2018_fespos.jpg

2018年01月25日

耐える事には慣れっこ魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 130キロ ほか
「石橋」定置:イナダ 50キロ ほか
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:マンボウ、アオリイカ ほか
「江の安」定:ホシエイ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:イナダ 110キロ、イシダイ 40キロ
「大磯」定置:アジ、クロダイ ほか

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:ヒラスズキ、ヤリイカ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ、マルアジ ほか

20180125_0500.jpg最強寒波襲来に震える関東平野。その南に位置する小田原も、ご多分に漏れず「寒い寒い」が場内のアチコチで連呼。まるで、冷凍庫の中で仕事をしているかのような厳しさであった。
一本極太「アカヤガラ」は、釘が打てる程の鮮度感を保ち続け、この形が意味するところ「つ(つめたい)」なのか「J(ジャンボ)」なのか、しばし議論。
それにしても、あまりの冷え込みに魚が引きこもるのは当然として、休み明けではあったものの釣りものや刺し網も多くはなかった。考えてみれば火曜の豪雪では漁に出られないし、昨日の強烈な時化では船を出そうにも無理。結果、本日の空振りは止む無し、と。
その上、この寒波はしばらく居座り、冷え込み確定。さらに明日から「休漁」が一箇統増え、魚が増える理由も無い。
唯一の希望は、「福浦」定置の底網のみ。
posted by にゃー at 14:06| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

スミクイウオ

かとうでた〜!

201111_sumikui.jpg


しむらどこかで見たことのある魚だな〜?

いかりみんな気になっているけど、よく知らない魚の代表とも言える。

かとう名前はなんて言ったっけ?

しむら「ムツ」に似ているけど・・。

いかり「スミクイウオ」じゃい。

かとうそうそう。「ムツ」の子に似ているせいで、選別の際に一緒にされたりして。

しむら知らないで買って、後の祭りって、よくある話。

いかりごく稀にカゴいっぱい獲れてる時もある。

かとうまず名前からして減点だあね。「炭を喰う魚」?

しむらラーメンズの「石炭を食う鉄の馬」じゃないんだから。

いかり別に本当に炭を食べるわけではない。口の中が黒いからそう名付けられたのだ。

かとう「ムツ」の子に似ていて、紛らわしいぞ。

いかりでは、「ムツッコ(ムツの子)」を見てみろ。

2011_mutsucco.jpg


しむら色目はどっちも黒紫で、パッと見は似ている印象だなあ。

かとうただし、尾びれの色が黒と黄色で明らかに違いますね。

いかりあと、鱗の大きさ。

しむらちょっと待って下さい。コイツは誰ですか?

20180122_ohimeukui.jpg


いかりあ、これは「ヒメスミクイウオ」だ。コイツもたまに獲れる。

いかりこの違いは判り辛いかも知れんが、頭の形で見分けるのだ。。

かとう見分け方は判りやした。そもそも何が違うんだろか?

いかりそれは種類が異なるのじゃ。「ムツ」は「スズキ目ムツ科」、対して「スミクイウオ」は「スズキ目スズキ亜目ホタルジャコ科スミクイウオ属」となる。

しむら「ホタルジャコ科」?

いかり「アカムツ」の仲間じゃな。

しむらかとう「アカムツ」!?あの高級魚の?

いかりそうじゃ。「アカムツ」の仲間じゃ。「アカムツ」は「スズキ目スズキ亜目ホタルジャコ科」。

かとう口の中が黒いって、そう言えば「アカムツ(ノドグロ)」も黒いっすね。

しむらなら人気のある魚なの?

いかり基本的に、好んで「スミクイウオ」を買う人を私は見た事ねぇ。

いかり他に魚が無いからとか、混じって一緒になって売られていたとか、勢いで買ってしまった人がほとんどだろう。

しむらでは、買ってしまった(?)時はどうすれば良いのでしょうか?

いかり「スミクイウオ」だけに、部屋の隅で悔いるのじゃ。

かとうしむらドテッ・・・って、こんなんじゃオチませんよ〜。

いかり冗談じゃ。基本的に「ムツ」と同じと思って良い。

しむらじゃ、煮付けにするとか。

かとう唐揚げにするとか?

いかりうむ。肉が軟らかいので、火を通した料理の方が向いているな。

かとうやった。これで明日から堂々と「スミクイウオ」が買えるね。

しむらね?何処に行ったら買えるの?

いかりいつ獲れるか全くわからん。

かとうしむらぎゃふん!
posted by にゃー at 15:25| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セトミノカサゴ

20180120_minos.jpg
♪雪は夜更け過ぎに雨へと変わ・・ったのか?

というわけで
雪の一切無い小田原漁港周辺ですが
「ブリ」の姿は一本どころか
「ブ」の字ひとつ獲れることはありませんでした。


また明日にき・・いや明日休市、明後日に期待。

そんな中、先日、定置網の水揚げの最後列に並ぶ「ミノカサゴ」の中から妖しげな一匹が。

20180120_setto.jpg


横帯の太さ、背びれの長さ、胸びれの大きさ、模様、そして色。
明らかに異なる一匹が。

久しぶりに確認した「セトミノカサゴ」でありました。

20180120_setom.jpg状態が良いと飴色の体色と、「セミホウボウ」の様に丸く拡がる綺麗な胸びれが拝めるのですが、定置網の水揚げに揉まれたか、ボロボロでした。

他の「ミノカサゴ」よりも一回り小さく、色合いも異なるのですぐに分かります。

え?違う種類の「ミノカサゴ」がなぜ一緒に入っていたのかって?

それは「セット・ミノカサゴ」だからです。

参考:小田原 カサゴ図鑑
posted by にゃー at 13:42| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魚市場の流行はインフル場へ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イシダイ 50キロ、サバ 50キロ
「石橋」定置:サバ、イナダ ほか
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

東方面からは、
「平塚定置」:スズキ 40キロ、アジ 30キロ、イナダ 30キロ

20180123_0105.jpg
午前1:00、男たちは荷を列べていた
って、漁港周辺まるで雪なし。
ここは日本か!?

20180123_0133.jpg
1:30、米神定置、ブリを求めて出港

20180123_0518.jpg
5:00 寒くなってまいりました…

20180123_0603.jpg
6:04 そして、セリが終わった…

posted by にゃー at 13:32| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

ホシササノハベラ

20180122_starsasafras.jpg
マイナー系小魚は扱いにくいのですが


先日「カスミサクラダイ」を紹介したばかりですし、
名前に「ササ(笹)」が付いているってことで。

「ホシササノハベラ」といいます。


硬い鱗に覆われていて、表面がツルッとしていて「笹の葉」の様に見えた・・・のでしょうか。

得てしてこの仲間は、沿岸に棲息しており、あまり沖合に出ないのか、「定置網」に入ることも、「刺し網」に掛かることも少ない魚ですが、今朝は「アマダイ」の外道に一匹入っておりました。

「ベラ」の仲間は、先述の通り市場に並ぶ魚でもなく、あまりまとまる魚でも無いので、鮮魚店での扱いも少なく、釣り人の間で知られるくらいの魚でしかないのですが、意外に美味しい魚が多いのが特徴です。

見た目も派手だったり、形が細かったり、ずんぐりだったりといろいろな仲間がいるのですが、総じて綺麗な白身をしており、歯応え、旨味共に申し分なく、釣り人の間では嬉しい外道として知られています。

辛うじて市場に流通している仲間の中では、「コブダイ」や「イラ」が知られています。

他にも「キュウセン」や「オハグロベラ」などが並ぶことがありますが、どちらも知っている人の方が少ないマイナー魚種でしょう。

アナタ一人にでも知ってもらいたいと、今日も星に願いを捧げます。
ラベル:定置網漁業 地魚
posted by にゃー at 18:12| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魚市場の全てはおまんまの為

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 40キロ ほか
「石橋」定置:イナダ、スズキ ほか
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:イナダ、マンボウ ほか
「江の安」定:ホシエイ、マンボウ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:マダイ、アオリイカ ほか
「大磯」定置:アジ 160キロ、マンボウ ほか

伊豆方面からは、
「真鶴釣船」:釣イナダ 270キロ
「富戸釣船」:釣キンメダイ 60キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 120キロ ほか
「松輪釣船」:釣アブラボウズ 370キロ(10本)

20180122_0510.jpg「べ、別に風邪引いているわけじゃないんだからね!」
とか何とか強がりながらも、朝一番の水揚げから始まって今朝は、三箇統で「ちびマンボウ」が三連発。口をつくのは「トニー谷♪ ブクブク・マンボ」。
20180122_0631.jpgそして土曜日と同漁師、同漁場で「ミツクリザメ」が二連発。前回のオスに続き、メスが後追い羅網したのか?再び「江ノ島」行くも、展示前に逝った模様。
20180122_0748.jpgさらに昼頃から降り出した雪は徐々に勢いを増し、夜中まで降り続けるという・・・。
20180122_123424.jpgそんな冷え込み厳しい夜は、鍋に限るよね〜。カニ入れて、エビ入れて、タラ入れて、ドンコ入れて、アンコウ入れて、シャケ入れて〜。いけね、野菜入れるところなくなった。
暖まった後は、今夜の下り最終で出社するようか?箱根に雪の後は「ブリ」が獲れる言い伝えを信じて、行くしかない。電車が動いてる事、前提だが。
posted by にゃー at 15:50| Comment(2) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする