2017年12月25日

アキアミ

20171225_ami1.jpg
わさわさわさっと、何!?


「アキアミ」という小エビだそうです。

「アミ」と名は付くが、「オキアミ」とは別の種類ということです。

20171225_ami2.jpg確かによく見ると「エビ」の形をしている・・・しかし小さい。2〜3センチがやっと。「サクラエビ」に近いエビの種類と言うことだが、色も薄く肌色。サイズも小さく、その昔は乾燥させ着色されて代替商品というか、まがい物として流通していたこともあるとか。

良く取れるのは瀬戸内海や三河湾。塩辛や佃煮によく利用されるが、そういえばチョイと気の利いたキムチなどは「アミエビ」を入れると聞いたことがあるが、コイツのことらしい。
漢字で書くと「秋醤蝦」。秋に良く獲れ、昔から利用されていたのだろう。インドから中国、韓国、日本に至る内湾や河口域に棲息している・・・と。

獲れたばかりの「生」状態で、ここに並んでいるのは初めて見ました。
posted by にゃー at 17:40| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

魚市場はウォールストリート

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 250キロ ほか
「石橋」定置:サバ 530キロ ほか
「 岩 」定置:サバ 110キロ、イシダイ 70キロ
「原辰」定置:カワハギ 40キロ ほか
「江の安」定:サバ 70キロ ほか
「二宮」定置:イシダイ 30キロ、カワハギ 40キロ
「福浦」定置:イナダ 40キロ ほか
「大磯」定置:アジ 70キロ、サバ キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:メジナ 200キロ ほか
「川奈釣船」:釣クロムツ、釣クロシビカマス ほか
「富戸釣船」:釣ムツ 30キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 70キロ

小田原沿岸に他の魚の接近を拒むように立ちはだかる「サバ」の壁。毎年の事とはいえ、今年はかなりの鉄壁。まるで他の魚が入らない。
昨年はこの時期、「ブリ」がブイブイ言っていた記憶があるのだが、今年はまるで音沙汰ナッシング。
そして私は、10年分の外れ馬券が壁のように積もった部屋を掃除しながら今年も性懲りナッシング。
これに外れたらワシ、ちょっくら壁になってくる=3
◎ キタサンブラック
○ サトノクラウン
▲ レインボーライン

皆さんに幸運を!
posted by にゃー at 15:54| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年末の定置網操業予定

20171223_last.jpg
予定は天候や漁模様により変更する場合があります
20171223_truck.jpg
posted by にゃー at 10:13| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

魚市場に咲く情熱の赤い薔薇

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 520キロ ほか
「石橋」定置:サバ 1.3トン ほか
「 岩 」定置:サバ 60キロ、ヒラソウダ 40キロ
「原辰」定置:カワハギ 30キロ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:サバ 30キロ、カワハギ 30キロ
「福浦」定置:ショウゴ 290キロ、カワハギ 130キロ、ワラサ 120キロ、イシダイ 40キロ
「大磯」定置:アジ 100キロ、サバ 65キロ

伊豆方面からは、
「南伊豆釣」:アブラボウズ 40キロ
「宇佐美釣」:釣クロムツ 40キロ
「真鶴釣船」:釣メヌケ 40キロ

今日は珍客。3キロから5キロの「メヌケ」がズラッと並びました。やっと年末らしい風景と言えるでしょう。今ではメッキリ見なくなった貴重な赤い魚が、深い海の底から顔を出しました。さぞかし太陽の光が眩しく感じたことでしょう。
だから目が飛び出てしまうんでしょうか?おかげさまで抜け目のない方々に買われてゆきました。
それにしてもこれって「サンコウメヌケ」?
本当に「オオサガ」と区別できるのでしょうか?ちなみに小田原で「サンコウ」と言うと「小田原短期大学」を思い出すマニアックな人もいるでしょうが、そう言えば暗い独居房に5ヶ月も沈黙させられる某学園前理事長はいい加減保釈されないのか?と心配になるのは、私だけでしょうか?
posted by にゃー at 18:52| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

早い魚市場が的を射る

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 350キロ ほか
「石橋」定置:サバ 210キロ、ヒラソウダ 40キロ
「 岩 」定置:サバ 280キロ、ヒラソウダ 45キロ
「原辰」定置:カワハギ 50キロ、ヒラソウダ 50キロ
「江の安」定:サバ 50キロ、カワハギ 30キロ
「二宮」定置:アジ、サバ ほか
「福浦」定置:イナダ 30キロ ほか
「大磯」定置:クロダイ 45キロ ほか

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:ヒラソウダ、ウスバハギ ほか
「網代定置」:イナダ 80キロ
「真鶴釣船」:イナダ 160キロ
「富戸釣船」:釣ムツ 35キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 120キロ

小田原(刺網) ・・・ マトウダイ 120キロ

20171221_manto.jpg欲しい魚をサッと用意する。有能な執事の様な存在になりたい。
すかさずご主人様、ご用意いたしました「マトウダイ」。
今年は早い、まだ12月。例年1月後半から2月に掛けて増える魚ですが、どういうわけか今年は来てます。
昨シーズン(今年の1、2月)があまり芳しくなかった事もあり、その生き残りが掛かっているのか、今年はサイズも大きめがまとまっており、ただ今絶好調、絶対のオススメです。
posted by にゃー at 12:59| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月20日

魚市場、水曜の朝、午前3時

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 480キロ、小サバ 290キロ、イナダ 50キロ
「石橋」定置:小サバ 230キロ、サバ 60キロ
「 岩 」定置:サバ 340キロ、イナダ 50キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:カワハギ、イシダイ ほか
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ 90キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 170キロ

20171220_morning.jpg「サバ」、「ナマコ」、魚屋、チラホラ。そして冬。
posted by にゃー at 11:08| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする