2018年02月17日

魚市場もゆづり合いが大事

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤリイカ、ホウボウ ほか
「石橋」定置:ヤリイカ、カタクチイワシ ほか
「 岩 」定置:ヤリイカ 40キロ ほか
「原辰」定置:ヤリイカ 100キロ ほか
「江の安」定:ヤリイカ、クロダイ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:イナダ 40キロ、サバ 30キロ
「大磯」定置:アジ 65キロ ほか

伊豆方面からは、
「赤沢定置」:イシダイ 120キロ
「川奈杉本」:ヤリイカ ほか
「真鶴釣船」:釣イナダ、釣メヌケ ほか
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 100キロ
「伊東釣船」:釣キンメダイ 80キロ
「沼津釣船」:釣タチウオ 70キロ

東方面からは、
「平塚定置」:マルアジ 900キロ、ヤリイカ 50キロ
「湘南刺網」:イセエビ、ヒラメ ほか

釣モノは「キンメダイ」や「サンコウメヌケ」、定置モノから「ヤリイカ」や「ホウボウ」、刺し網では「イセエビ」。春節を迎え、真っ赤に染まった魚市場で祝賀ムード。
むろん旧正月がめでたい訳でなく、箱根方面のインバウンドがありがたいって話。
「ヤリイカ」や「イシダイ」の増えたり減ったりと季節の移ろいを含めた今朝の水揚げは、まるで旬をいっぱいに詰め込んだ福袋。その中から本命と掘り出し物を求めて買受人、魚商ら各方面の思惑アレコレ交差点。なんだか先走ってる暦を必死に追いかけてる感じ。
来週は2月も後半、漁の回復基調本格化を祈って、ゆづ様の復活金をテレビの前に正座して待つ。
posted by にゃー at 12:47| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする