2018_fespos.jpg

2018年02月13日

魚市場・この劇的なるもの

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イシダイ 80キロ、サバ 140キロ
「石橋」定置:クロダイ 30キロ、サバ 40キロ
「 岩 」定置:ヤリイカ 50キロ、サバ 40キロ
「原辰」定置:ヤリイカ 50キロ ほか
「江の安」定:ヤリイカ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:イナダ 70キロ、サバ 40キロ
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:ヤリイカ 40キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ、マルアジ ほか

和歌山・・・釣キンメダイ 95キロ

20180213_0728.jpg期待されたアスリートが、期待通りの結果を残す。
そのことが如何に大変であり、努力の積み重ねの先にあることか、我々凡人には知る由もないが、四年に一度の大きな舞台で、きっちりと結果を出した。ここは素直に拍手を送りたい。
期待された季節に、期待通りの旬を獲ってくる。今年の冬ほど、そのことが如何に尊い事であるかを改めて知らしめられた年も少ない。
20180213_0728.jpg何十年に一度の黒潮大蛇行を受け、あらゆる地魚が獲れなくなっている今、「米神」定置に時刻表通りの2月中旬、「イシダイ」がまとまって入網した。
この事が示すことは、魚の存在であり、魚の潜在的に読み取る季節感であり、先につながる希望である。
20180213_0705.jpg気配だけなら、刺し網漁では「アンコウ」も「ヒラメ」も来てる。
来てるよ。
「ホシガレイ」が獲れればボーナス。
posted by にゃー at 18:06| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする