2018_fespos.jpg

2017年12月21日

早い魚市場が的を射る

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 350キロ ほか
「石橋」定置:サバ 210キロ、ヒラソウダ 40キロ
「 岩 」定置:サバ 280キロ、ヒラソウダ 45キロ
「原辰」定置:カワハギ 50キロ、ヒラソウダ 50キロ
「江の安」定:サバ 50キロ、カワハギ 30キロ
「二宮」定置:アジ、サバ ほか
「福浦」定置:イナダ 30キロ ほか
「大磯」定置:クロダイ 45キロ ほか

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:ヒラソウダ、ウスバハギ ほか
「網代定置」:イナダ 80キロ
「真鶴釣船」:イナダ 160キロ
「富戸釣船」:釣ムツ 35キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 120キロ

小田原(刺網) ・・・ マトウダイ 120キロ

20171221_manto.jpg欲しい魚をサッと用意する。有能な執事の様な存在になりたい。
すかさずご主人様、ご用意いたしました「マトウダイ」。
今年は早い、まだ12月。例年1月後半から2月に掛けて増える魚ですが、どういうわけか今年は来てます。
昨シーズン(今年の1、2月)があまり芳しくなかった事もあり、その生き残りが掛かっているのか、今年はサイズも大きめがまとまっており、ただ今絶好調、絶対のオススメです。
posted by にゃー at 12:59| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする