魚体中骨抜き器販売中

2018年01月12日

タカノハダイ

20180112_takap.jpg
茶色い斜め縞模様が鷹の羽根みたいだから


磯周辺にいる事が多く、あまり回遊はしないが、定置網にも掛かるところをみるとそこそこ移動をする。

あまり群れないのか、まとまって獲れる事はないが、「イセエビ」や「サザエ」などを狙う刺し網に掛かったり、磯近くの定置網に入網する。
多くが30センチ前後の個体で有り、水槽に入れると模様のように斜めになってジッとしている事が多い。

その為か、体表にウオジラミのような寄生虫が付いている事がある。

はれぼったい唇と尾びれにある水玉模様が可愛いのだが、利用の面では、味について磯臭さを言う人が多く万年下魚扱い。
それでも冬場だったり、鮮度が良ければ充分おいしく食べる事が出来、刺身でも寿司でも大丈夫。
臭いが気になるって人は、煮付けや唐揚げ、カルパッチョやさんが焼きなどでも充分、おかずになる魚である。

磯釣りをやっていて「なんだタカノハダイか」と思う前に、今日はコイツを頂くかと前向きに思って欲しいし、市場で見掛けても「これは美味しくない」と切り捨てる前に、立派な小田原の地魚であり、海の恵みである。「何とかして美味しく食べてやろう!」と前向きに利用する方向で考える癖を付けて欲しいものだ。

201609_utaka.JPG 20180112_migimaki.jpg
仲間で非常に似ている魚に「ユウダチタカノハ(左)」と「ミギマキ(右)=イメージ図」がいる。


どちらも小田原から伊豆にかけての磯周辺でよく獲れ、釣れるので、市場で見掛ける事もある。

この3種類の違いを例えるなら「タカノフルーツパーラー」と「銀座千疋屋フルーツパーラー」と「資生堂パーラー」みたいなもの。
全国に広く分布する「タカノハダイ」は「タカノフルーツ〜」ではなくむしろ全国展開する「資生堂」、「千疋屋」の高級路線を目指しているのは貴重価値で売る「ユウダチタカノハ」という感じだろう。

見比べるも良し、食べ比べしても良し、いつもと違う「タカノハダイ」の仲間たちも忘れないであげて下さい。

20180322_migimk.jpg
ミギマキ 追加
.

posted by にゃー at 18:50| Comment(3) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

エンタテインメント魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アオリイカ、イナダ ほか
「石橋」定置:アオリイカ、ヤリイカ ほか
「 岩 」定置:ヒラソウダ、サバ ほか
「原辰」定置:ヤリイカ、イナダ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:スルメイカ、ヒラソウダ ほか
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「網代定置」:ブリ 1.9トン
「赤沢定置」:イシダイ 80キロ
「川奈杉本」:メジナ、ヤリイカ ほか

20180111_055131~02.jpg本日、SONYのエンタテインメントロボット「AIBO」が発売になりましたが、今朝の魚市場では「(A)網代の(I)イイ(B)ブリが(O)大獲れ」で大人気。ズラリ整列した鮮度感あふれる滑らかな光沢に輝く魚体は、愛らしいクルクル目玉とむっちりボディを持ち、個性的かつ妖しく誘う色気と風雅をもって五感から買受人の食欲と購買意欲をそそり、競り後には、その親近感と魔力に取憑かれた男達が寄り添う様に「ブリ」を連れて歩く姿が見受けられた。
漁獲された「ブリ」の口々には「スルメイカ」が入っており、沿岸に接近してきた「スルメイカ」を追って入網した様子がうかがえる。11キロ〜9キロ台はいずれもパンパンで、「一本でもにんじん」、「ガリガリでもブリッブリッ」ってくらいにいずれ劣らぬ好魚体。きっと多くの顧客を満足させてくれる事だろう。
明日以降の漁獲も引き続き期待すると共に、小田原近辺での漁獲の報も楽しみになってくるピンゾロの一日であった。
posted by にゃー at 12:08| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

魚市場探鳥会緊急回覧

20180110_aobato.jpg
「アオバト」死骸、魚市場に見つかる


「鳩が死んでるぞ、なんとかせい。」
の声を聞いて、確認に向かうと「・・じゃない」。

「こ、こ、これは〜。アオバトじゃないか〜」

照ヶ崎(大磯)での投げ釣りの際には、朝集団で海水を飲みに来ては歓迎してくれた緑の集団。

丹沢から危険を冒してまで来るその姿を楽しみに見たものだが、まさか魚市場での初確認がこのような形になってしまうとは。

残念でならない。

「江之浦」の磯に遊ぶ姿も目撃した事はあったが、市場周辺にも来ていたのですね。

トビに襲われたのか、感電でもしたか、猫に傷付けられてしまったのか?

手を合わせ、速やかに「野鳥の死体を見つけたら」のガイドラインに沿って、行政の方に処分をお願いいたしました。

2月20日追記
20180220_1122.jpg
小田原漁港に「ヒドリガモ」飛来中。
複数のつがいの群れ。ピューピュー鳴き声も確認。
港では、数年に一度しか確認できていない。


参考:魚市場野鳥倶楽部
参考:魚市場野鳥研究会
ラベル:ネタ
posted by にゃー at 18:21| Comment(0) | 魚市場豆知識・資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

深刻なウオロスに魚市場は

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ、アオリイカ 30キロ
「石橋」定置:サバ、アオリイカ ほか
「 岩 」定置:マルソウダ 1.6トン ほか
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

20180110_102603.jpg毎年恒例。伊豆方面へお年始回り。
イトウ(1/10)の日に伊東へ向かう縁起良さ。
東伊豆一帯、どこも魚が少ないのは同じよう。
それでも船の修理やら網の手入れ、トラック磨き、あちこちで皆さん働いてます。
獲れた時に備えて、獲れない時を充実させる。出来る事を出来る時に。
そして、豊漁期を意識して「小田原魚市場」も種を蒔く。
午後。沖は風強く、うねり有り。明日も厳しい状況か。
posted by にゃー at 16:08| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

OKグルグル!魚市場に魚を

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 70キロ、イシダイ 30キロ
「石橋」定置:アオリイカ 35キロ ほか
「 岩 」定置:アオリイカ、スルメイカ ほか
「原辰」定置:アオリイカ、イシダイ ほか
「江の安」定:スズキ、ウスバハギ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:イナダ 80キロ ほか
「大磯」定置:イナダ、クロダイ ほか

伊豆方面からは、
「宇佐美釣」:釣クロムツ 20キロ
「川奈杉本」:タカノハダイ、ヤリイカ ほか

小田原・・・マトウダイ(刺網) 160キロ

持ってきて!とお願いするだけで魚が獲れるロボット発明されないかしら。
「北の漁場」と「兄弟船」のリクエストに応えるだけじゃ、魚市場導入はまだ先だ。
20180109_051529.jpgとか言ってるうちに今年の1本目の「ブリ」が獲れました。太さ上々、値段上々、身質も上々。さらに魚が獲れない事を情状酌量、「ブリ」が獲れただけでも大いに褒めるべき、そして希望の一尾としてみんなで目指して進むのだ。
posted by にゃー at 14:23| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アカイサキ

20180109_akaichamp.jpg
え?2種類いるじゃない?って'`ィ(´∀`∩


そう親子。


黄色い方が「浪速のロッキー」赤井英和で、

小さい方が娘の赤井沙希(あかいさき)。


・・でなくて、黄色い隈取りが綺麗な方がオス。右側、赤一色の若干小ぶりな方がメス。

この仲間の多くはメスとして生まれ、大きくなるにつれ群れの中からオスへと性転換する個体が現れ、ハーレムを形成するのです。
その為、群れに当たると立て続けて釣れます。

写真の2匹はつがいでしょうか。
つがいと言っても、大きなオスが10代の若いメスに噛みつくようなことはいたしません。

総じて大きいオスの方が美味しいと言われますが、明確に食べ比べた事はありませんね。

それにしても「イサキ」のスマートな体型とは似ても似つかぬ、ずんぐり体型。

あまり褒められた名付けとは言えないかも知れません。

え?なら、どんな名前を付けるかって?

「通天閣」


だからそれは「赤井沙希」の名前だろっ
posted by にゃー at 11:31| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする