2017年11月22日

漁獲減率上昇は魚市場の影

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 75キロ、アジ 70キロ、イナダ 40キロ、アカカマス 50キロ、ホウボウ 40キロ、ヒラソウダ 40キロ
「石橋」定置:イナダ 80キロ、アカカマス 110キロ、ヤマトカマス 40キロ、ヒラソウダ 150キロ
「 岩 」定置:ヒラソウダ 150キロ ほか
「原辰」定置:アジ、ショウゴ ほか
「江の安」定:ヒラソウダ 30キロ ほか
「二宮」定置:アジ 140キロ ほか
「福浦」定置:イナダ 30キロ、サバ 40キロ
「大磯」定置:アジ 60キロ、小サバ 40キロ、イナダ 30キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 110キロ、マルアジ 90キロ
「江ノ島網」:アカカマス 130キロ

この季節、多く稼ぐはずである「多稼の岩」漁場は、平手打ちならぬ、「ヒラソウダ」のパンチを食らい。
いつの間にか、獲れている地魚の中で、一番割合が高い魚が、春まで待てない「春まアジ」という謎。
全体的に魚種も減る中にあって、みんなの欲しい魚は「高嶺の花」で「高の花」。
posted by にゃー at 11:18| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする