2018年03月13日

魚市場の新鮮だけ噴火に警戒

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 360キロ、サバ 180キロ、ホウボウ 130キロ
「石橋」定置:カタクチイワシ 300キロ、ホウボウ 280キロ、アジ 50キロ
「 岩 」定置:サバ 240キロ、イシダイ 200キロ、ホウボウ 110キロ、ボラ 120キロ、ヒラメ 50キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 980キロ、サバ 80キロ
「江の安」定:カタクチイワシ 80キロ ほか
「二宮」定置:カタクチイワシ 50キロ、ヒラメ 40キロ
「福浦」定置:マイワシ 1.5トン、イナダ 120キロ、サバ 110キロ
「大磯」定置:ヒラメ 60キロ ほか

伊豆方面からは、
「伊東釣船」:釣キンメダイ 150キロ ほか
「川奈釣船」:釣キンメダイ 110キロ ほか
「宇佐美釣」:釣キンメダイ 75キロ、釣アブラボウズ 100キロ

相模湾への「ブリ」の侵入ルートは主に二つ。
房総沖から相模灘を通過して伊豆半島にぶつかり北へ折れる群れと、駿河湾から伊豆の先端に沿って入ってくるルートである。
今朝の情報では、焼津の定置網で10キロ台を含めた大型の「ブリ」が約3トン獲れたと聞こえてきた。となると、あと一週間もすれば、伊豆ルートで小田原に到着するはずである。
20180313_0737.jpgこうなると待ち遠しい。ブリしゃぶが?・・いえ。
昨日の100本から3本急減した今朝の水揚げ状況に不満は募るばかりで、一日でも早く獲れて欲しいと願うばかりである。
20180313_0540.jpgどこぞの国みたいに、漁に不満があるからと言って国務長官の顔を代えれば魚が増えるわけでもないし、水揚げ情報を書き換えれば魚が獲れたと言えるわけでもない、我々は朝、漁船が網を揚げて入った魚、掛かった魚を揚げてくれてナンボである。
それに対し幾らの値段が付き、売れるか否か。魚市場の仕事とは、究極の所それ次第なのである。
posted by にゃー at 23:55| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする