魚体中骨抜き器販売中

2017年08月31日

ワニとシャンプーと魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:シロカジキ 80キロ、マルソウダ 1.2トン、ワカシ 2.1トン、ヒラソウダ 250キロ、イナダ 390キロ、ヤマトカマス 230キロ、カマスサワラ 50キロ、小サバ 130キロ、サバ 160キロ、シイラ 140キロ
「石橋」定置:ワカシ 890キロ、マルソウダ 2.7トン、ヒラソウダ 630キロ、ヤマトカマス 80キロ、サバ 240キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 1.4トン、ヒラソウダ 1トン、シイラ 380キロ、マルソウダ 500キロ、ワカシ 370キロ
「原辰」定置:マルソウダ 380キロ、ワカシ 190キロ、ヒラソウダ 290キロ、ヤマトカマス 510キロ、ウルメイワシ 90キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 85キロ ほか
「二宮」定置:小サバ 1.7トン、ウルメイワシ 180キロ、サバ 110キロ、ワカシ 300キロ、ヤマトカマス 240キロ
「福浦」定置:アジ 220キロ、ワカシ 1.5トン、サバ 170キロ、ヘダイ 30キロ
「大磯」定置:アジ 850キロ、小サバ 2.1トン、ワカシ 360キロ、ヤマトカマス 520キロ、マルソウダ 50キロ、マルアジ 50キロ

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ヒラソウダ 250キロ、シイラ 150キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 560キロ、ヤマトカマス 100キロ

台風の北上をガイドするように黒潮も良い向きになり、魚の入りやすい状況が整い始めている。
このまま夏休みが終わり、宿題を提出し終えれば、明後日にも魚はワンサカ入る事になるだろう。

今日のイセエビ ・・・ 80キロ
posted by にゃー at 14:46| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

焼肉の日は魚市場で焼魚を

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ワカシ 1.4トン、サバ 110キロ、ヒラソウダ 550キロ、ヤマトカマス 150キロ、シイラ 70キロ、アジ 50キロ
「石橋」定置:ワカシ 1トン、小サバ 250キロ、ヒラソウダ 300キロ、ヤマトカマス 710キロ、サバ 80キロ、マルソウダ 70キロ、シイラ 60キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 330キロ、ワカシ 120キロ、クサヤモロ 60キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 470キロ、ヒラソウダ 210キロ、シイラ 40キロ
「江の安」定:ヤマトカマス、クロダイ ほか
「二宮」定置:サバ 390キロ、ヤマトカマス 250キロ、小サバ 760キロ、ワカシ 100キロ、ヒラソウダ 40キロ
「福浦」定置:ワカシ 1.6トン、アジ 240キロ、シイラ 60キロ、サバ 60キロ、メジ 40キロ
「大磯」定置:アジ 210キロ、小サバ 600キロ、ワカシ 50キロ

伊豆方面からは、
「山下丸網」:メカジキ 1本(60キロ)、サバ 250キロ、イサキ 100キロ、アジ 65キロ、ムツッ子 60キロ、ワカシ 70キロ
「川奈杉本」:ワカシ、アジ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 370キロ、ワカシ 580キロ
「佐島釣船」:釣カツオ 500キロ、釣キメジ 50キロ

塩と魚の相性って、なんでこんなに良いんでしょうか?

今日のイセエビ ・・・ 25キロ
posted by にゃー at 12:51| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

魚市場は毎朝総合火力演習

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 440キロ、マルソウダ 300キロ、アジ 120キロ、サバ 240キロ、ヒラソウダ 120キロ、ワカシ 90キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 400キロ、マルソウダ 300キロ、サバ 160キロ、ヒラソウダ 100キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 330キロ、シイラ 70キロ、アジ 50キロ、サバ 40キロ
「原辰」定置:キメジ 70キロ、ヤマトカマス 920キロ、ヒラソウダ 80キロ、マルソウダ 65キロ、クサヤモロ 50キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 70キロ ほか
「二宮」定置:アジ 230キロ、サバ 210キロ、小サバ 450キロ、スルメイカ 70キロ、マルソウダ 60キロ、ワカシ 50キロ
「福浦」定置:ワカシ 2トン、アジ 80キロ、サバ 100キロ、ヤマトカマス 50キロ
「大磯」定置:アジ 190キロ、ワカシ 90キロ、マルソウダ 40キロ、小サバ 180キロ

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:オアカムロ 330キロ
「山下丸網」:イサキ 570キロ、ケンサキイカ 40キロ、アジ 100キロ、ヤマトカマス 100キロ、ムツッ子 50キロ、クサヤモロ 70キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 390キロ
「佐島釣船」:釣キハダ 300キロ、釣カツオ 210キロ

20170828_akatach.jpg燃える男の「赤い太刀」。描く文字は炎のストッパー「津田恒美」の「つ」。
反対に気温は朝から涼しめ。すっかり朝晩過ごしやすくなり、もうじき魚もフラフラと表へ出てくることだろう。そいつを期待しつつ、いつ魚が増えても良いように今日も訓練、明日も訓練。

今日のイセエビ ・・・ 50キロ
posted by にゃー at 12:39| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

魚市場は想い出の庭球場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ワカシ 1トン、ヤマトカマス 540キロ、サバ 270キロ、マルソウダ 170キロ、ウルメイワシ 70キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 860キロ、ヒラソウダ 70キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 380キロ、シイラ 80キロ、マルソウダ 60キロ、ウルメイワシ 50キロ、ワカシ 60キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 340キロ、ヒラソウダ 30キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 40キロ ほか
「二宮」定置:サバ 150キロ、小サバ 120キロ、アジ 60キロ、ヤマトカマス 50キロ、ヒラソウダ 80キロ
「福浦」定置:サバ 400キロ、ウルメイワシ 80キロ
「大磯」定置:ワカシ 200キロ、マイワシ 70キロ、アジ 60キロ、ウルメイワシ 40キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:メイチダイ、ヘダイ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 120キロ

ここ数日で急激に水温が上昇している相模湾。元気なのは「サメ」と「マグロ」か?
「ワカシ」もぐんぐん成長してぼちぼち「イナダ」と呼ばれても違和感がなくなってきた。
週が明ければもう9月。そろそろ台風の声も聞かれつつあり、大陸の台風野郎と併せて気になるところ。
誰が何と言おうと「秋」はもう、そこまで来ているのである。

今日のイセエビ ・・・ 45キロ
posted by にゃー at 13:38| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

活スジアラ

20170825_sjar2.jpg
でかい、あやしい、こわい


ずしりと重い「ハタ」の仲間。「む、デカイ」

目の縁を彩る青く完璧なアイメイク。「む、妖しい」

ギラリと見え隠れするキバは臨戦態勢。「む、怖い」

20170825_sjar1.jpgこの存在感は初めてじゃない。やはり以前にお会いしてました。「スジアラ」だ。
しかし前に獲れたサイズとは異なり、軽く3倍以上の大きさはある。

以前は江の浦地先で獲れた個体であったが、今回は「山下丸」の定置網。相模湾と言うよりは、相模灘に位置する海だ。
深場に張ってあることから「アカムツ」なども獲れたりする網だが、同じく伊豆諸島や南方からの珍客も多い網として、そのポテンシャルが高く評価されている注目の定置網の一つである。

「ハタ」の仲間としては最高級とも言われる魚だけに、その魅力というか味力も興味あるところ。

次に獲れるのはいつのことか。
posted by にゃー at 22:52| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魚市場注目漁師コンピュータ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 530キロ、イナダ 170キロ、ヤマトカマス 70キロ、マイワシ 100キロ、ヒラソウダ 40キロ、アジ 40キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 670キロ、マイワシ 100キロ、イナダ 80キロ、マルソウダ 40キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 220キロ、ワカシ 180キロ、シイラ 60キロ、ウルメイワシ 50キロ、マルソウダ 100キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 410キロ、ワカシ 50キロ
「江の安」定:ヤマトカマス、メジナ ほか
「二宮」定置:イナダ 700キロ、小サバ 200キロ、サバ 100キロ、アジ 60キロ
「福浦」定置:サバ 280キロ、ワカシ 110キロ、シイラ 50キロ、マイワシ 70キロ、アジ 70キロ、ヤマトカマス 40キロ
「大磯」定置:アジ 130キロ、小サバ 440キロ、マイワシ 330キロ、ワカシ 120キロ、ウルメイワシ 80キロ

伊豆方面からは、
「山下丸網」:イサキ 70キロ、サバ 120キロ、マイワシ 160キロ、小ムツ 70キロ、ヤマトカマス 60キロ、小サバ 50キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 95キロ
「網代定置」:ワラサ 110キロ、ヒラマサ 110キロ

東方面からは、
「平塚定置」:ヤマトカマス 200キロ ほか
「佐島釣船」:釣カツオ 150キロ、釣キメジ 320キロ、釣イナダ 90キロ

を持ってしても如何ともし難い漁模様。「アジ」の姿は消えつつあり、見えるのは「カマス」と「イワシ」と成長した「ワカシ」の姿。数少ない口物の類も輪をかけて少なくなり、今や街角の公衆電話か昭和52年の50円玉かと言うくらいにレア。さりとてお盆が明けた今週は暑いだけで盛り上がるプールを他所に、市況は冷え切り、ひととせの氷かトルーマン・カポーティかってくらいに冷血。

今日のイセエビ ・・・ 90キロ
posted by にゃー at 12:42| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする