2017年11月09日

そして千魚万来魚市場へ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小アジ 170キロ、ヤマトカマス 140キロ、アカカマス 60キロ、ヒラソウダ 50キロ
「石橋」定置:イナダ 250キロ、ヒラソウダ 230キロ、ヤマトカマス 90キロ、サバ 100キロ、小アジ 70キロ、アカカマス 40キロ、メアジ 40キロ
「 岩 」定置:キメジ 340キロ、小アジ 460キロ
「原辰」定置:ヒラソウダ、メジナ ほか
「江の安」定:小アジ 40キロ ほか
「二宮」定置:小アジ 70キロ ほか
「福浦」定置:イナダ 190キロ、ヒラソウダ 300キロ、サバ 90キロ
「大磯」定置:小サバ 220キロ ほか

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:メジナ、ショウゴ ほか
「網代定置」:小アジ 350キロ

東方面からは、
「平塚定置」:ヒラソウダ 120キロ ほか

豊洲がもたついている間に、着々と進める小田原の水産基地化。
相模湾がサンシャイン水族館化している間に、養殖魚に閃いた。
大きい物は「キハダ」、小さい物は「小アジ」まで、獲れてるものは市場に並び、それらを求めて人は集まる。
将来、それを「第3の魚市場」と呼ぶことになろうとは、今は誰も知らない。
posted by にゃー at 12:33| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする