2017年11月27日

今朝の見たままを話す魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 610キロ、ヤマトカマス 200キロ、サバ 150キロ、アカヤガラ 100キロ、アカカマス 50キロ
「石橋」定置:イナダ 320キロ、アカカマス 190キロ、ヤマトカマス 180キロ、サバ 100キロ
「 岩 」定置:小サバ 90キロ、サバ 80キロ、イナダ 75キロ
「原辰」定置:アジ 100キロ、メアジ 50キロ、ヤマトカマス 50キロ
「江の安」定:ヤマトカマス、サバ ほか
「二宮」定置:アジ 260キロ、イナダ 150キロ、ショウゴ 30キロ、ワラサ 30キロ
「福浦」定置:イナダ 2.7トン、メアジ 550キロ、サバ 110キロ、小サバ 80キロ
「大磯」定置:イボダイ 60キロ ほか

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:ヒラスズキ 70キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 170キロ

「米神」にビール瓶サイズのジャンボ「ヤガラ」がヒット。続いて1キロ未満のミニサイズもズラリ。さらに割り箸みたいなプチもワラワラで、今年の冬は「アカヤガラ」がいいね。
ちなみに本日、年末ジャンボの発売日。配達の軽トラ、洗車直後に鳥の糞が落ちたのは内緒。
10億円の使い道を今から考えておかなければ。
posted by にゃー at 12:19| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする