2018_fespos.jpg

2017年12月07日

魚市場紳士は金目鯛がお好き

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 440キロ、アカヤガラ 50キロ
「石橋」定置:イナダ 190キロ ほか
「 岩 」定置:イナダ 40キロ、小イシダイ 40キロ
「原辰」定置:ヒラソウダ、カワハギ ほか
「江の安」定:イズカサゴ、カワハギ ほか
「二宮」定置:イナダ、ヒラソウダ ほか
「福浦」定置:サバ 190キロ、イナダ 40キロ、メアジ 40キロ
「大磯」定置:アジ、イナダ ほか

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:ヒラスズキ、イシガキダイ ほか
「富戸釣船」:釣クロムツ 60キロ、釣クロシビカマス 30キロ
「真鶴釣船」:釣キンメダイ 45キロ

小田原 ・・・ マナマコ 20キロ

ティファニー」か「カルティエ」か「ハリー・ウィンストン」・・などと悩む事はないが、「米神」か「岩」か「福浦」か・・と同じ「イナダ」を比べて、悩む事はある。
サラブレッドの場合は、パドックでおしりの肉付きを見ますが、魚の善し悪しを見分けるのに、アナタは魚のどこを見ますか?
20171207_stop.jpgおしり」と答えたアナタは、かなりの通です。牛の「イチボ」、豚の「そともも」、鳥の「ぼんじり」。
魚も当然、珍重され・・ているのを見た事がない。しかし、その誰も見向きをしない部分に注目する姿勢こそ、斬新であり、鮮烈であり、決定的である。
今度魚を見るときは、是非、後ろ斜め下からのアングルで見てみると、きっと新しい発見がある・・かも知れない。
posted by にゃー at 13:00| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする