2018_fespos.jpg

2017年11月18日

魚市場にいるのはアジガール

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アカカマス 190キロ、ヤマトカマス 70キロ、アジ 40キロ、ヒラソウダ 40キロ
「石橋」定置:アカカマス 740キロ、イナダ 80キロ、アジ 70キロ、ヒラソウダ 50キロ
「 岩 」定置:イナダ 75キロ ほか
「原辰」定置:カンパチ 50キロ、アジ 50キロ
「江の安」定:アジ 100キロ ほか
「二宮」定置:アジ 860キロ、カワハギ 90キロ
「福浦」定置:ウルメイワシ 180キロ、イナダ 70キロ
「大磯」定置:アジ 150キロ ほか

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:メジナ 50キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ、イボダイ ほか

三重釣船 ・・・ 釣カツオ 300キロ

今朝は手頃なサイズの「マアジ」が顔を出して、なんとなく数年ぶりに姪っ子に会ったおじさんの気分。
「やあ、もうこんなに大きくなったのか。」
posted by にゃー at 13:11| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

魚市場は連続メジブレーク

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 130キロ、アジ 120キロ、アカカマス 110キロ、サバフグ 60キロ、ヒラソウダ 50キロ、小サバ 60キロ、ヤマトカマス 50キロ
「石橋」定置:ヒラソウダ 230キロ、イナダ 110キロ、ショウゴ 70キロ、イサキ 70キロ、アジ 50キロ、ホウボウ 100キロ
「 岩 」定置:イナダ 160キロ、シイラ 140キロ、メジ 550キロ、メアジ 120キロ、ホウボウ 50キロ、ヤマトカマス 50キロ
「原辰」定置:アジ、ヤマトカマス ほか
「江の安」定:アジ 130キロ ほか
「二宮」定置:アジ 180キロ ほか
「福浦」定置:イナダ 570キロ、カゴカキダイ 120キロ、メジナ 100キロ、カワハギ 50キロ、ショウゴ 50キロ
「大磯」定置:アジ 75キロ ほか

伊豆方面からは、
「網代定置」:イボダイ 520キロ、アカカマス 140キロ

東方面からは、
「平塚定置」:イナダ 60キロ ほか

昨日は「キメジ」、今日「マメジ」。
明日は「シメジ」、僕「マツタケ」。
posted by にゃー at 15:18| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

蛇行でV字回復の魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:キメジ 760キロ、アジ 250キロ、サバフグ 190キロ、ヒラソウダ 180キロ、マルソウダ 170キロ、イナダ 140キロ、サバ 80キロ、ヤマトカマス 70キロ、ホウボウ 50キロ、メアジ 40キロ、イサキ 40キロ、ショウゴ 40キロ
「石橋」定置:アジ 250キロ、アカカマス 250キロ、ホウボウ 180キロ、イナダ 100キロ、イサキ 100キロ、ショウゴ 140キロ、小サバ 80キロ、マルソウダ 50キロ、小イサキ 40キロ
「 岩 」定置:イナダ 250キロ、ヒラソウダ 120キロ、マルソウダ 100キロ、サバ 70キロ、ホウボウ 50キロ、アジ 40キロ
「原辰」定置:アジ 520キロ、メアジ 60キロ、ホウボウ 50キロ、ヒラソウダ 120キロ、マルソウダ 50キロ
「江の安」定:アジ 280キロ、小サバ 90キロ、マルソウダ 60キロ
「二宮」定置:アジ 320キロ、小イサキ 80キロ、サバ 80キロ、アカカマス 70キロ、ホウボウ 70キロ、イサキ 50キロ、カワハギ 50キロ、イナダ 40キロ
「福浦」定置:ヒラソウダ 70キロ、ウルメイワシ 50キロ、イナダ 50キロ、アカカマス 50キロ
「大磯」定置:小サバ 600キロ、マルアジ 90キロ、アジ 100キロ、アカカマス 40キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:イナダ、メアジ ほか
「網代定置」:イナダ 220キロ

東方面からは、
「平塚定置」:マルアジ 210キロ、ショウゴ 50キロ、アジ 60キロ

「マグロ」キター!他にも魚、いっぱいキター!
黒潮パワーはやっぱ、スゴーイ!
明日以降も期待デキール!
posted by にゃー at 13:37| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

魚市場ニアンの注目点

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヒラソウダ 180キロ、アカカマス 160キロ、サバ 100キロ、アジ 75キロ、イナダ 60キロ
「石橋」定置:アカカマス 110キロ、ヒラソウダ 130キロ、ヤマトカマス 70キロ、ショウゴ 70キロ
「 岩 」定置:マルソウダ 100キロ、アジ 80キロ、ヒラソウダ 60キロ、アカカマス 50キロ
「原辰」定置:アジ 75キロ ほか
「江の安」定:ヒラソウダ 100キロ ほか
「二宮」定置:アジ 60キロ、アカカマス 40キロ
「福浦」定置:ヒラソウダ 170キロ、イナダ 50キロ
「大磯」定置:小サバ 100キロ、マルアジ 40キロ

伊豆方面からは、
「伊東釣船」:釣キンメダイ 60キロ
「宇佐美釣」:釣ワラサ 110キロ
「網代定置」:イナダ 420キロ
「真鶴定置」:イナダ 1.2トン

東方面からは、
「平塚定置」:マルアジ 60キロ

地球の地磁気が逆転する様に、相模湾の潮流も東向きになったり、西向きになったりすることがある。東へ向かう流れを「カシマ」と呼び、その逆を「サキシオ」などと呼ぶ。普段は黒潮の傍流の影響で東から西へと流れる反時計回り(サキシオ)なのだが、表面上がそうであっても、深い所で逆向きに流れるということもあり、なかなかに難しい。
魚を運んでくれる潮流の向きは、我々にとって水温や気圧などと共に常に監視すべき指標のひとつである。他にも市場にとっては商流という流れが重要であり、水揚げ量とそれに伴う相場や景況感、魚特有の旬と言われる季節感やトレンド、他にもカレンダーや他産地の水揚げ状況、前日の流通量、そして天気予報など多くのファクターが流れを左右する。
そして市場の営業は、日々これらを監視し、流れを捉えるべく自らの商売に一喜一憂しているのである。
posted by にゃー at 12:04| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

朝の魚市場はわんこ状態

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 70キロ、ショウゴ 40キロ
「石橋」定置:ヒラソウダ 40キロ ほか
「 岩 」定置:小アジ 90キロ、メアジ 50キロ
「原辰」定置:小アジ 60キロ、ヒラソウダ 40キロ
「江の安」定:小アジ 30キロ、ヒラソウダ 40キロ
「二宮」定置:アジ 80キロ ほか
「福浦」定置:イナダ 210キロ、ヒラソウダ 400キロ、サバ 40キロ
「大磯」定置:小サバ 200キロ、マルアジ 100キロ、アジ 50キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:メジナ、ヒラスズキ ほか
「網代定置」:イナダ 620キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 40キロ、マルアジ 150キロ、ヒラソウダ 60キロ

「はい〜。ジャンジャン」「どんどん」・・って平塚のお店の事ではございません。
休み明け。魚に飢えた商売人たちが、ずらり揃って目の色変えて参戦すれば、次から次へと競られていく魚たち。あっと言う間の30分、わんこそば状態で1000点弱もの商品が捌けていった。
まさに競り人はフードファイターならぬ、ブートキャンパー。食べ過ぎは体に悪いが、動きながらの発声はダイエット効果ありとか。出っ張ったお腹周りを引っ込めたいアナタ、歩きながら一人カラオケなんていかがでしょうか。
posted by にゃー at 14:29| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

モザイク除去を試みる魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 640キロ、小アジ 70キロ、ヤマトカマス 60キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 120キロ ほか
「 岩 」定置:ヒラソウダ 100キロ、小アジ 40キロ
「原辰」定置:ヒラソウダ、小アジ ほか
「江の安」定:小アジ、ニザダイ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:イシガキダイ、メジナ ほか
「富戸刺網」:活イセエビ 50キロ

台風以上の暴風に雨、所々の休漁があったりで出漁状況はモザイク模様。
有るべきものが無かったり、無くていい物が現れたりで、悲喜交々。
「米神」だけでなく「岩」の定置にも「サクラエビ」が湧いて出たり、「米神」に「特大イサキ」が散見されたり、「石橋」定置に「ヤマトカマス(ミズカマス)」が出てきたり。正直、よく分からない漁獲状況だ。
明日は何が獲れる、漁が良くなる悪くなる。予想すらも困難なこの状況を打開する鍵が何処にあるのか、定置網の「ヤル気スイッチ」がどこにあるのか、探し求める日々はしばらく続くことになるだろう。
posted by にゃー at 22:20| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする