2017年08月09日

アジ姿ナシダ魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルソウダ 800キロ、ヤマトカマス 280キロ、サバ 300キロ、小サバ 60キロ、マイワシ 50キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 620キロ、サバ 320キロ、マルソウダ 210キロ、アカカマス 100キロ、小サバ 60キロ、ヒラソウダ 50キロ、ワカシ 40キロ
「 岩 」定置:ワカシ 1.1トン、ヤマトカマス 220キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 150キロ、ワカシ 30キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 60キロ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:サバ 240キロ、ワカシ 130キロ、シイラ 60キロ、キメジ 30キロ
「大磯」定置:アジ 120キロ、マイワシ 770キロ、小サバ 280キロ、ワカシ 110キロ、マルアジ 80キロ、ショウゴ 40キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 230キロ

もっとも夏のこの時期、「アジ」を求める方が酷なのかも知れないが、現状、湘南(大磯)と平塚の定置網で獲れているから立派な「アジ」が手に入ると言っても過言ではない。
漁獲量が少なく、さらに需要期のお盆前ともなれば、値段は当然高値となる。買う側からすれば買えただけでラッキーというのが本なのかも知れないが、「アジ」を求めて小田原へと買い付けに来られる方がいる以上、我々は荷を集める責任がある。
「アジ」の街、小田原に「アジ」が無いようなことになれば、それは「核兵器禁止条約」に参加しない日本のようなものだ。「アジ」の漁獲量日本一の長崎県を最後の被爆地にするために。我々は明日も「アジ」の荷を引くであろう。

今日のイセエビ ・・・ 若干
posted by にゃー at 19:49| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする