
       サバ 160キロ、ワカシ 280キロ
       ウルメイワシ 1トン、マルアジ 60キロ
「原辰」定置:マイワシ 660キロ ほか
「江の安」定:マイワシ 250キロ、ウルメイワシ 60キロ
       ワカシ 70キロ
「二宮」定置:アジ 230キロ、小サバ 380キロ
       サバ 110キロ、ワカシ 200キロ
「福浦」定置:キメジ 110キロ、サワラ 560キロ
       サバ 500キロ、トビウオ 40キロ
       ワカシ 130キロ
「大磯」定置:アジ 280キロ、ワカシ 5.6トン
       小サバ 170キロ、ショウゴ 70キロ

伊豆方面からは、
「川奈釣船」:釣キンメダイ 40キロ
「山下丸網」:サバ 400キロ、ヒラソウダ 40キロ
       イサキ 50キロ、アジ 80キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 310キロ
「江ノ島網」:サバ 60キロ、クロウシノシタ 55キロ
       アカカマス 50キロ、サワラ 40キロ

「マイワシ」や!魚市場のシャリや。
「海の米」である「イワシ」が沸いたという事は、今、目の前の海はまさに富栄養。
獲れる「カタクチイワシ」は全長20センチ前後の特大サイズだし、「福浦」名物、夏の「サワラ」は出てくるし、「キハダ」もいたりして結構賑やか。見た目にも海の変化は感じにくいが、果たして良い方に変わったのか、悪い方に変わったのか、実際、何も変わっていないのか、判断は未来の人に任せるとしよう。
posted by にゃー at 14:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする