2017年10月11日

ヤマトより鯵をこめて魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウルメイワシ 300キロ、アカカマス 90キロ、小サバ 3トン、イサキ 60キロ、ヤマトカマス 60キロ、イナダ 50キロ
「石橋」定置:小サバ 1.7トン、ヤマトカマス 1.2トン、アカカマス 790キロ、イサキ 590キロ、イナダ 160キロ、サバ 130キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 500キロ、サバ 400キロ、小サバ 1.4トン、イサキ 250キロ、ショウゴ 180キロ、アカカマス 100キロ、シイラ 60キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 670キロ、サバ 530キロ、ショウゴ 80キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 90キロ、サバ 100キロ、ウルメイワシ 30キロ
「二宮」定置:イサキ 300キロ、イナダ 100キロ、小サバ 120キロ、ショウゴ 90キロ、アジ 90キロ、サバ 50キロ、アカカマス 40キロ、ヤマトカマス 70キロ、ヒラソウダ 60キロ
「福浦」定置:イナダ 1.4トン、ワラサ 50キロ、サバ 170キロ
「大磯」定置:小サバ 300キロ、アジ 45キロ、ショウゴ 40キロ、ヤマトカマス 100キロ

東方面からは、
「平塚定置」:ショウゴ 140キロ、アジ 120キロ、マルアジ 50キロ

「ヤマトカマス(ミズカマス)」に「ウルメイワシ」、そして「サバ」、「イサキ」や「ショウゴ」が混じる中から「アジ」を探すのは、大変な作業。絶対量が少ない上にサイズも小さく一苦労。やっとまとめた「アジ」は当然の人気で、値段も高い。今日は「アジ」がこれくらい出たとか、サイズが大きくなったとか、漁についての話題の中心も「アジ」だったり、やっぱり獲れない今でも「アジ」は小田原漁業の中心だなあと再認識。「アジ」があるから買いに来る人もいれば、「アジ」食べたさに買いに来る人もいる。当然、「アジ」獲るために船を出す人もいる・・のかな?

今日のイセエビ ・・・ 70キロ
posted by にゃー at 13:45| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする