2017_fespos.jpg

2017年07月13日

レインボー旗は魚市場の精神

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:キハダ 460キロ、アカカマス 350キロ
       マイワシ 800キロ、サバ 190キロ
       ワカシ 70キロ
「石橋」定置:マイワシ 500キロ、アカカマス 190キロ
       サバ 170キロ、アジ 50キロ
       ワカシ 40キロ
「 岩 」定置:アカカマス 330キロ、アジ 50キロ
       ウルメイワシ 250キロ
「原辰」定置:マイワシ 1トン、マルソウダ 120キロ
       ショウゴ 80キロ
「江の安」定:マイワシ 1.4トン、チダイ 30キロ
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ 160キロ、ワカシ 310キロ
       サバ 270キロ、アカカマス 45キロ
       ショウゴ 45キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:メジナ 60キロ ほか
「網代定置」:ワラサ 1.4トン
「網代釣船」:釣アカイサキ 30キロ ほか
「沼津底曳」:マダイ 100キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 200キロ
「片瀬沖曳」:生シラス 110キロ

和歌山船 ・・・ 釣キンメダイ 530キロ

赤の「キンメダイ」、橙は「キハダ」、黄色い「アカカマス」、碧の「ワラサ」、青い「アジ」、紫で「ソウダガツオ」の6色が揃うことで、一種ずつから見れば少数派だが、小田原の地魚という大きなまとまりを作ることができる。
その多様性と魅力がブランド力であり、それが人を呼び、商いを生じる。
20151211_rainbow.JPG夏の暑い日、突然の雨が降っても恨めしいと思わないで欲しい。その雨が止んだとき、見上げた空に掛かる虹の橋こそ、輝ける魚市場の未来への架け橋を象徴しているのだから。
※写真は2015年12月
posted by にゃー at 17:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする