2017年09月22日

アムロなら魚市場にいる

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 1.1トン、ヤマトカマス 1トン、カツオ 160キロ、イナダ 130キロ、サバ 370キロ、イサキ 140キロ、ヒラソウダ 240キロ、マイワシ 100キロ、アカカマス 80キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 1.4トン、ヒラソウダ 100キロ、イナダ 140キロ、小イサキ 650キロ、小サバ 150キロ、マルアジ 40キロ、アカカマス 80キロ
「 岩 」定置:イナダ 180キロ、ヤマトカマス 400キロ、ウルメイワシ 50キロ、マルソウダ 50キロ、イサキ 40キロ、ヒラソウダ 40キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 320キロ、小イサキ 320キロ、ヒラソウダ 120キロ、カワハギ 80キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:マイワシ 2.4トン、小サバ 1トン、サバ 80キロ、イナダ 170キロ、小イサキ 120キロ、アカカマス 40キロ、ヤマトカマス 90キロ、ワラサ 50キロ、チダイ 50キロ、ヒラソウダ 45キロ
「福浦」定置:ワカシ 600キロ、小イサキ 500キロ、小サバ 100キロ、イサキ 40キロ、チダイ 70キロ
「大磯」定置:小サバ 520キロ、イナダ 150キロ、マルアジ 50キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:シイラ 30キロ ほか
「網代定置」:小イサキ 260キロ
「真鶴定置」:イナダ 1.1トン、オアカムロ 160キロ、サバ 50キロ

東方面からは、
「佐島釣船」:釣カツオ 1トン、釣キメジ 540キロ、釣ツムブリ 30キロ、釣ヒラソウダ 60キロ

真鶴から来た「オアカムロ」。「マアジ」が少ない今、「マルアジ」などと共に人気急上昇の「アジ」である。さらに同じ仲間の「ムロアジ」。小田原周辺では「アカゼムロ」などとも呼ばれ、この秋の時期、獲れたモノを珍重する。今年はまだ見えないが、早く獲れないかと皆が首を長くして待っている。

今日のイセエビ ・・・ 110キロ
posted by にゃー at 13:59| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする