2017年10月28日

長靴と合羽で魚市場プレイ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:ショウゴ 4.7トン、小アジ 2.8トン、イボダイ 400キロ、イナダ 740キロ、イサキ 100キロ、カワハギ 100キロ
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:カワハギ 250キロ、ショウゴ 850キロ
「江の安」定:カワハギ 160キロ、アジ 100キロ
「二宮」定置:アジ、小アジ ほか
「福浦」定置:イナダ 1.8トン、アジ 100キロ、ショウゴ 80キロ
「大磯」定置:ヤマトカマス 50キロ ほか

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:イシガキダイ 50キロ ほか
「伊東釣船」:釣キンメダイ 120キロ
「真鶴定置」:マダイ 420キロ

20171029_mebyo fes.jpgハロウィンの「ハ」は「間八」の「八」。そしてハロウィンの「ロ」を足すと「㕣」。
「㕣」は「カンパチ」の顔をイメージした漢字。そう今日は定置網に大量のハロがインした日と言う事。
「ショウゴ(カンパチの子)」の群れはまだまだ続く・・どこまで続くか分かりませんが、鍵を握るのは週明けの接近が予想される台風22号でしょうか。
台風21号が魚を呼ぶ台風だったのに対し、それ以前の15号、18号ともに空振りに終わった感の強い台風だったので、その進路や接近時の潮位や潮流などに影響されるのかもしれませんが、今回はどちらに転ぶか注目が集まります。前回程の勢力は無いかも知れませんが、油断は禁物。心して月曜に備えたいと思います。

今日のイセエビ ・・・ 20キロ
posted by にゃー at 19:09| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする